LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。


夕日下の恋人 / jonathan.leung


犯人の正体。ミステリではよくあるパターンでしたが、二人の女性の心の強さ、弱さを対比させた夕日のシーンが美しかった。それを見守る進ノ介の優しい視線も。
大切なもの、信じた存在のゆえに、人は強くも弱くもなる。できれば霧子のようにありたいものですが。
そしてマッハがシグナルバイクだけでなく、シフトカーも装填できることが明らかになりました。
あっちともこっちとも融合できるすぐれものです、マッハシステム。

ちょっと聞き取りづらくてタロットカードの名前とか意味とか聞き損なっています。後で修正するかも。

style="clap"
2015.01.25 12:36 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
チェイスの正体。
仮にエピソード・ゼロを観ていなくても前振りはたっぷりで、意外な成り行きとはいえませんでしたが。
しかし、もっと引っ張ると思っていましたので、前半のエピソードの一つのなかで、しかも前後編の前編で明らかになるとは、惜しげも無くぽんぽん話を進めるなあとそちらに感心しました。
それも、ライダー側が暴くのでなく、ロイミュード側からさくっと明かされてましたよ! ひどい。


0 Fool / thegreathorsecigar


ということで、終盤の正体暴露シーンがハイライトなのは間違いありませんが、しかしタロットを操る謎のロイミュードの正体も気になるところ。
そしてマッハが。
マッハが省略しました。

style="clap"
2015.01.18 13:14 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |

Gerbera calyx / cod_gabriel


いろいろ見過ごしました!
井上敏樹先生が(555好きには先生です)Eテレの俳句番組に出演されることは知っていたのですが、そしてちゃんと早起きしていたのですが、うっかり今日だというのを忘れていました。
再放送は1/14(水)15:00~「NHK 俳句 題:悴む」。今度は忘れない!

そしてドライブ。放映中にまさかの電話! おかげでいいところを見逃している気がします。感想文もあとで修正の予定。
ただ、ですが、マッハの宿命についてちょっと伏線ぽいものが出てきて重要な回でしたね。
未完成の新システム。その完成を待つことなく、勝手にアメリカを離れた剛。彼は何を急いでいるのでしょうか。
変身解除直後に、高いびきで寝込んでしまったのも実は気になっています。ものすごく消耗しているのでは。
そしてチェイサーの正体は――?
あ、中盤ACのCMが入ってましたが、まさかマックが広告自粛中なのでしょうか。ハッピーセットは?

style="clap"
2015.01.11 12:41 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |

chim-chimney - P1000991 / chez_sugi


事情でリアタイでは観られませんでした。
これで年始までは放送がないので、ゆっくり見ようかと思ったのですが、ネットの評判をチェックすると新ライダー・マッハ(登場自体は先週からしてますけど)がなかなかなキャラのようだったので、我慢できずついその日のうちに録画を……いやあ、これはすごい。
いろいろ超演出が目立ちます。たたいたり拾ったり落としたりします。
マッハに関しては派手です。
それも昭和な感じの派手。
昭和ついでで言えばアニメですけど、マッハの言動がドロンパっぽいし名前やカラーリングは「マッハGoGoGo」っぽいし。
銭湯の煙突じゃないですが、高い塔、的なところから飛び降りるアクションも昭和オマージュな気がして超かっこいいです。

これでもかのシュールな昭和ギャグがしつこく感じる方もいらっしゃるでしょうがわたしは嫌いじゃないわ。
ストーリー的にはロイミュード側の企みがまたすこし表面化し、そして現さんこと追田警部が、特状課の仲間っぽくなってきた嬉しい回かも。

style="clap"
2014.12.28 23:47 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
魔神チェイサーのロイミュード体出現。新幹部に新ライダーと謎がいっそう深まる展開ですが、クリスマスディナーのためおめかしした霧子が可愛くてリア充爆発しろな今回。
主人公とヒロインが普通に恋愛っぽくなる展開が、「ウィザード」以来続いてますね。


Rose, Christmas Bell, バラ, クリスマス ベル, / T.Kiya


こんな感じのドレスでしたね(*´ω`*)
それにしてもこんなところで入場者プレゼントの「episode 0」を持ってくるのはずるいようなw
しかも「映画に来たらもらえるよー」と提供バックで宣伝まで。いや、映画面白かったから、もちろんお勧めですけどね。

style="clap"
2014.12.21 11:54 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
とかまあ「ベイマックス」観てはしゃいで帰ってきたらポストにアマゾンのポスパケット入ってまして、もう盆と正月が一緒に来たかという勢い。第一回が高岩成二さんなのはもちろんなんですが、なんかね、インタビュイーの数が増えてるんですよ。タイトルの通り20人に!
そして、その後の高岩成二」のように、補筆や再取材も行われ、さらにスペシャルクロストークがところどころに挟まれてもう、これ感想は必要ないですね。インタビューを受けた方々のお名前だけで、同好の士にはこの幸福、この興奮が伝わるはず。これは家宝にして代々伝えたい。あと、ウィザードの時
「裾を無駄にヒラヒラさせてください」と高岩さんにオーダーした方に御礼申し上げたい。「ゲキレンジャー」は福沢さんのリベンジ版をぜひ観たい。

取り上げられているのは以下掲載順で;
高岩成二さん/福沢博文さん/蜂須賀祐一さん/岡元次郎さん/清家利一さん/竹内康博さん/今井靖彦さん/おぐらとしひろさん/押川善文さん/永徳さん/渡辺淳さん/日下秀昭さん/岡本美登さん/喜多川務(2tom)さん/大藤直樹さん/村上潤さん/竹田道弘さん/石垣広文さん/宮崎剛さん/大葉健二さん。
見よこの綺羅星の如き男前ラインナップ!

東映ヒーロー仮面俳優列伝東映ヒーロー仮面俳優列伝
(2014/12/19)
鴬谷 五郎

商品詳細を見る

まあ敢えて難を言うならば、本文の活字がちっちゃい。雑誌掲載時と同じ版のまま縮小したようです。
レイアウトを単行本用に組み直すついでに写真もカラーにして、紙質もあげて、ほんとに代々伝えるのに足る、永久保存版にしてくれてもよかったのにと思ったり。この紙だとそのうち黄色くなっちゃいそう……一冊5~8千円くらいになったって、ファンは買うのに。
12/22追記。内容の楽しさに、夢中になって読みふけりましたが、同時に
「ああこういうことを聞いてくれるならあの方も、この方もインタビューしてほしいのに」という欲が出てきました。東映ヒーロー作品を“支えてきた”人々ということで、主演作のある人、出演作の多い人、活動期間の長い人中心のこの人選は当然だと思いつつ。続編や類書が出るといいなあ。

style="clap"
2014.12.21 00:39 | bibliomania 本棚 | トラックバック(-) | コメント(-) |