LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ということで今週はするべきことが色々あったのですが、体調が悪いため諦めて特撮三昧です。
また今回もMOVIE大戦。


Small Pink / BONGURI


当時CMでは
「彼女キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」の台詞ばかり強調されていたのですが、そして弦太朗の恋がメインエピソードなのは間違いないのですが、仲間いっぱいの弦太朗より、

・別れた相棒と一瞬出会い、再び失い、しかしいつか未来での再会を信じて
 望みを捨てない映司
・永遠に失ったかと思う相棒と、再びタッグを組み始めた翔太郎

この2人の切なさと、それぞれの相棒との息の合った戦い方がたまりませんでした。
いや、そんなこと言いつつ弦太朗の熱い告白がまた、良かったんですけどね。告白とはかくあるべし、お手本みたいな告白でした。

お目見えライダーはメテオ。しかしほんとに最後の最後に登場です。
スポンサーサイト

style="clap"
2015.04.13 02:18 | fourze フォーゼ | トラックバック(-) | コメント(-) |
パワーレンジャーならぬ「パワーライダー」が商標登録された、と話題になったのは確か2~3年前。
またその方式でアメリカに紹介されたライダーの例としては、既に「龍騎」をベースにした「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」がありますが、いよいよ「フォーゼ」がアメリカ上陸!?
元サイトはこちら(⇓)。

SENTAI RANGERS

とりあえず゙さくっと訳文のみ。サイトのコメント欄でも
「4日早いエイプリルフールだ」
「デマだ」
「いやスクープだ」
と揉めてますね。

本誌独占:スイッチ・オン! 仮面ライダーフォーゼ、パワーライダーアポロとしてアメリカ登場

今夜本誌は、パワーライダーの企画情報をスクープした。
関係筋によれば、企画はまだごく初期段階にあり、番組そのものは仮面ライダーフォーゼから再構成されるもののようだ。
下記は関連画像及び文書の写しである。

ニールはこの設定文によれば、弦太郎より控えめな性格であるようだ。
しかしこれらはあくまで内々のものであり、したがって今後、変更される可能性もあることを忘れてはならない。
その他の特筆事項としては、
•サバン(*)は宇宙のテーマにこだわっているようだ
•それ以外の仮面ライダー部のメンバーは、“サバン化”されているとはいえ、ほとんど元のキャラが維持されている
•ライダーたちのネーミングはかなりわかりやすく宇宙関連の固有名詞をもじっている

関係筋はまた、エグゼクティブプロデューサーとして坂本浩一氏を示唆し、シリーズ脚本はAmit Bhaumik氏が担当するであろうと述べた。詳細は以下の通り。

*パワーレンジャー製作会社、サバン・ブランドのこと…たぶん

この後は、
「ニール 白人男性 ……」とタイプライターで打たれた、おそらくは企画書の一部であるらしい配役要件と、脚本案を撮した写真が数枚貼られています。
「ゴスガール」とあるのは友子でしょうね。ジェイクは「Jake」の名前を残し、「夜はDJ」うんぬんとあります。
アメリカなので人種のばらつきがありますが、それ以外は確かに、「フォーゼ」仮面ライダー部のキャラが、そのまま維持されている模様ですね。

style="clap"
毎回のフォーゼの感想文はついったに書き散らして終わりにしていたのですが、この最終回はほんとうに素敵でした。
堂々のお礼参り、そして堂々の大団円。
解けない謎は、将来への希望として残されました。

style="clap"
6月29日に製作発表が行われたのを受けて、今日は(昨日か)ついったでも終日どなたかがつぶやいている状況でしたが、まあ毎回毎回新味を出してきますよね。すごいです。

高校生ライダーについては以前、「ディケイド」のファイズ編がなかなかいい感じだったので悪くないと思うのですが、他のキャストがブレザー姿なのになぜ主役だけ
「学園の皆と仲良くなる!」という可愛い目標を掲げながら湘南爆走族かBE-BOP-HIGHSCHOOLみたいな昭和テイストなのか、それともわたしが知らないだけで今でもあの手の短ランリーゼントの人がいるのか、裏地はやっぱり虎とか龍の刺繍なのか、いややっぱり動いたらかっこいいのかとか、色々と衝撃を受けました。

「フォーゼ」という命名、そしてあのスーツについてはだいぶ前から商標登録バレ、雑誌バレが来ていてなんとなくエントリをあげる機を逸していたのですが、キョーダイン的なデザインはおいといて(動いたらかっこいいのは既定の事実ですからね)、主役ライダーで「白」というのはめずらしいですね。やはり宇宙飛行士スーツがモチーフなのでしょうか。怪人というより怪獣っぽいのはウルトラマン的な理由なのか、それとも麻宮騎亜デザインと関係あるのでしょうか。
あと、
「ライダーを支える喫茶店のマスターとかになりたかった」という鶴見辰吾さんのタイブローチが巨大で、それ変身ギアなの? と、とても気になります。
今後貼って大丈夫そうな動画が見つかれば貼る予定。

テレビ朝日公式
9月開始「仮面ライダーフォーゼ」はシリーズ初の学園モノ、テーマは「宇宙」
拍手レスです。

>あにき!
ありがとうございます。今度mixiからご連絡しますねー。
なかなかお会いするの難しそうですが、でも、前よりはだいぶ可能性高くなったと思います。

コメントなしの皆様も、いつもありがとうございます!
追記。全然関係ないのですが昔「プリンセスメーカー」という理想の女の子育成ゲームがありまして、いいとこへお嫁に行かせるにはバレエを習わせろみたいなのがあったんですね。実際所作や姿勢の美しい人というのは外見だけの美しさで勝負している人に比べ美人オーラ2倍増3倍増になると思います。ファッションモデルでも駆け出しの人と、ウォーキングその他叩き込まれた人では同じ人でももう別人。
なのでかっこいいアクションをひたすら研究してきた方達がどんなスーツでもかっこよく見えるのは必然かつ当然なわけです。龍騎などはキリモミしながらFRP素材バキバキ破壊してしまったそうですが、願わくばそのかっこいいアクションをなるべく阻害しない、動きやすいスーツであってほしいと思うばかりです。

style="clap"
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。