LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。


oirase stream / akabane_hiro2


王の崩御とともに変わっていく世界。
王妃への愛、そしてレデュエの甘言に迷ったものの、成すべきことを果たし、尊厳を取り戻したロシュオの荘重な死は、ギリシャ悲劇というよりはシェイクスピア調でした。
直接はその死と関わりないものの、前段の高杉さんの光実の演技も素晴らしくて、この世界観に一役かっている気がします。
そしてその、悲劇のアイコンであった王妃と、次のアイコンとなる舞。

一方、その舞を救うべく敵の本丸、ユグドラシルタワー~ヘルヘイムと侵入していき、転々と戦いの場所を変えていく紘汰・戒斗。
こちらはよくあるゲーム終盤! という感じ。ゲームと違うのは、ロシュオを倒せば終わるわけではなく。

でもあれですね、この戦いの中ですら最高に楽しんでたのは、やっぱりプロフェッサーですね。揺るぎない。

style="clap"
2014.08.17 14:48 | gaim 鎧武 | トラックバック(-) | コメント(-) |
感動巨編!
あくまで皆のために戦う紘汰、戒斗になら黄金の実を譲ってもいいなどと言い出す紘汰を、湊さんが覚悟がないみたいに評していましたが、ここに来てほんとうに紘汰の主人公としての肚が決まりました。


Kaleidoscope / 万華鏡(まんげきょう) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)


という物語の中のこのエピソードの役割は素直に受け止めつつも、
・紘汰にかかりきりでデュークをあっさり忘れるレデュエさん とか
・壊れたテレビは叩いて直す! みたいな戒斗さんの即断即決 とか
・お留守の間も録画しているプロフェッサーの研究への熱意 とか
・初瀬ちゃんの悲劇の再現に涙 とか
・光実に雅人が入ってきた とか
あっちこっちよそ見してしまいました。
そして終盤、裕也鎧武のイケメンっぷりにいろいろ持って行かれました。声がかっこいい!
あと、紘汰が強くなっちゃったので、やられ鎧武が新鮮でした。
以下、相変わらず台詞は不正確。

style="clap"
2014.08.10 10:57 | gaim 鎧武 | トラックバック(-) | コメント(-) |
観てきました! 例によってまた雨に振られ、例によってまた適当に買ったシャツに着替えて。
わたしは今年の夏は、遠出には傘を持ち歩く習慣を身につけたいと思います。

適当に飛び込んだ駅前の古っぽい映画館で観たのですが、なんと過去のゴジラ映画のポスター展を併設してて超お得! 長い間にプロポーションがずいぶん変わりましたね。
ハリウッド版ゴジラといえば前に、ニューヨーク(だったと思うけど)の街を疾走するウエスト細いゴジラが笑いを取りましたが、今回の監督さんはずいぶん過去作を勉強して、頑張って作ったなあという感じです。
お陰で童心に帰りそこなって、普通に「大人」のスタンスで、普通のパニック映画を観るような心境で、最後近くまで。

でも、それでもゴジラはかっこよかった!
重々しさ、荘厳さ、そして愛らしさ。作中米兵が
「見ろよすげー!」と叫ぶシーンがありますがほんとにかっこよかった!
以下ネタバレ気にせず感想文。

style="clap"
2014.08.08 21:47 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
2号がつきあってくれないのでゴジラが観られない(´;ω;`)
ネットで暇つぶししてたら、かっこいい映像に行き当たりました。要はパルクールなのですが、動きにくいであろうコスチュームで、街を縦横無尽に駆けまわってます。メイキング観たら映像作家のDevin Graham氏(Watch Dogsもこの人)も、トレードマークのチェックのキャップに、持ちにくそうなカメラ構えてめっちゃ走ってるw
足を滑らさない? ためか、屋根や壁を撮影前によく拭いてるのも印象的です。
あと、このゲームで遊んだことがないのでよく知らないのですが、「アサシン」と言いつつ白昼でもあんまり人目を忍んでないですね。




style="clap"
2014.07.28 15:38 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
ついに来ました。おなじみ、
「ここはおれに任せて先へ行け!」展開。
しんがりに残る人たちの、死に場所を見つけたりと言わんばかりの暴れっぷりも華々しく、しかしそれは悲壮でもあり、仲間を残し先へ駆ける主人公たちの苦しみも重く。
かっこいいかっこいいと興奮して観ていましたが、例によって最後の次回予告ですべてを持っていくこの構成!
まあライダー者ならうすうす予測のついていた展開のようですね。
そして、わたしの記憶が確かなら、次週はお休みだというこの鬼編成。なんかお休みが多いなあ鎧武。


Andromeda / paukrus


画像は囚われの乙女ということでアンドロメダ。
そしてプロフェッサーはじめ登場人物たちの長広舌(凌馬の軽口、戒斗さんの舌足らずなツンデレ、ミッチのシリアス早口)が冴えに冴えてて、当然ながら憶えきれませんでしたので、以下、台詞等かなり不正確な感想文。

style="clap"
2014.07.27 11:42 | gaim 鎧武 | トラックバック(-) | コメント(-) |