FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

前置きがすごく長かったのでよければとばしちゃってください。本文は折りたたみ以降。

先日来、献血ポスターの一件から主にTwitter界隈が賑わっています。わたしは「宇崎ちゃんは遊びたい!」はそう特別目くじらを立てるようなマンガではない、むしろ紳士的でなかなか宇崎ちゃんを女性として見ようとしない主人公を宇崎ちゃんが後輩という立場を利用して積極的に押しまくっている可愛いラブコメ、という立場ですが話はどんどん拡散していき、日本のアニメ・マンガは性差別的で女性は常に搾取されている、気持ち悪いしトラウマを刺激される、女性はコミケなんてなくなってほしいとすら思っているんだ! もう秋葉原なんか周りを壁で囲んでしまえ! みたいなことになってきています。最早宇崎ちゃんはどこかへ行ってしまって今槍玉に上がっているのはオタクそのもの。
表現の自由にもかかわる非常にデリケートな問題だったはずが、話の運びが雑すぎてびっくりします。で、こんなふうにざっくり、
「いい大人が真剣になるべきではない、くだらない遊び」
「なくなっても構わないもの、社会的に価値が低いもの」
 という扱いを受けるのは小説なんかは散々通ってきた道で、もちろん特撮でもしばしば起こっていることなので、ああまたこの展開かと思ってしまいます。

以前、こんな印象的なTweetを読みました。
わたしも女性の中には子供らしい趣味や遊びを否定され、そんな時間があるなら勉強しなさい、お手伝いしなさいと言われ、例外的に
・家事に役に立つ趣味(料理や手芸等)
・女の子としての価値を高めると世間的に思われる趣味(ピアノ、バレエ、人形遊び等)
のみを許されてきた人というのが少なからずいて、こういう人が他人の趣味にも否定的になるのではないかという仮説を持っています。フィギュアや鉄道模型を「片付かないから」という理由で処分してしまい、ゲームに集中している時に話しかけてきて、
「どうせ趣味を持つならもっといい趣味にしたら」などと言うのはだいたい主婦(妻や母親)だからです。そして男性は男性で、趣味を奪われてきた相手の前で趣味に没頭してみせたり、相手の無理解をあげつらい、
「女性にはわからないでしょうが」と言いたがったりする。どちらも無神経だよなあと。

一応社会学の看板をあげているなら、それはほんとうに性差別なのか否か、もっと丁寧な議論をすべきなんじゃないのかなあ。性差別をなくすことにはわたしも女の端くれなので何の異論もないのですが、同じくらい女の子にもずっといい感じの棒を持ち続けていられるような世界であってほしいと思っているのであまりにもざっくりしすぎる話はいい加減にやめてほしいなと思っています。
そんな夜に読みました。

御子柴くんと遠距離バディ(中公文庫)
若竹 七海

style="clap"
相変わらず電車通勤とは縁が切れたままですが、その代り時折、遠距離の出張が入るようになって、諸々捗るようになりました。家って落ち着いて本が読めない気がしませんか?
そんなわけで読み切った時に食べていたホテルのティールームのケーキの写真がこれ。

IMG_0518.jpeg

ポケミス(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)の頃からずっと読んできた大好きなシリーズ作の新刊にして最終作が、なぜか版元が変わっていて買いそこなっており、今頃の感想文。ついでに、もうとっくに読み終わっていたのに年単位で感想文書いていなかったフロストシリーズも。
シリーズ最終作の寂しさが、年の瀬に合う気がするのです。

泥棒はスプーンを数える(集英社文庫)
ローレンス・ブロック著 田口俊樹訳

フロスト始末 上・下(それぞれ創元推理文庫)
R・D・ウィングフィールド著 芹澤恵訳

style="clap"
いわゆるニチアサ(日曜日午前に放送されるのが恒例の「仮面ライダー」や「戦隊」、及び「プリキュア」などの少女向けアニメ)が本日お休みなのは以前から予告されていたのに、習慣とは怖いもので前夜どれだけ夜更かししてもその時間には起きるし紅茶など飲んで頭をしっかりさせつついざテレビをつけて、その段階でやっと
「そうだ、今日はないんだっけ」と気がつきました。
だからといってはなんですが久々に本日読了。本日午前4時頃にダウンロードして、うとうとしながら8時位までやってましたのでまさにほやほや。

Dead Reckoningシリーズ(Big Fish Games 発行/Eipix Entertainment制作)
女性殺人捜査クラブシリーズ(Big Fish Games 発行/Floodlight制作) 

style="clap"
雨が降ったり止んだりしながら、だんだんと夜が涼しくなってきたなあという今日このごろ。
北朝鮮からの3度目のミサイルが太平洋上に落下したとか、自由とポリティカル・コレクトネスの国アメリカの、ジゴクノカマノフタが開いたとか(パンドラの箱というようなしゃれた感じじゃないですからね)、物騒なニュースのなかでふと再読したくなった本。
↓は、この記事を書くにあたって文庫の解説を読んだ際、「興味を持った方はぜひ原書の表紙も見て。インパクトあります」とあったので、ぐぐってみたペーパーバックの装丁です。表紙がものすごいネタバレ。創元推理文庫はかなり配慮して装丁を変えたんだなあ。



青鉛筆の女(創元推理文庫)
著:ゴードン・マカルパイン 訳:古賀弥生

style="clap"
相変わらず更新をさぼっていますがこの2~3日、突然暖かくなってきましたね。
ひっそりとバレンタイン作戦を遂行したり子供の頃から好きだったアーチストの訃報に衝撃を受けたりしていますが、そんななかでもこれはメモしておく必要があるだろうなというこの3作品。

悲しみのイレーヌ(文春文庫 著:ピエール・ルメートル 訳:橘明美 以下同)
その女アレックス
傷だらけのカミーユ

style="clap"