LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

先日、千葉で行われたJAEの訓練合宿中、いわゆる“落っこち”練習をしていた野邉大地さんが、14、5回めで意識を失い緊急搬送、翌日、病院で息を引き取られる、という事故がありました。亡くなった6/14には新聞各紙で報じられたため、ご存知の方も多いかと思います。
わたしは何よりも野邉さんの21歳という若さに驚き、ご家族やご友人、その他周囲の皆様の受けられた衝撃を思い……(上に貼ったJAEチャンネルのツイートなど、金田さんの無念の表情が浮かんできそうです)。
でも、一視聴者の立場であれこれ書くのは僭越かと、特にブログなどでは触れていませんでした。

野邉さんの直近の出演作が現在放映中の「仮面ライダービルド」であるため、当初マスコミでは「仮面ライダー俳優死亡」という報じられ方がされました。わたしはこんなふうに、役名も書かず事件や事故の報道で「ライダー俳優」という肩書を用いるのはただのセンセーショナリズムだと思うので、このこと自体好ましく思いませんでしたが、見出しに釣られた読者の一部に、とても残念な、そして亡くなった方に対し失礼な反応が見られるに至って、とてもそれどころではなくなりました。

style="clap"
2018.06.16 16:36 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
ヘレン・ミレンという方はわたしの憧れの女優なのですが、とてもうれしいニュースがタイムラインに流れてきました。確かにアカデミー賞には美術賞、録音賞などその作品を支えるそれぞれの技術部門にも賞が設けられているので、そこにスタント賞やアクションコーディネート賞があってもまったくおかしくない、どころか、厳しい修練の末、あのような高度な演技を実現しているのですから、それを評価し、優れたものを顕彰する場というのは、絶対に必要だと思われるのです。

このブログの初期の頃、しつこく「スーツアクター呼称問題」について書いていましたが、あの時色々な方に話を伺いながら感じていたことは、
・日本でも(たぶん海外でも)現場の方は確固としたプライド、信念を持たれている
・同時に、外部からの評価とのギャップも感じていらっしゃる
ということでした。

わたしはヒーローの物語が好きですし、かっこいいヒーローの活躍にはいつもわくわくしてしまいますが、映像作品においてダイレクトにそれを感じさせてくれる最大の要素は、アクションです。その目覚ましい、ダイナミックな動きに驚き、繊細な所作に魅せられ、演じられている<ヒーロー>に惹きつけられてしまうのは、素晴らしいダンスや、直近ですと、羽生選手の演技に感動してしまった時と変わりありません。ただすごい、美しいと賛嘆するのみです。

style="clap"
2018.04.25 13:00 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
日テレ公式

ということでその前日、1/29の「ミュージックステーション」に仮面ライダーゴースト登場、というので既に盛り上がっていたのですが、そこに加えてこのニュース。
関ジャニメンバー7人が

・大手芸能事務所
・子役事務所
・原宿系オシャレ事務所
・声優事務所
・大衆演劇
・アクション事務所
・動物タレント事務所

と、それぞれに注目の芸能事務所に潜入し、テレビ界の裏側に迫るという企画のバラエティ番組なのですが、6番目に挙がっているアクション事務所というのがJAEだったのです。もちろんがっつり視聴して
「まるでお誕生プレゼント!」と個人的に大喜びしていたのですが2時間番組ですので感想は関ジャニ・横山さんがJAEに潜入してアクション体験、というパートのみ。

JAEの出演情報ではこんな感じ(↓)。戦闘員の皆様は素面のほうがうれしかったけど、ショッカー的な記号なんでしょうねあのお面。

殺陣:藤井祐伍
出演:佃井皆美・橋本仰未・蜂須賀昭二・大林勝・辻本一樹・おぐらとしひろ・
    本多剛幸・向田翼・藤田慧・蔦宗正人・白崎誠也・伊藤茂騎・宮川連・
    勝呂学・田中慶
STUNT:橋渡竜馬


style="clap"
2016.02.02 18:57 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
マイナビニュースの特別企画(たぶんスカパー!「仮面ライダー特集」との連動PR)に、

2015.8.10 スタントのプロが実演! - 実際にやられて痛そうなライダーキックはどれだ!?
BOSブログ「マイナビニュース」

という記事がありました。これは
「スタントマンに歴代仮面ライダーの必殺技を実演してもらい、どの必殺技が一番強いのか、検証」する、というもの。
テーマ自体たいへん魅力的で、一週間前の記事ということもありここに来られる方はもうとっくに既読でいらっしゃるのかもしれませんが、自分メモ。
ここで実演するスタントマンが実際にライダー経験者である下川さん、というのがまた、こたえられませんね。
記事の全体の流れとして、「スポ根なのは昭和、美しいのは平成」とされ、そうなる理由も説明されていますが、わたしとしては平成は主に高岩さんが「美しくみせる」ことへのこだわりをもっていらっしゃったからじゃないかなあ、と思ったり。あと、確かに痛そうなキックが上位に来ていて蹴られる安永さんがお気の毒です。
実演のYouTube動画が見ものですが限定公開設定となっていますのでここには貼ってません。
でも公開終了などで見られなくなっても嫌だなあ。

こういうのテレビでも雑誌でも、もっとやってほしいですね。もっといえば雑誌の付録DVDとかで、こういうアクション検証企画を。愛蔵版だと思うのですよ、もし出たら……

style="clap"
2015.08.17 12:28 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
episode_13.jpg
【「渋谷怪談」配布PC用壁紙】

このブログでは、特撮番組について書いても、出演されている若手俳優の皆さんのことは、ほとんど書いていませんでした。
ましてや、わたしが再び特撮番組を見るきっかけとなった「仮面ライダー555」については、とても冷静に扱えない、それほど好きだという言い訳を楯に、短い感想すら、ほとんど書いたことがありません。
したがって、「555」の影の主人公、ホースオルフェノク/木場勇治役の泉政行さんについて今までこのブログに書いたことは、たぶんほんの1~2度、あるかないか、程度ではないかと思います。
わたしが「555」の世界にひきずりこまれた主な理由は、2つありました。1つは何度か書きましたが、「一定の条件をクリアすれば誰でもファイズとなって戦うことができる」という設定と、それを可能にしたファイズのスーツアクター・高岩成二さんによる、多種多様な演じ分けの妙。
そしてもう1つの要因が、劇場版の「パラダイス・ロスト」における、木場勇治の慟哭、です。「555」は観れば観るほど好きになる要素がどんどん出てきて何が魅力かというのは10年以上経った今でもうまく整理できないのですが、最初の入り口は間違いなくこの2つであり、そしてどちらかといえば、泉さんの演技に惹かれた部分が、当時は大きかったのではないかと思います。

「おれは今まで何をやってきたんだ!」

心優しく騙されやすく、育ちの良さを感じさせる品格と、高い理想を持ち、しかし人の裏切り、汚さには激しく傷つき憤る――木場勇治の魅力と、その脆さを、信じる人に裏切られたと“思い込んだ”絶望の深さを、一瞬で表現したシーンでした。
舌足らずな話し方や柔らかな笑顔とのギャップが凄まじく、確かにあの瞬間、泉さんの背に大きな黒い翼が生えた、ように見えました。

style="clap"
2015.08.05 19:29 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |