FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

高岩さん第二弾! 今回は告知もあったのでしっかり予約して観ました。

style="clap"
今頃気づきました! 不覚……しかしフジテレビFODで9/26 20:59まで無料の見逃し配信してたので観ました!
おおおこのクレジット……感動……
なお以下の画像をクリックするとフジの公式にリンクします。

l.png

「ルパンの娘」は当初面白そうな設定だと観始めて、でも結局恋愛だけなのか、というがっかり感とどうしても主人公の決め台詞、
「悔い改めな」のアクセントが気になって途中から観るのをやめていました。
伝説的な義賊、華麗なる泥棒紳士&淑女である“Lの一族”の一人娘・三雲華と、代々の警察一家の一人息子・桜庭和馬の恋。互いの身元が明らかになり、和馬の側にも縁談が起こり、一度は別れを選んだ2人――だったのですが。
今回、祖父・巌の非業の死をきっかけに、桜庭家との浅からぬ因縁、そして三雲家の宿敵の存在を知った華の決断。突如サスペンスフルな展開になっていて面白かったです。
高岩さんのご出演は開始43分から。だいぶ待たされました。
が、一瞬ですが大きくお顔が映りましたし、次週にも出番がありそうな感じです。次週は最終回なので観る。

ちなみに、「キバ」のときからずっと、瀬戸さんは前髪をあげないほうがいいのでは、という固定観念がありましたがいい感じに覆された番組がこれです。
同日追記。親切な方が教えてくださいまして、TVerでも観られたそうです!

style="clap"
サントリーが80年代、CANビールのCMに用いたのは可愛いペンギンのアニメ。
クラブのステージに立つ歌姫はナンバー・ワンアイドルの松田聖子さんで、その甘い声に独り聞き惚れて涙を一粒流すペンギンが主人公。
その程度の知識はあったのですが映画まで作られていたのですね。
突然の土砂降り&雷で外出もままならず何となく最後まで見届けてしまいました。

ベトナム戦争をテーマに帰還兵の心に残る深い傷と再生をじっくり描いたアメリカ映画風のシナリオ。
バブル景気を背景に豪華な声優陣。ヒロイン・ジルは亡き鶴ひろみさん。主人公・マイクが佐藤浩市さん。歌はCMに引き続き松田聖子さん。完全無欠のアイドルソング。大人気CMそのままの可愛らしいキャラクターデザイン。
資金的技術的な意味では、本気で作ってるな、と思います。キャストの皆さんの熱演がほんとうに素晴らしい。これを観て感動したという方がいても、不思議はないです。


ランボーも持ってたミリタリーダッフルバッグ

ただ度肝を抜かれたのは冒頭だけで(「え、この絵柄で戦争もの?」という驚きで)、後は
「どうせこうなってこうなってこうなるんでしょ」と思った通りの展開です。
突き抜けた狂気もなく、胸に迫る実感もなく、60~70年代に流行ったアメリカ厭戦映画のパターンをなぞりつつ
「こういうセリフかっこいいでしょ」
「このアングル、ぐっとくるでしょ」
 と飾り立てたような80年代テイストの軽薄さがいかにもそれっぽい。

念の為、わたしは軽薄で明るくて小洒落たもの、大好きです。80年代のコメディ映画は大体好き。
でも他所の国の戦争でこんなに軽薄に深刻ぶるのはどうなのかなあ。安全地帯にいる人間にこういうことやってほしくはないんじゃないのかなアメリカの人もベトナムの人も。やるなら日本の戦争でやるべきだったでしょう。
というのが気になって、わたしはこれは楽しめませんでした。

style="clap"
未見のアニメなのですが、そこからインスパイアされたらしい実写動画のほうを先に観てしまいました。
なので原作に比べてどうか、ということはわかりませんが、アクションかっこよくないですか?
バックパックいいなバックパック。
PART2では突然入る日本語も活きてます。アニメからとった音声かな。





一応ここにもプレイヤー貼ってますが大きな画面のほうがいいと思うので、ぜひクリックしてYou Tubeサイトへ。

style="clap"
日本の夏といえば戦争映画なのですが、ちょっと変わった趣向のこれをミリオタ2号の要望で観てきました。



なぜだか知らないけど海軍を舞台にしたミステリだと思いこんでいました。が、ぜんぜんそんなことはありませんでした。
菅田将暉さんがフィリップ(「仮面ライダーW」)に見えるのがいけない。
白組のCG、冒頭のすさまじいアクションはまさに特撮の華。

style="clap"