FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

先週末、永瀬尚希さん、伊藤慎さんが講師を務めるアクション教室トークイベントが押川善文さんゲストで開催されるという素晴らしいニュースを聞きつけ、しかし情報をキャッチしたのが<事後>で今更どうしようもなく、それは
・まめに情報チェックしてなかった
・事前に知っていたとしても平日しなければならなかった課題を
 「3連休中にやればいい」とさぼりまくっていた(ので無理)
自分のせいにほかならず、あまりの無念に
「知っていれば!」と自室でのたうち回っていました。

その後一週間経ち、スタジオジークのサイトにレポ記事がアップされていたので悔し紛れにご紹介です。
ふんだんな写真が永瀬さんのご配慮によるものだと思えばありがたく、押川さんも伊藤さんも柔和な表情で、会場の雰囲気が伝わってくる素晴らしいレポ。
そしてこのファンとの距離の近さ……(´;ω;`)
この悔しさを胸に、今後は課題はまじめにやろうと思います。今も今日提出の課題をこれからやろうとしています。駄目過ぎる。

また開催されるといいな……

style="clap"
今週もまた観てしまいました。原作通りの仲村の姑息なごまかしの連続に
「しっかりしろよ」と思いつつ、なにかなごむのは女優さんが可愛らしいからなのか。チャラ男は普通に注意しなさい。

一言で言うと過干渉な母親と会ってストレスマックスの仲村がショッピングセンターのヒーローショーに出かけるの巻、なのですが自意識過剰カムフラージュ過多の彼女に対し、ふらりと現れたのは手練れ感尋常一方ならぬトライガーの君。
主に年齢差から来る両者の温度差に胃が痛くなりつつも、
「暇だからよくわからないけど来てみた」という仲村の仮面も
「もういい年だしそろそろ卒業」という吉田(トライガーの君)の逡巡も
2人のめんどくさい心理に対するわたしの苛立ちも
すべて吹き飛ばすヒーローショーのかっこよさ。秒でアガり、ハンターと化す2人! 中身次郎さんだものな。悪の女幹部がかっこよく、痛めつけられるエマージェイソン、シシレオーの姿に燃えました。
とにかくちゃんとヒーローショーとしての構成、アクションを盛り込んでいて、曲のタイミングが素晴らしい。声がオリジナルなのも泣ける。そしてこの芸の細かさ……
ああ生次郎ショーが観られただけで燃え尽きそうになりました。

style="clap"
いやわたしが観たのはついさっきの再放送なのですが。

1月7日(月)、総合テレビでPR番組を放送します!
2019.1.5関連番組

1月18日(金)夜10時からいよいよ始まる「トクサツガガガ」を前に、特別PR 番組を放送します。
その名も
「ドラマ10がさらに楽しくなる! 純烈の 熱いぜ!トクサツ」

<放送予定> ※変更になることがあります
1月7日(月) [総合] 午後11:00~11:10
1月11日(金) [総合] 午前0:40~0:50(10日(木)深夜)
1月14日(月) [総合] 午前6:15~6:25、午後2:50~3:00、午後9:50~10:00

年末の「第69回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした“スーパー銭湯アイドル”純烈は、実はメンバー5人中4人が元・特撮ヒーロー。
そんな純烈の皆さんが、特撮に魅せられた熱い人々に迫ります。

上記の通り、今日以降もまだ再放送されます!
NHKドラマ10「トクサツガガガ」については、まだ観ようかどうしようか、迷っていたところなのですが、しかしこの番宣で、作中劇のヒーローの1人を岡元次郎さんが演じられると聞かされては……!

ということでheroesのカテゴリに入れてしまおう。

style="clap"
戦隊のカテゴリを設けてなかったことに今気づきました。
いやー、朝からすごいニュースが来てたんですね。忘れがたいキャラがオリジナルキャストで復活という惹句に沸き返りながらも、5人の中でただ1人常識人である大和先生の胃痛を慮るタイムラインになっていたのが印象的です。中尾暢樹さん自身、
「胃を心配されてる方も多いようで。。
僕も心配です。」
 と書かれているくらい……破天荒な人たちの中で気をもむ常識人、という構図は好物です。ジュウオウジャーやってたんだから、大和先生も慣れているでしょうしね。とはいえ戦隊でもこういうことが始まると、
「ああやっぱり平成終わっちゃうんだなあ」という気持ちになり、しんみりしてしまったというのが本音です。マーベリックが福沢さんだというなら話は別ですが……

style="clap"
深夜に思わずキムタクみたいになっちゃう画像。
「乾」「城戸」あたりはまだ現実に居ないこともない気がするけど、「門矢」「火野」「紅」とレア姓ばかり並べてちゃw

前シーズン、工場の従業員に進兄さんと紘汰さんがいて楽しげに休憩時間キャッチボールしている姿に(ちなみに東映公式に掲載の写真)、
「いるいるこういう気の良さそうな体育会系のあんちゃんたち」と思ってたけど、あのキャスティングももしかして……

style="clap"