FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

agito.jpg俺はやったぜ!やったぜ!
大団円を迎えました。

それにしてもこの頃は51話まであったんですね…よく考えれば尺がたっぷりで、すごいです。
きっちりと1人ひとりの人生に蹴りをつけ、最終回には熱い戦いをたっぷりと見せ、そして最後は笑顔に、と。
こんな王道なラストに続くのがあの殺伐とした「龍騎」、そして切なすぎる「555」だとは…と、すこし呆然としたくらいです。いやよかった。
東映公式も異様に熱いです。
孤独と絶望の果てに光を見出し、自分と同じ絶望に陥った者には手を差し伸べる涼の、限りない優しさ。
どこまでも愚直に正義を求め続けた“ただの人間”、氷川の不器用さ、まっすぐな武骨さ。
そして、与えられた巨大な力に呑みこまれそうになりながらも、人々の心を守り続け、ついには自分の居場所をも得た、翔一の大きさ。
一大叙事詩のようなスケールの大きさ、構成の見事さはもちろん、何よりこの三者三様の強さが、実に魅力的なシリーズでした。特に氷川の強さは最終回に来て大爆発しました(比喩です)ので、その印象がひときわ強く残ります。
小沢澄子のヒロイン像も素晴らしい。その強気さも才気も。それだけなら鬱陶しい上司かもしれませんが、時に鼻っ柱をへし折られ、へこみ、焼肉とビールで立ち直れる、その逞しさが愛嬌になっています。大好きです。
ふだんは子ども扱いしている部下の、その純粋さ、強さを正面から尊敬しているところも。

さそり座事件がしばしば蛇足あつかいされたのは少し、わかる気がしますが、それでも可奈のエピソードは、翔一と沢木の赦しにつながり、必要だったと思います。

style="clap"
| ホーム |