FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

お好きな方からすると何を今頃言っているのかと言われそうですがはまったのが最近だから仕方ない。
ラノベ、ライトノベルのジャンルに「悪役令嬢もの」というものがあり、それをコミカライズしたものを今、読みまくっています。
ジャンル名がついているのは共通するパターンがあるからで、
・元は現代日本に生きていた女性が死後、
・生前プレイしていた乙女ゲームの世界に転生するも
・ヒロインではなく悪役令嬢のポジションであった
……という導入で始まります(もちろん様々なアレンジやパロディ的なものも多いので一概には言えませんが)。

乙女ゲームというのは実はプレイしたことがないのですが、なんとなく「サクラ大戦」の男女逆のものというイメージです。魅力的な登場人物が複数出てきて、プレイヤーはヒロインとしてその中の1人を選んで攻略し、様々なイベント(2人の仲を方向づけるできごと)をこなし、ストーリーを進めつつ恋愛成就までもっていく。実際にはファンタジーもあれば学園もの、歴史ものもあるはずなのですが、この「悪役令嬢もの」に出てくる乙女ゲームはなぜか、数百年前の欧州っぽい貴族社会を舞台にしたものばかりで、主人公が転生するのも貴族(それも家格が高い)令嬢が多い。
ヒロインのライバルですから性格・素行はあまりよろしくないことが多く、その行く末はバッドエンド(処刑・平民落ち・修道院送り等々)と決まっているものの、概ね優れた美貌や才能・品格の持ち主であり、若い頃から責任ある立場にふさわしい高い教育を受けています。この悪役令嬢が、ある時点までゲームシナリオ通りの行動を取りつつ、突如
・「わたしはこの先のストーリーを知っている!」と天啓を受け、
・待ち受けるバッドエンディングを避けるべく悪戦苦闘する
 (天啓を幼少時に受けた場合はこのパターンが多い)、
・もしくはバッドエンドによるダメージを最小限に抑えつつ第二の人生に挑む
 (ほぼバッドエンドに入ってから天啓を受けるパターンもある)
わけですから、それは面白いに決まってる。特撮で言うならメレ様や風のシズカ、エスケイプのように気位が高く美しい悪の女幹部が愛のために一途に生きるみたいなお話で、その高いスペックが痛快でもあります。「俺TUEEE」ならぬ「わたしTUEEE」というべきか。前世の記憶を用いる点はチートですが、とはいえゲームの登場人物にとっては絶対の運命に等しいシナリオに挑むのですから、困難を乗り越えていく主人公、という物語の王道もきちんと踏まえているのです。

style="clap"
愛知の例の芸術展をめぐるあれこれについては、もちろん
「芸術とは何か」とか
「自由とは何か」とか
「公金の運用にあるべきルールとは」とか
「公の場を政治的活動に用いる不快さ」とか
「危機におけるコミュニケーション」とか
いろいろな論点がありますが、わたしという一個人が最初に感じたのは
「あれが芸術なの?」ということで、流石に話題になって暫く経つと、美術界からその点についてコメントする人も出てきました。

「それ」について命かけてる人たちがいて、金を惜しまない愛好者たちもいて、と同時に、長年研究してきている人たちも多く、なかには権威と言われる人もいて、初心者の疑問にも応えてくれる。そういう世界をうらやましいな……と思う所以です。特撮ヒーローについては、研究者や評論家がいないなと。
いや、いないというのは違いますね。最新の特撮技術であったり、特撮作品独特の映像の美しさや監督ごとの作家性を解説する方・評論する方はもちろんいらっしゃいます。ただ、ファンとして
「これはどうなの?」みたいなことに、応えてもらえないことは時々あって、しつこいけれどもその一つが今夏に起こった、Gロッソセクハラ事件です。

style="clap"
寡聞にして知らなかったのですが例の間借りおじさんのことがタイムラインで再度話題になっていたので見に行った時、リプ欄にこのようなTweetがありました。

あんな人のことなんかどうでもよくなるような朗報(いやかれが本当に女児を育てているとすれば相変わらずのホラーですが)!
ぐぐったところ、プリキュア関連のブログに辿り着きました。

プリキュアの数字ブログ「特撮好き女の子にも朗報。バンダイがボーイズトイ、ガールズトイをやめてブランドデザイン部へ」

5年前に「女性特撮ファンに関して、タイムリーなニュース」という日記を書いたのですが、その時のことを思い出しました。もちろん今回の決定が、売り場にまで反映されるとは限らないのですが(上記ブログでも引用されている会社案内にはまだ「男の子向け玩具」等の文言がある)、とうとうここまで……とその第一歩に感慨無量です。過去記事のマギーちゃんにも、「フルタチさん」で泣かされていた彼女にも、間に合わなかったけど。こじつけかもしれませんが、Gロッソのようなことが起こる背景にも、「男の世界に首を突っ込んできた女だから」という認識がどこかにあるのじゃないかと思うんですよね。
フルタチさんに関しては棘を貼っておきます。

ライダーベルトを欲しがる女の子の映像を「子供の屁理屈」として紹介する番組に怒りと悲しみを感じる人々

style="clap"
6月に突如わき起こったGロッソヒーローショーにおけるセクハラ告発事件ですが、本日最終的な報告が、東京ドームシティ、及び東映東映エージェンシーの各サイトに掲載されました(肝心のTACサイトは6月時点の「告発があったので事実確認中です」のみこの最終報告を受け、更新されたのでリンクをはっています)。

内容に関しては7/6の中間報告とほぼ変わりませんが、ここで

・第三者による調査を経て「概ね告発通りだった」ことを再度認め、
・関与者6名について、委託先の5名も含め、全員処分が行われたと明言した

ことは大きいと思います。
前回の中間報告ではなぜかハラスメントを行った者を1+6=7名と誤読する人がいましたし、またその内容も
「東映エージェンシー社員はヒーローショーから外す」としか書かれておらず、他社従業員について言及できないのはわかるにしても
「委託先の5人はどうなったの?」という疑問を持たずにはいられませんでした。
なお、Twitter上ではシアターGロッソアカウントがしばらくの間本件にノータッチで何事もなかったかのようにショーの案内を続けていたため、不誠実ではないかとの声もあがっていましたが、上に貼っていますように今回は完全に広報と連動しているようでこれもよかったです。また不祥事はマスコミに取り上げられにくい週末に発表するのが企業広報のセオリーなのですが、今回の最終報告は週初めに行われている点にも誠意を感じます。

委託先の処分内容にある出演停止、という文言は非常に気になるところですが(演者も加担していたという意味なので)、問題のある人がヒーローショーから排除されたのであれば一安心です。被害者の方にとって納得のいく終わりであるなら外野として言うことはありません。一件落着と言ってよいのではないでしょうか。

style="clap"
先日、ある遊園地内でキャラクターショーを演じる方の1人が、熱中症のために亡くなるという事故が起こりました。
かねてから夏場の着ぐるみ演技の過酷さは知られており、ましてここ10年ほど、熱中症被害の数は増大する一方で、あれとこれとを考えあわせればいつかはこういう事故も起こるはず……と予測されていました。

以前、同様の事故があった際もわたしは日記に書いた記憶がありますが、その時には
「自治体のイベントという一時的な出し物のために、臨時で駆り出された人(臨時バイト、もしくは市職員等日ごろは別の業務をしている人)が慣れない着ぐるみをきた結果」
だろうと思っていました。
が、今回は通年でショーを行っている遊園地が舞台。着ぐるみのプロが起こした事故であり、単に不幸な出来事と言って終わらせていいものとは思えません。どこでも起こりうる労災事故としてとらえ、事例を集め、どのような労務管理が適切であるか、ショーに特化したガイドラインが作られるべきであると考えます。

参考までに、現在政府が発行している主な熱中症対応マニュアルとしては以下のようなものがあります。

学校などにも配布されている「熱中症環境保健マニュアル2018」(環境省)より
      「運動・スポーツ活動時の注意事項」
      「熱中症を疑ったときは何をするべきか」
「職場における熱中症予防対策マニュアル」(厚労省)

style="clap"