LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

というわけで今頃「君の名は。」を観るような今日このごろ。大ヒットすぎてこんな田舎でもまだ一日に何回もかかっていてすごい。
アニメの映像表現って今こんなになってるのか! と呆然となるほどで、光や水の美しさに驚嘆し、そして山手線のドアががーっと開いたり閉じたりするところや新幹線のシートにノスタルジー誘われてえらいことになりました。


諏訪湖の雲 / kuracom


午前中は色々用事があって、電車に乗っている時間は正味20分くらいなのに乗り換えの駅で40分くらいただ待っていたり、ついた先でもまだ時間が早すぎて40分ほどつぶすためにどこまで行っても人気のない道をあてもなく歩きまわったり。そんな余裕があるのかないのかよくわからない日に読み終えました。

身代わり(幻冬舎)
西澤保彦著

style="clap"
2016.11.13 02:00 | read or die 近視de乱視 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いやそんなタイトルじゃなかったはず。
しかし劇場でパンフ売ってなかったのでうろ覚えで書いてます。




style="clap"
2016.11.05 00:00 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
アドベンチャーゲーム好き・パズルゲーム好きのわたしですがあまりの新作の出なさにずっと飢餓状態にありまして、ところがたまたまマイクロソフトのショップで海外のゲームがダウンロードできることに気づき、それからすっかりはまってしまっています。
おかげで夏からずっと感想文さぼってる読了済みの本が結構たまっているのですが……しかしわたしにとっての初ルメートル、これがほんとうに衝撃でした。こんな怖い小説久々です。
著者本人のインタビューでも
「ヒッチコックが映画を作りたくなるような」ものを目指したとのことですが確かにサスペンスフルなその内容、皮肉でなおかつじわじわと真綿で首を絞めるような心理描写。あと、セバスチャン・ジャプリゾではないですがこの人の小説もネタバレしたら価値が半減してしまいそうな感じですね。
なので感想は控えめです。

死のドレスを花婿に(文春文庫)
ピエール・ルメートル著
吉田恒雄訳

style="clap"
2016.11.04 20:35 | read or die 近視de乱視 | トラックバック(-) | コメント(-) |

strawberry short cake(ストロベリーショートケーキ) / kawanet


鏡先生の召し上がってたのがこんなオシャレ系ではなく、近所のケーキ屋さんに置いてそうな素朴なショートケーキだったのはむしろポイント高かった。戦士が甘いもの補給する描写は甘党として大好きです。
出し惜しみなくどんどん先輩ライダーが登場してきて、それぞれのポリシーで宝生と絡んでくる(らしい)展開も楽しい。全員得意とするゲームが異なり、アクションが変わってくる(らしい)のもうれしい。このあたりは「ブレイド」に似ているでしょうか。院長とポッピーの力関係もなんとも言えません。
前回はまだ戸惑いから腰の引けていた宝生が、鏡への反発から
「CRのライダーとしてやっていく」決意を固める回。
そしてOPが白衣祭りで歓喜しています。 

折りたたみ以降は感想文。セリフちゃんと✍取れなかったので仕事から帰ったら修正します。

style="clap"
2016.10.09 11:54 | ex-aid エグゼイド | トラックバック(-) | コメント(-) |
やっと追いつけました! 日曜までには観ておきたかった!
「ライダーの乗り物が台車とは新しい」とか、
「このゲームフィールドの描写は『ピクセル』みたい」とか、
「全員アクション(いわゆるアクションじゃなく首をかしげるとかそういう動作)に効果音つくのか」とか、
諸々茶々入れつつも楽しく観ていましが、最大の衝撃はヒロインの変貌! 過去にもナオミとかスマレとか、登場した瞬間がつんとくる新奇性高いキャラはいましたが、そして前情報では彼女もそんな感じなのかなと思っていましたが、最後の最後に正体顕すとはインパクト強い。それまでのできる女風のシリアス演技を打ち捨て、
「世を忍ぶ仮の姿なの~」とはやられました。言葉を失う宝生先生とともに、途方に暮れるラスト。


no video games / ** RCB **


アクションは、かなり好きだと思いました。
元々「グリーン・デスティニー」のようにワイヤーアクションでふわーっと宙に舞い上がる描写があまり好きでなくて、それは現実の格闘技の動きとまったく異なるために強そうに見えないから、なのですが、この「エグゼイド」に限っては、主人公はゲームキャラとして仮想空間上で戦う設定ですからむしろこの非現実的な動きのほうが合っているのです。
エグゼイド自身もゴーストとは一転、軽やかなアクションが多く、マリオポーズで宙やブロックをぴょんぴょん突き上げるのもたいへんかわいい。
ゲームカセットをスロットに入れる前にふっと埃を吹く動作も、なんとも言えずかわいい。
また対戦するウイルスたちも愛嬌があり(今回で言うとエグゼイドのハンマー攻撃を防ぐためにお鍋をかぶろうとして間違って泡立器を頭上に翳してしまうとか)、殺陣に往年の香港映画風の楽しさがあります。
このあと戦いに参入してくるドクターたち(全員ファッションセンスが微妙なのでできれば皆さん白衣希望)の、それぞれのアクションスタイルも楽しみです。
今はまだ、“主治医”は決められないかなあ。監察医の人と衛生省の人が気になるのですが、患者は診ないでしょうし。

10本のゲーム……多分エクストラステージとかボーナスシナリオとか色々ついてきて、最終的には10本で済まなくなるんだろうなあ。

style="clap"
2016.10.07 09:36 | ex-aid エグゼイド | トラックバック(-) | コメント(-) |