FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

だいぶ前にRTしたのですが、やはり特撮備忘録であるこっちにも貼っておこうと思ったので。

海外戦隊ファンイベントにて、リクエストに応える竹内さんの動画。各地のヒーローショー開催の前提として、シーズン前にショーアクターの指導監修にも来てくださるだけあって、凄まじい身体能力プラス溢れ出るマスター感にほれぼれします。集まっている方々が正しく日本でのヒーロー名を呼んでてなんとなく心の友よ感がすごい。
「名乗り」は英語で'ROLL CALL'なのですね。「ゴーバスターズ」エスケイプの口癖ではありませんが、わたしはこの方、ほんとうに“いいもの”だと思います。

style="clap"
2018.08.27 13:57 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
人様のTweet貼るだけの簡単なブログ運営第2弾はこんなところに福沢さん。そして奥様、神尾さんと今期ルパンイエローの下園さん。神尾さんも下園さんも素敵な方々なのですがタイトルがこうなったのは、押川さんに続いてレアキャライケメンが! と局地的に大騒ぎになってしまったせいですわたしの心のなかで。下園さんにも伏して御礼申し上げます。
福沢さんって戦隊の皆さんと行動をともにされてる目撃談が多いと思うのですが、今回も皆さんでお祭り見物、いいですね(*´∀`*)
ビール基金に参加しなくなって長いですが、どうかお身体に気をつけて熱い夏をのりきっていただきたいという気持ちは変わりません。無理をなさらないようお願いいたします。

話は変わるのですがこの酷暑に俳優の斎藤工さんが被災地に土砂運びのボランティアに来られていたらしく、なんてイケメンなんだと感動しました。現地の人たちほんとうにうれしそうだし聞いただけでうれしくなるお話でした。可愛いも正義ですがイケメンも宝なのですほんとに。

style="clap"
2018.07.16 16:49 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
ありがとうございます。ありがとうございます。伏して御礼申し上げます。
押川さんビルドの劇場版北九州ロケにもかけつけてくださったんですよね。




style="clap"
2018.07.15 14:16 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、千葉で行われたJAEの訓練合宿中、いわゆる“落っこち”練習をしていた野邉大地さんが、14、5回めで意識を失い緊急搬送、翌日、病院で息を引き取られる、という事故がありました。亡くなった6/14には新聞各紙で報じられたため、ご存知の方も多いかと思います。
わたしは何よりも野邉さんの21歳という若さに驚き、ご家族やご友人、その他周囲の皆様の受けられた衝撃を思い……(上に貼ったJAEチャンネルのツイートなど、金田さんの無念の表情が浮かんできそうです)。
でも、一視聴者の立場であれこれ書くのは僭越かと、特にブログなどでは触れていませんでした。

野邉さんの直近の出演作が現在放映中の「仮面ライダービルド」であるため、当初マスコミでは「仮面ライダー俳優死亡」という報じられ方がされました。わたしはこんなふうに、役名も書かず事件や事故の報道で「ライダー俳優」という肩書を用いるのはただのセンセーショナリズムだと思うので、このこと自体好ましく思いませんでしたが、見出しに釣られた読者の一部に、とても残念な、そして亡くなった方に対し失礼な反応が見られるに至って、とてもそれどころではなくなりました。

style="clap"
2018.06.16 16:36 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
ヘレン・ミレンという方はわたしの憧れの女優なのですが、とてもうれしいニュースがタイムラインに流れてきました。確かにアカデミー賞には美術賞、録音賞などその作品を支えるそれぞれの技術部門にも賞が設けられているので、そこにスタント賞やアクションコーディネート賞があってもまったくおかしくない、どころか、厳しい修練の末、あのような高度な演技を実現しているのですから、それを評価し、優れたものを顕彰する場というのは、絶対に必要だと思われるのです。

このブログの初期の頃、しつこく「スーツアクター呼称問題」について書いていましたが、あの時色々な方に話を伺いながら感じていたことは、
・日本でも(たぶん海外でも)現場の方は確固としたプライド、信念を持たれている
・同時に、外部からの評価とのギャップも感じていらっしゃる
ということでした。

わたしはヒーローの物語が好きですし、かっこいいヒーローの活躍にはいつもわくわくしてしまいますが、映像作品においてダイレクトにそれを感じさせてくれる最大の要素は、アクションです。その目覚ましい、ダイナミックな動きに驚き、繊細な所作に魅せられ、演じられている<ヒーロー>に惹きつけられてしまうのは、素晴らしいダンスや、直近ですと、羽生選手の演技に感動してしまった時と変わりありません。ただすごい、美しいと賛嘆するのみです。

style="clap"
2018.04.25 13:00 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |