LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

半年も前の記事(竹熊さんの「特撮魂がくもる」騒動にふれたもの)が昨日今日と読まれててどうしたのかと思ったら、3日ほど前に

戦隊俳優の追っかけをしたら特撮が嫌いになった

という記事に参考としてリンクされてたようです。俳優ファンとして特撮番組を観はじめたところ特撮ヲタの憎悪を伴う閉鎖的なコミュニティに触れることとなり辟易した、という内容です。
特撮に限らず一般に男性の多い世界に女が入っていくとまあいろいろ言われるもので、その洗礼を受けたのだとすればお気の毒でした、としか言いようがありません(この記事を書かれた人もたぶん女性なんだろうと拝察するわけですが)。実際にはそんな偏狭な人ばかりではなくてなかなか楽しい世界なのですが、どこにもそういう人はいます。ただそれを、特ヲタVS俳優ファン、男性VS女性みたいな対立構造で物事を捉えるのは、ちょっとどうかなと思いました。
誰のものかといえば、スーパーヒーローは第一に、子供のものなんです。特ヲタだろうが俳優ファンだろうが、大きいお友達はみな、子供の後ろからそっと覗かせてもらっている立場であるという点で等しいと思っています。

また、上記の記事を読むと、「俳優ファンは特撮ファンと違ってかなりお金を落としているからファンとして認められて然るべき」という主張のようなのですが、既にその点での反論が寄せられているように、すこしピントがずれていると感じます。買うべきものはブルーレイ以前に玩具でありゲームです。したがって一番の大口顧客は子供を持つ家庭であり、とはいえ特撮ファンも「多々買わなければ生き残れない」と自嘲するように、玩具・ゲーム沼、フィギュア沼、コレクターズアイテム沼にはまってけっこうお金を使っています。
果たしてお金を落としていれば大きな顔ができるのか、ということ自体疑問なのですが、それ以前によく知らないことを勝ち負けの基準にするのはよろしくないと思います。

特撮番組は概ね一年間続くもので、単純に長丁場でたいへんだと思いますし(朝が早くて体力の限界と聞きますし)、主役ならば特に、数字(視聴率と玩具の売上)のプレッシャーもあるでしょうし、通常の演技だけでなくアクションやアフレコの技術も要求されますし。そんなたいへんななかで、自分の好きな俳優さんが一生懸命作り上げてくれた夢の様な世界なのですから、それをまっすぐ受け止めて、細部まで楽しんだ者が勝ちなんじゃないかなあ。
以下は別の話題になりますので折りたたみ。

style="clap"
2015.05.28 00:56 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |


犬って飼い主と遊ぶの好きですよね! 初め猫動画観てて、関連で出てきたから観ただけなのですが(約1年前の動画)、これが楽しそうで幸せそうでなんとも可愛い。
そんだけの話やねんけどな。

style="clap"
2015.05.27 20:31 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日はtwでのこのお知らせに沸きました(わたしの脳が)。
今まで色々な企画が、うやむやのままに立ち消えたりしているので6/1になってから書こうかなとも思いましたが、いや今は進一さんも参加されてあの頃のJAEじゃないはずだと思ったり。さすがに一週間切った今発表するなら間違いはない、はず。

6/20には生放送初回拡大スペシャル!!

もあるそうです。
詳細はJAEトピックスへ。

style="clap"
2015.05.26 10:40 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
日曜日は朝は運動会のお弁当づくり、10時からは仕事、夕刻以降は親戚のお通夜と立てこんでいましたが、当日、オンエアを観るだけは観ていました。
第一印象で今回は今ひとつ乗れないな、と感じたのは、そういう諸々の支度をしながらのながら観だったせいだと思い、今日もう一度録画を見なおしてみたのですが……進ノ介の魅力の一つだったトリッキーな攻め口がほとんど見られず、熱情のままベルトの反対に抗し、直接相手にぶつかっては撃退される繰り返し。
思わぬところから敵の正体がわかり、それは父の仇でもある疑いが濃い、というところなので、突っ走る気持ちはわかるのですが、わたしは進ノ介が、熱血刑事物に多い直情型に見えて、実は結構頭をつかっている、というところが好きだったようです。
仁良を焚きつけ、真影に連絡を取らせてその居所を探るというシーンは面白かった。


DSC_0065 / matsubokkuri


一方、進ノ介に対する真影/001/フリーズロイミュード。進ノ介こそが自分を進化させる“ある感情”を掻き立てる相手、進化の鍵と見込んだ理由を全編で語りまくっていますが圧倒的。まるで恋をしているかのような執着です。
そしてすっかりロイミュード側の手駒扱いとなってしまった剛。かつてのチェイス以上に無口でしたが何か理由があるのか――? この人が明るくお喋りしていないとやはり寂しいです。

style="clap"
2015.05.26 10:10 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
毎週、8:12くらいのCMのあたりでああもう半分来てしまったと思い、それからラストまでああ終わってしまう、終わってしまうと、惜しみつつ観ています。そのくらい展開が早い印象なのです。


2F / Ken OHYAMA


泊英介殺害犯かも知れない今回の敵、根岸逸郎/オープン。前回に引き続きその異能を存分に活かしたアクションシーンが面白かった。
暴走ではなく、あくまで市民を守る警官としてそれに立ち向かうドライブ。その気迫。
そして剛に激情をぶつけられてもあっさり防ぎ、またドライブの危機にもすかさず飛び込んでいくチェイサー。その鉄壁の頼もしさ。
twにも書きましたが時代劇でいうならニヒルで無口、剛直、それでいて実は純なところのある用心棒、もしくは腕の立つ素浪人という感じです。進ノ介も以前
「チェイスの旦那」と、まるで時代劇かといいたくなるような呼び方をしていましたが。
かれもまた、他のロイミュードたちと同じく、人間の情を学びつつあります。家族を思う心。人を守る心。そのためにつく嘘。

そして今回、もう敵の正体が判明するとは思いませんでした。もうしばらく暗躍してるものとばかり。
大きすぎる敵に、特状課はこれからどう挑んでいくのでしょうか。

style="clap"
2015.05.17 12:33 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
連休中戦隊赤祭りなtwがRTで回ってきて、詳細がわからないけど楽しそうだなあと思っていたらこれでした。

コタクジャパン 祝20周年! 『パワーレンジャー』がニューヨークを観光(動画あり)

20周年ということは2年前の記事ですよw
遅ればせという言葉ではとうてい追いつかないのですがわたしは今日観た動画なので仕方がないのです。20周年を祝して雨のニューヨークを観光しまくるパワーレンジャーレッドたちの楽しげな様子をどうぞ!



タイムズスクエア、ウォールストリート、地下鉄(車両ナンバーが「5555」!)にエンパイアステートビル、当時は確か「パワーレンジャーSAMURAI(=シンケンジャー)」が最新作だったはずなので、動画中でもいつもわりといい位置で殿が発見できます(姫もいます)。こんな楽しそうな殿は作品中めったにみられませんでしたがパワレン版では違ったのかな?
戦隊スーツにI LOVE NYシャツだけ重ねるとおしり丸出しのようで落ち着きませんが、ご本人たちもそう思うのかベルトしてみたり裾を折りたたんでみたりいろいろ人によって着こなしが違うのも楽しいやら可愛いやらです。

style="clap"
2015.05.13 11:36 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |