FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

Gロッソヒーローショーの司会のお姉さんによるハラスメント告発、反社会勢力との関わりを指摘された吉本芸人による謝罪会見、よく知らないのですが音楽関係での偽セクハラ告発(マーケティング目的であったという)、京アニ事件、短い間に立て続けに大小様々な事件が報じられ、その間にも災害が起こり選挙があり、その一つ一つについて日記を書けるだけの感想を持ちながらTwitterにちょこちょここぼして過ごしています。
その中で、とくに一貫して感じるのは自分の中のTV不信で、ふだんあまり関心をもって見ていないだけにこの一月ほどこうして朝晩のバラエティーを見るようになって改めてびっくりしています。

Gロッソヒーローショー

Gロッソヒーローショーについては、二、三とりあげる番組もありましたが
「こうした告発があり、東映がこう発表した」という、この件に関心のある者なら誰でも知っていることだけで、そこからの掘り下げはいっさいなく、先日のフジの「ワイドナショー」のように笑いごとで済ませようとしたものもありました。自社の特撮ヒーロー番組のイメージにも関わってくるため、テレ朝がこの問題について積極的に取り扱いたくないのはわかるものの、むしろ
「このようなことは許せない!」とまじめに報道したほうが正義のヒーローというイメージを守ることになりそうなのにと思ったり、日頃 #me too だのなんだのやってるくせに政治利用できない件はお膝元で起こったことでも黙殺かと思ったり。他局も一般の事件であれば根掘り葉掘り情報を探ろうとするのにこの件では出演者インタビューもなければネットの反応すら報じようとしないのかと失望したり。
5ちゃんねるのヒーローショースレ(Gロッソスレではない)に、
「エージェンシーの社員がいじめてるって聞いてたから」みたいな書き込みもありましたので、出演者やスタッフが誰も知らなかったというのは信じがたいんですよね。

もちろん、悪いほうに掘り下げられて興味本位の面白おかしい報道にされるよりはよかったのでしょうが。

ただ、東映に
・処分は進んでいるのか、最終報告はあるのかないのか
・委託会社とはどこか
・告発直後それを封じようとしたSNS上の動きがあったことは把握しているか
等々を質問するくらいできるだろうと期待していたのですが、現状その手の報道はゼロです。
昨日の「リュウソウジャー」では既に積極的にショーの宣伝が番組中でも行われていてこの件で心を痛めている視聴者に不誠実だと思いました。送り手はやはり、ショーも番組も所詮子供だましだと思っているのでしょうか。

style="clap"
きみの真名は――。

s_sime-basioli-BRkikoNP0KQ-unsplash.jpg
Photo by Sime Basioli on Unsplash

最後の最後にサプラーイズ! で吹っ飛んでしまいましたが加古川飛流編を終えてついに最終章となり、今回、新たに3つのできごとが起こります。

1つめは奇妙な連続失踪事件。ディケイドの力を得たスウォルツは、人々をさらってはそれぞれの理想の時へ連れていくことを繰り返しています。その狙いはいまだ不明。
2つめは未来からの使者。仮面ライダーアクア/湊ミハルは「MOVIE大戦MEGA MAX」にて、およそ40年後の未来から現代へ、隕石によって生じた時空の裂け目から現れた際、オーズ/火野映司から明日のパンツを1枚分けてもらったことで、自分にとっての今日がかれらの明日であると悟り、それを守ることに己の戦いの意義を見出して元の時空に戻ったライダー。ゲイツ及びツクヨミが過去に干渉しているのは間違いだと諭し、未来へ帰るよう促します。
3つめ、スウォルツを信用できなくなったウールの前に現れるアナザードライブ。ジオウは未だドライブの力を継承していませんので、おそらくは次週公開の映画の中でそれを獲得し、それによって敵を倒すことになるのでは。

メインストーリーに密接に絡んでるのは2つめですね。ついに明かされるツクヨミの正体……! ぞくぞくします。ここからラストまでは一直線。最後まで見届けたい。

style="clap"
…というコメントが昨日、TVのバラエティーで流されたそうです。

昨日の京都アニメーション放火事件については他に例を見ない被害の規模や、アニメという夢の世界に携わる方々が犠牲になられている点、たいへん痛ましく、言うべき言葉も見つかりません。
容疑者が現在加療中であるよし、このような犯罪ではいつも思うのですが、ぜひ早急に回復させ、心身ともに健康状態を取り戻した状態で徹底した取り調べを行ってほしいと望みます。万が一にも、成し遂げたという満足感のなかで死なせるようなことがあってはならないと思います。あとに続くかもしれない、模倣犯をたたくたためにも。

ただ、ガソリンの危険性については一般常識と思っていましたが、思い起こせば東北大震災時にも、燃料が不足しているという問題について当時の政権与党、民主党の渡辺周氏が、
「国対委員長の安住くん(maki注:安住淳氏)、かれも言ったんですが『学校のプールにガソリンを貯蔵できないか』と。 しかし消防法上、絶対に危険だから駄目だと」と発言していて、法律どうこう以前の問題だろうに、発案した安住氏もおかしければ、これを与党があらゆる角度から対策を検討しているのだという文脈で口にした渡辺氏もどうかしているとあきれ返った記憶があり、今回バラエティーショーの司会者である宮根誠司氏の
「我々ガソリンが爆発するという発想が無かったんですけども」という発言にも、確かに一定数そういうことを知らずに年を重ねて来られる人がいそうだなと思います。
ここでは改めて、特撮ファンにもゆかりの深い、ガソリンの爆燃現象についてのみ、心覚えに記しておきたいと思います。


特撮につきものの爆発表現。近年はその危険性を鑑みて減少、あるいは小規模化してきていますが、かつてはナパーム(爆音とともに赤黒い炎が一気に膨らむ迫力がすごい)、セメント(セメントの白い煙が立体的に立ち上がり面白い絵になる)等を用いたリアル爆発は特撮の華でもありました。そのうちのナパームといわれるものが、要はガソリン爆発なのです。
「西部警察」ではつきものでしたし、最近福岡県・筑豊地方でも「爆破できる街」をキャッチフレーズに映画ロケの誘致を図っていました。その迫力を思い起こせば、ガソリン爆発の危険性も容易に想定できるのではないでしょうか。
上に貼ったTweetでは、風向きや爆発に要する空間など緻密に計算し、安全を期して仕掛けたはずのものが、思いがけずアンコントローラブルになった恐怖が語られています。ブラックビートとは「重甲ビーファイター」のキャラクター名、高崎金属とは特撮の聖地ともいえるロケ地。
参考:光跡ウルトラマンシリーズ 火薬(火・煙)

【警告】気化したガソリンの燃焼実験の映像を折りたたみ以降に貼っています。

style="clap"
とうとうこの日が……

本日12時、令和の幕開けとなる「仮面ライダーゼロワン」の制作発表が行われました。色々と意味をもたせたかっこいいネーミングながらキカイダーやフォンブレイバーを思い出してしまって申し訳ない。原点回帰したようなデザインやアイアンマンを思わせる社長ヒーロー、女性ライダー・ワルキューレも登場と話題性もたっぷりです。
縄田さん(だと思う)、初主演ライダー、おめでとうございます。
背が高く脚が長く……という恵まれたプロポーションを活かした豪快な殺陣、なおかつ「ジオウ」のゲイツ役で見られたとおり、高潔な戦士という演技が素晴らしい。
渡辺淳さんもAC監督一本立ちになるのかな? 時々は出演されるのでしょうか。



テレ朝公式

高岩さんでない、というショックは、もう聞かされてからだいぶ時間が経ったので今はさほどのショックではないのです。ここ数年、プライベートでも後進の指導にあたられたり、舞台のお手伝いをされていたり、だんだん「ジオウ」を平成ライダーの花道として最後まで応援しなければ、という気持ちに誘導されてきていましたし。――が。情報が足りません。
それで高岩さんは今後どうされるのか、同時に発表してくれなければ生殺し……せめて次郎さんパターンを望みたいですが。

style="clap"
……みたいなヒーローショー集客のTweet(少しちゃかしてます)を先日見かけ、また今日もGロッソ関係者Tweetを、その問題Tweetだけでなく
「この人はどういう人なんだろう? どういうつもりであんなTweetをしたんだろう?」と思いつつ遡って過去のぶんまで読んでみたりするうちにやはり、
「TVに出演する演者と、ヒーローショーを見に行った。彼女は、ステージ上に立つ変身後のキャラクターと、自分が演じる変身前のキャラクターが同時に子供たちの目に触れてはいけないとの配慮から入念に変装してきていた。こういう場合本物のヒーローはどっちなんだろう(超意訳)」的なTweetも見かけて、なんとなく<本物のヒーロー>、という言葉が頭に残りました。

まあわたしにとって<本物のヒーロー>とは誰? と尋ねられれば高岩さんと即答してしまうわけですが、以前まじめに考えて、このブログにも書いたような気がしています。
<本物のヒーロー>とは即ちその物語世界におけるヒーローであり、「ジオウ」であればソウゴ=仮面ライダージオウというキャラクターであり、ヒーローショーにおいてはその時、その衣装を着て、舞台に立っている人のことだと。子供たちの夢の世界を守ってくれる人がヒーローだと。

地方のヒーロ-ショーなどでは、
「本物(TVに出ているスーツアクター)とは違うよ」
「本物(TVに出ているキャスト)は来てないよ」
 などという言い方をする人がいます。聞こえてくる声が俳優のそれではないときも、
「声、本物(TVに出てくるキャスト or 声優)じゃないじゃん」と。

しかし子供たちは本物だと信じ、本物の恐怖に耐えながらヒーローに声援を送るのです。したがって演者もみな、自分が本物だと信じて演じるべきで、大多数の人はそのように必死に努力しています。
まあ演者の力不足で、あからさまに下手である、かっこ悪い、無様な言動をとる……という時にはニセモノの謗りを受けても仕方ないのですけど、少なくともそのように子供の夢を破ることのないようどうすればよいかと、全国のヒーローショー関係者は日々心をくだいているわけです。

……と信じてきましたが、冒頭にあげたような言葉がショー関係者から出てくるんだな、といろいろカルチャーショックを受ける今日この頃。

style="clap"