LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
軽々にお悔やみの言葉が書けないような、そんな方が…

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

■関連過去記事⇒「少年マガジン『仮面ライダーをつくった男たち』第2話
スポンサーサイト

style="clap"
グーグルニュースは関心のあるキーワードをあらかじめ入れておくとアラートで
「おたくの会社、こんな記事出てたよ」
「あの商品、ここでも報道されたよ」
などと教えてくれるわけですが、わたしは当然のごとく「仮面ライダー」と設定しています。スポーツ紙等は残念ながら情報が遅いんですが、以下は読売新聞に昨日出ていた記事。のさわり。

「仮面ライダー」幕切れ、続きは映画なんて…

 テレビ朝日が8月30日に放送した特撮番組「仮面ライダーディケイド」の最終回で、本編終了直後に同作品の映画告知を続けて放送したことについて、同社の早河洋社長は、29日の定例会見で「表現方法として不適切だった」と発言した。

(以下maki略・2009年10月30日07時00分 読売新聞

わたしも
「終わってNeeee!」と突っ込みを入れたくなった「ディケイド」第31話だったのですが、BPO青少年委員会にかなりクレームがあったのですね。それはそれで
「無料で観ているテレビ番組でそこまで怒るか?」と思わないでもないのですが、本文を読むとテレビ朝日も
「終わってないのに最終回と銘打った」
「番組と劇場版が地続きであるかのような予告編を流した」
ということのみ不適切だと認めているようで、視聴者が問題視していた
「放映枠内で話を終わらせず劇場版へ誘導した」点については謝罪しておらず立場としてはイーブンな感じ。

後者は「冬の陣」を盛り上げようとする東映・テレ朝の戦略だったのでしょうから(見ていればSHTの劇場版がコストパフォーマンスの高い金のなる木扱いされていることはわかりますし)、そこは譲れないのでしょうね。

なんかもっと、お互い
「肩の力抜けよ」と例のコピペを貼りたくなってしまいます。
拍手レスです。

>まりりんさん

アドバイスありがとうございます!わたしは実は発熱している状況は結構好きなのでw解熱剤は休む余裕があるときは使わないのですが(そのほうがすっきり治る気がします)、そういう心配があるのですね。
インフルではなくやはり咽喉の腫れでしたので無事復活いたしました。

コメントなしの皆さまも、いつもありがとうございます!

style="clap"
深夜にニコ厨です。「公式が病気」というタグがこんなに似合う動画もないですね。
ベリアル様の最強ルームからどうぞ。

以下過去のやつ。




style="clap"
この間から咽喉がはれてたのでそのせいだと思うのですが夕方から熱が出てふわふわ気分です。
下戸なのでよっぱらいというのはこんな感じかなあと思ったりしています。

独りで布団の中でぼんやりしていると忘れていたこととかふいに思い出したりするのでちょっと書いておきます。支離滅裂かもしれませんが済みません。

たぶん小・中学生くらいのころから実際に目にしてきているのに、いまだに理解できない人の感情というのがいくつかあって、その一つが「嫉妬」です。

他人と自分を比べること、これはよくないことですが子どもがやってしまうのは仕方ない、ですよね。
自分がそう思わなくても大人がナチュラルに比べています、兄弟や近所の子どもの中で誰が優秀か、誰がかわいいか、誰の育ちが早いかと。
自分より優れた子のことを、大人たちが誉める。それを見聞きして、
「あの子はいいなあ、うらやましい」と思うことはわたしもありました。

大人になってもそうです。
いつもではないですが、自分がこうありたい、というものを体現しているような人に出会うことがあります。もちろん、そんな時
「いいなあ、こんなふうになりたかった」とわたしは思うし、賞賛するし、好きになる。そして、それに比べて自分はと、落ち込むわけです。

でも、それが相手に対する敵意になったことは今まで一度もないんです。
いい子ぶっているわけじゃないし、自分に自信があるからとかいうのでもない、それはほんとうに、子どもの頃からまったく理解できない感情です。

自分より優れた人を嫌えば、自分が優秀になれるんでしょうか。自分より可愛い人を牽制すれば自分は可愛くなれるんでしょうか。もしそうなら、わたしも嫉妬するかもしれません。
でも関係ないんですそんなの。
好きになった人に恋人がいて、その人を追い落とせば自分が好きになってもらえるのかといえば、それとこれとは話が別。
身近にいるからって、競争しているわけじゃない。トップランナーが転んだって、自分の順位が上がるわけじゃない。

同じような状況にいると、つい比べてしまうけど、あの人とわたしは赤の他人です。わたしとあなたとも、赤の他人です。
自分の地位を上げたり、自分のほしいものを手にしたりするために、他人は関係ないんです。

いやまあ、だから何なんだって感じですが。
拍手レスです。

>ナノちゃん

変な日記の後でのレスでごめんなさい。たぶん熱だけなので、寝てれば治るんじゃないかと思います。治さないと明日はゴミの日だ…
モモにお見舞いありがとうございます。うれしかったです。

style="clap"
例のDVDについて、

「今週中にも発売日がお知らせできるかもしれません」

だそうです。ああこれは何といういけず。チラ見せ反対。

style="clap"
自分用のメモ。

■オフィス・ワイルド
・10/24(土)9時20分~
 「あさパラ!」(読売テレビ)、「息子に会いたい」のコーナーで近藤さんがご出演
 ※「今日関西であるらしい」みたいな告知で手も足も出ず。
  まあ関西なので分かっていても見逃した気がしますが…
  でもワイドショーで取材受けるとこんななんですよ←放映日確定しない

■伊藤慎さん
・10/26(月)21時~
 「東京DOGS」(フジ)
 スタートから12分くらいの、バーでの小栗さんの格闘シーン?
 ※何とかして見たけどコマ飛びしちゃってよくわかりませんでした。「交渉人」も見損なったしなあ。
  このところ伊藤運がありません。

style="clap"
この方のブログはファン心理をとらえすぎてて時々めまいがしそうなんですが、この度
「皆さんのご質問に答えます」という企画をされています。
なんでも、というわけにはいかないでしょうが、ただ今質問受付中。
わたしもちょっと考えてみましたがへんな汗をかいてしまいました。何を聞こうとしているのか。
fogさんご健闘を祈ります。

style="clap"
GIGAZINEの記事が面白かったのでメモ
ダースベーダーランタンすごい!アダルトランタンは自重w

kabotya.jpg

うちのランタンは使い回しですよ。写真は2年前のやつ。誰かWランタン作ってください。

no5_169.gif

style="clap"

Photo by kazamatsuri

ストーリーとしては推理的要素も何もなく予定調和的だったのですが、その分何も考えずに楽しめました!
高岩ダンス再び!
…なんかストリートダンスというより気持ちカポエラっぽかったですが、予告にもあったライダー版ヘブンズ・トルネードが絶妙なアングルでこれがまた。
このところMJに浮気しっぱなしで、それでつくづく思うのですが、体型の美しさというのはダンスのすべてではありませんけれども、やはり見る者に与える感動という点で大きく影響しますよね。
ここで高岩さんへのセクハラはしませんけどね…ってもうしてますか?
いや実に美しかったです。
あと、高岩さんは身体のキレももちろんですが体軸がとてもお綺麗なので、ちょっとした動きだけでも目を惹かれてしまいます。苦手とかおっしゃらずもっとやってほしい。
そして、結果的にはフィリップの傾倒と翔太郎の戸惑いが絶妙に混じった感じのダンスになっていて、R電王より役に合ってる気がしました。

ちなみに
「ダンサーは強い」とはマス大山も言ったとか言わなかったとか。
格闘には勝負勘とか痛みへの慣れとかも影響しますけど、とりあえず体力面ではダンサーは強い、らしいです。

サブタイトルの「ダンシング・ヒーロー」はわたしは前にもお話ししたオーストラリア映画が浮かぶわけですが、ぐぐるとどうやら同名のヒット曲があったようです。
いずれにしても今回はまんまですね。
ダンシング・ヒーローすなわち踊る仮面ライダー。
ダンシング・フラワーすなわち踊るフラワー仮面。

画像はブログ画像ゲッターより。内容と全然関係ないのですが。
なお作中で出てきたゴキブリさんのマンガ、「風都 仕置き人疾る」(studio G-K)はテレ朝公式で公開中

style="clap"
自然すげー
雲の写真なんですけど。
同日追記。もう一つ。「idea*idea」taguchiさんが紹介されてました。
昨日付でうpされていますがニュース映像でしょうか…?
「モスクワ市民はエイリアンの巨大母艦であるかのようなこの奇妙な形状の雲に怯えた」とありますね。
自然すげー。

11/7追記。youtube動画が見られなくなっていたので貼りなおしてみました。

style="clap"
…いや「ディケイド」の話題なんですが、井上さんと村井さん、ほんとにライダー好きなんですね
桐山さんもトークショーではBLACK愛が炸裂されていたようですし、こういうのってうれしいですファンとしては。
アフレコも終えられたとのこと、あとは12月の映画を待つばかりです。
「ゼブラーマン」も頑張っていただきたい。応援しています。
同日誤爆修正。

style="clap"
特報をご紹介していたので予告編も。
ひとつショックだったのは、ベリアル様のお名前、「ベ」にアクセントを置いて脳内で呼んでいたのに、正しくは「ア」にアクセントが来ていたこと。

ORICON STYLE

style="clap"
サイクロン!ルナァッ!みかんです。
10/24追記。誰か突っ込んでくれたら書こうと思っていましたが突っ込みが来ないので自分で書く。

(; 火) 「翔太郎、お前、余ってるだろ…」

style="clap"
アメブロの企画らしいのですがちょっともらってきました。
5人分の名前を入れると適当に変なゲームの設定をしてくれるみたいです。こんなふうに。

※この結果は期間限定のゲームキャラクタージェネレーターで作成されたものです。



※この結果は期間限定のゲームキャラクタージェネレーターで作成されたものです。


実在の人物に名前が似ているのは偶然であり何の関係もありません。
なんでアナウンサーや見物客まで場外乱闘してるんですか。

ちなみに、偶然なんでしょうけど最初さんづけしてなかったらせいじさんが冷たくて冷たくて。
makiに一切矢印が向かないか、もしくは
「めんどくさい」の一言でした。いやまあそれはそうなんでしょうけども。
何度かやり直してようやく無難な結果になったので貼ってみました。
ゲームタイトルは「makiの拳」とか「makiの勝つまでやめません」とかいろいろありましたよ!
期間限定らしいのでやってみたい方はお早めに。

style="clap"
「いとさん」呼びにきゅんときました。どうしよう夜中にこんな。

一日以上前の更新なので皆さん既にご存じだと思うんですが、タイムレンジャー(イエロー)、和泉宗兵さんの「デヒのブログ」に伊藤慎さん。
写真大きいので未見の方は覚悟してからどうぞ。
同日追記。携帯では見られないくらい写真が大きいそうです。失礼しました…

style="clap"
…らしいぜ。

以前もちらりと書きましたが週末から週頭にかけて、京都太秦の映画村では
・シンケンジャートークショー
・シンケンジャー公開録画
が行われていまして、わたしのお友達も何人かいらしていたようです。

あ、詳しくありがとうございました!(私信)

実はこの公開録画、劇場版撮影の影響でスーツでの撮影は行われないという話も流れていたのですが、それでもブログをめぐると
「お茶屋さんの前で黒子さんたちが顔の前の布をあげて待機してた」というレポが。
どうやらドラマパートの黒子さん役で参加されていた方々が、ラッキーなファンに目撃されていたようです。夜は屋根の上も走ったとか?

2ch情報も合わせると今回京都にいらしていたと確定したのは当ブログ的に
・蜂須賀祐一さん
・神尾直子さん
・金田進一さん
…の3人()。

松村カメラマンが気さくだったりトークショーでは千明こと鈴木さんが北島マヤ級の記憶力を発揮したりと、今回もいろいろ羨ましい要素たっぷりの太秦だったようです。
ああいつか見たいなあ、SHTの公開撮影。
同日追記。もうお一方いらっしゃったのですが、目撃者の方が自信無さげなので不確定なことを書くのはやめました。わかり次第また修正するかもです。

style="clap"
ところで昨日のイベントはすごかったようですね。詳細は柴原さんのブログにて。

そして今週の「W」。


Photo by midorisyu

ここで終わりかーっ!

サブタイトルの「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」は「女を探せ()」と「女はそれを我慢できない」から取っているんでしょうか。まさに我慢できないフィリップの我儘で、たびたび窮地に追いやられてしまう今回のW。
水着がなくてもまっぱでも、戦いにおいては
「集中しろ!そんなことを言ってる場合か!」と仲間を一喝したバレットを見習ってください。そして彼らに速やかにパンツを供給する皆本を見習ってください。
翔太郎は窮地を脱することができるのか、そしてフィリップは念願のダンスを目撃できるのか。

見どころその1:ミック様
見どころその2:B.S.I.(ベイカーストリートイレギュラーズ)よろしく物語を彩る風都イレギュラーズに、また新しい顔ぶれ登場
見たくない見どころその3:コックローチドーパントの造形…いや実にあれを思い出しますね。

写真はブログ画像ゲッターより。
そして来週は高岩さんも踊る?

「Cherchez la femme(シェルシェ・ラ・ファム)」は古いミステリに頻出する言い回しです。
 アレクサンドル・デュマが言ったとかジョゼフ・フーシェが言ったとか。いずれにしても古い。

style="clap"
今年はほんとうに何という年なんでしょうか。
過去に戻りたいと思わせられるできごとが、こんなにも続くなんて。

加藤和彦さん、ご冥福をお祈りいたします。

style="clap"
最近
「どこそこのブログに誰さんの写真が!」というのを書くのは控えようとしていたんですが(もちろん押川さんのスマイルも)、レアだから許してください。
皆いますぐ麺ブログを見よ!

…確かに羽田可動橋っぽい…

style="clap"
以下、FC2ユーザー以外には関係のない愚痴で申し訳ありません。

半年以上前、わたしがFC2ブログにリクエストしていた件なのですが、最近、「重複・見送り」のステイタスになっていました。

あくまでお願いである以上、NOと言われるのは仕方のないことですが、その理由が「重複」扱いなのは疑問です。
おそらく重複を指摘したユーザーは単に「ブログ拍手」「FC2拍手」の言葉を見て(このややこしい…というより言葉の使い分けをまったく考えてないネーミング自体、旧来のブログ拍手つぶす気満々に見えていやですが)、
「前にもこの件見た」と判断されたのでしょう。
そういう方がいらっしゃるのは仕方のないことだと思います。

でもFC2には異なる件だとわかるはずなんです。
ろくに読みもしないで、重複の指摘があったから重複、と機械的に処理されたような気がしています。

同じニーズに対して、確かに以前、AさんがAという対策(ブログ拍手にもFC2拍手と同じ機能をつけてほしい)をリクエストされていて、わたしもそれに賛成しました。
ただAについて長いこと採用の動きが見られないので、
「Aが難しいのなら、せめてBはできませんか」と別の案(FC2拍手にブログ拍手の過去データを反映できるようにしてほしい)を出したんですね。で、このB案に、AさんはAさんで賛成してくださっていました。

ニーズが同じならリクエストも重複?それも乱暴な話だなあ…

ただまあ、反対者はゼロでしたがとにかく賛成者数が少なかったので、どちらにしても通らなかったんだろうとは思います。これは仕方ないですね。
ということで、拍手お礼画面のカスタマイズとか、お客さんに評価していただけたエントリのご紹介とかが今もってできませんが、そのために今まで戴いた拍手データ、コメントを「なかったこと」にするのはやっぱり嫌なんです。
こうなったらAさんの案が通るのを待つしかないですね。

あと…書き込みの日付(2030年10月15日)、確かに変です。
しかしわたしがそんなところ操作するメリットも手段もないわけで、
「重複だし日付もおかしい」と指摘されてもどうしようもないです。
たぶんサーバがおかしかったか何かだったのでしょうし、といって後からリクエストした人が修正・削除することもできないようになっていますし。
些末なことですがコメントに対する返答ができればいいのに、と思った件。

style="clap"
どうも、シマアジしゃぶしゃぶ、思っていた通り美味で腹んなかがぱん…いっぱいのmakiです今晩は。
皮がもうコラーゲンとろっとろでした。いいおだしが出たので、明朝のおみそ汁も贅沢なものになりそうです!

ところでREDのブログ最近全然更新ないなーと思っていたのですが、サイトの掲示板のほうで展開されていたのですね「矢部ing」は。ほんとうにまめでいらっしゃいます。
「新堀ing」の利用しているブログサービス=FC2は更新頻度が落ちると広告が目立つ位置に出て何だかわびしいので、矢部さんがブログ担当になられるべきだとふと思ったり。
2~3か月前だったか?某特撮番組で中村さんと共にお名前を拝見して、ああお元気そうだと思ったのを思い出したり。
Tシャツではそろそろ夜は寒いと思います。ご自愛をお祈りしております。

今ちょうど舞台中なんですね。連休に行けばよかった。いつも後で気づきます…

あ、全然関係ないけど、もうすぐテクノクラティ・ジャパンのサービスが停止するとのことなのでサイドバーの「テクノクラティのお気に入りに登録する」は消しました。
あれが撤退するなんて、やっぱり日本は市場として特殊なんでしょうかいろいろと。

style="clap"
この間から謎のカウントダウンをされていると思ったら、
「ブログスタートからちょうど3か月=1クールとなったので終了」と書かれてありました。
早っ!
でもあのテンション(楽しみに拝見していました)を維持するのはたいへんかも。

「またその気になったときに再開するかも?」とも言われていますので期待してます。

style="clap"
サバの竜田揚げはいいアイディアだと思いレシピを調べたりしていたのですが今日は敵(シマアジ)の圧倒的な物量攻撃の前に完璧に打ちのめされ、力尽きてしまいました。

はかってみたら3kgあり、しかもこちらも全身脂ののりまくったお年頃。
とりあえず半身だけで
・刺身
・薄造り
・兜焼き ← これが一番人気
・中落ちをたたいて少しショウガも入れたシマアジしんじょのお吸い物
・皮の素揚げ
…をつくったのですが、もうお腹いっぱいで倒れそうになりました。
美味しすぎ。そして、デザートのみかんがさっぱりするー。

ほんとうに脂がのってるので、明日は残りの半身はしゃぶしゃぶで、さっぱりといただくつもりです。
明日もシマアジ地獄。ああメジナはどうしよう。サバどうしよう。

style="clap"
久々ブログパーツの話題です。

Twitterの「つぶやき」を自分のサイトに表示するウィジェット、これまで「TwitterBalloon」を使っていたのですがこのところさっぱり表示されず、作者の方のサイトにもアクセスできなくなってしまっています。しばらく待っていたのですが状況が変わらないので、もしかしたらサービスを停止されたのかも…

ということで今朝からこれに代わるものをずっと探していまして、初め公式のものをつけてみたりしたのですが妙に立派すぎて、気にいらず。
ブログパーツ紹介サイトをあれこれ見て、この(↓)「TwitterPin」にしてみました。
w165×h100という小ささ・可愛さにやられましたが、@メッセージ(特定の人に向けて送ったコメント)が表示されないのもシンプルでいい感じです。
以下は使用例(ただの画像です/クリックすると「TwitterPin」配布サイトへ)。

Twitterpin

なお今回、公式もそうだったのですが、「最新のつぶやき」を表示した後はどんどん過去に遡ってこれまでのつぶやきが流れるようになっています。
すなわち、今までの表示位置(ブログのだいぶ下の方でした)だとこの「TwitterPin」に目を留めていただいた時にはもう、最新のつぶやきは流れてしまって見られないということに。

ずっとちら裏的なことしか書いてないので最新にこだわることもないのですが、一応表示位置もサイドバー一番上にあげてみました。ステイタス表示的な感じで見ていただければ幸いです。

style="clap"
本題に入る前に今、「面の芝居」と打とうとしたら「麺の芝居」って出ましたmakiですこんばんは。
舞台の間にどんどん膨張していって、始めと終わりで体積3倍になってる芝居。どうでしょうか。

タイトルの件について中川さんのスタンスを説明する記事が、今日のmotoブログにあがってました。
関心のある方は必読ですね。

まとめてしまうと、精神論としては
「特別に面の芝居というものはない、面をつける仕事も他の役と区別していない」ということを仰っています(と思います)。

ただ、技術論としてはそれ自体独特のノウハウがあり、高岩さんの各誌でのインタビューはそういうことを仰ってるはずなので、そう思って読むと矛盾はなく、ああ皆さん同じことを考えていらっしゃるのだなと思いました(殺陣だって現代殺陣と時代殺陣がありますが、後者は刀の扱いだけでなく着物の裾さばき等もできていないとだめですから)。

わたしとしては、特撮ヒーロー番組において
「人でないものを演じる」というのはものすごく創造力に富む仕事じゃないかなあと思うんです。
ヒーロー&改造実験による怪人の、人でなくなった哀しみ、そして人知を超えた力を得たことへの興奮って、実際には誰も経験してないことですよね。似た経験をした誰かを参考にして、想像するという手がかりさえない。

そもそも怪人も怪獣も、誰も見たことのないもので、何が“らしい”動きなのか、どういう表現をすれば誰もが納得する心理描写になるのか…結果としてはとても人間くさいお芝居にだいたい皆さんなっていくのが面白いのですが、一方でショッカー戦闘員の
「イィーッ!」しか言わない、まるで人間性というものを喪失してしまったかのような不気味さというのも、すごいな、よく考えたなあと思うわけです。
まあこれについては面をつけないお芝居の幽霊役とか、魔法使い役、みたいなものと共通しますが、そうした役を一年中演じている人はそう多くはないのではと思います。

要は、そういうお仕事に年がら年中取り組んでいる方達のアクトリーグは、それはすごそうだと。
以前にも中川さんは
「高岩さんをアクトリーグの舞台に上げたい」と書かれていましたが、実現すると…観客席が死屍累々かも。ちょっと想像してみただけでくらくらします。

style="clap"
わたしが連休中ごはんも食べずに好き勝手できたということは、ごはんくらい食べろとか言う同居人sがいなかったということで、では彼らはどこに消えてたかというとまた釣りに行ってたわけです。
というわけでお土産はそれぞれ良型のカイワリ・カツオ・メジナ・シマアジ!
爆釣は言いすぎですが、そしてイカはことごとくキャンプ場で食べてしまったというのが悔しいのですが、それを聞かなかったことにすればうれしいお土産。
そしてこの錚々たる顔ぶれに遠慮しているかのようなサバ3匹。

さっそく今夜はカイワリの塩焼き&カツオの刺身を食べました。
毎度写真がなくて済みません。いつも先に食べてしまって後悔するタイプです。

戻りガツオがめちゃくちゃ脂がのっていて、捌くとワタすら脂まみれだったのに驚愕。
内臓脂肪なんでしょうかこれ。
ショウガのおろしたのと醤油でさっぱりと食べるとちょうどいい歯ごたえと旨みのバランスで良かったです。
カイワリはまあ、今回は普通に美味しい、という感じ。
普段は超美味な魚だと思っているのですが、これはもしかしたら近似種なのかもしれません。背びれがすこし、いつもと形が違うんですよね。

明日はシマアジです!ちゃんと釣れた時点で活き〆されています。とても大きいので刺身だけでは飽きてしまうかも…どうやって食べようかな。
完璧にサバが余計なのですがこれもどうしたことか。

そしてさっきからもう一つお土産=ヤドカリが金魚鉢のなかで散歩しようとかちゃかちゃうるさいのですがこれもどうしよう…食べ…ませんよね?

style="clap"
「買ったんだ?ステップワゴン」
「いいだろう」

ということで10/9にホンダの青山の本社でNEW STEPWAGONが発表され、10/10よりCMがon airされているわけですが、そのキャラクターが何と、ウルトラ家族!

新聞記事を見ると、当日の発表会に来ていた顔ぶれは
・ウルトラマン
・ウルトラセブン
・メビウス
・レッドキング
…だったようですね。CMのほうは家族がテーマなので父母メインで勢ぞろいです。

今回のウルトラ家族CMはシリーズ化されており、ホンダのサイトでは、
「新登場編」
「大空間・低燃費編」
「隠れるシート・エコアシスト編」
が観られます。さらに、ステップワゴン・スパーダのCMとして10/22から
「恐れる怪獣編」
がon airとのこと。

ホンダのサイトはCM本編もさることながらメイキング、そしてウルトラ劇場が実に面白かったです。まあスーツアクターの皆さんは露出していませんけどね。
346さんがブログで「探して」という趣旨のことを言われてますが、普通に考えるとメビウス?
ウルトラの皆さんを体形で見分ける眼力をお持ちの方、ぜひご意見くださいませ。

style="clap"
金田進一さんの先輩が気になりながらも2chスレ見て声出して笑ったり(いやまさに夕べ、才能の無駄遣い的なスレを見つけて過去スレからずっと読んでました)、先日のお題、「とられない 傘」で、アンブレラドーパントを思いつかなかったりしてたわたしはもう立派な俳人…てひねもすのたりのたりかな。
ちゃうわ、廃人かもしれません、こんばんはmakiです。

この間お知らせした「21.0 WIND WAVE」、日曜お昼に開局してました。皆さまもう聞かれましたか?
今に公開放送とかそういう展開になるといいですね!

園咲若菜のヒーリングプリンセス

130%の元気、って癒しなんでしょうか…若菜さん私生活話しまくりですね…しかし、かわいい。これはフィリップ君はまります。
今回は各コーナーの紹介とメール募集、そして「風占い」で終わり。
アイドルとして若菜さんも歌うらしいです、楽しみですね。
なお占いはラッキーな星座を「追い風さん」、アンラッキーは「向かい風さん」というのが地味に上手いと思いました。

FU-TO Hit on Groove

音楽番組ですが、DJの名前が「HURRY KENN」=ハリケーンというあたりが風都。
こちらもメールでリクエスト等ができる模様。ぶっちゃけてますね処理が楽とか。
そして「W」主題歌を聞くと高岩さんの足首を思い浮かべてしまう自分がもうどうしようもなくだめです。
でも浮かんでしまうものは仕方ないのです。

向い風一本勝負!!

「漢」がテーマらしいです。ジングルがものすごく暑苦しいです。
「風都」ということで爽やかな、涼しい人格の持ち主を連想してはいけないわけですね。「漢」は熱いんだと。
九州出身・つよしと3歳から関東・あやの両氏のかけあいが、昔懐かしい深夜放送の趣です。
やはり今週はコーナー紹介&メール募集で終わり。とぅるんじゃなく、それはカラザって言います。

ぜんぶこれから1年放送されるんですね。更新頻度がわかりませんがたぶん週一なのでは。
そして番組ホームページのメルフォからメールをお寄せください!とそれぞれの番組で言ってるんですが、メルフォがこれを聴いてる21:27時点で見当たらないのは仕様ですか。

style="clap"

Photo by june29
MJtuneがなんか宇宙やばくて、昨日は聴いているだけで何時間でもトリップしそうになりましたmakiですこんにちは。いくら廃人生活だといってもやばすぎる。
何時間踊っても疲れないしお腹すかないし、元々声フェチではあるわけですが、中毒性の何かが出てますよあれ。

そんなわけで進一さんブログの具だくさんのあれを気にしながら観た「W」。
ストーリーとしては予定調和的だったのですが、萌え映像が多かったですね。未見の方はご覧になったほうがいいと思います。
見どころは

・なると
・婿()との遭遇
・お酢
・頭なでなで

の4点。霧彦さんのセリフがとてもよかった。この人はヒュンケル的な何かになりそうですね。
「ヒート×トリガー」「ルナ×トリガー」の使い分けも、それぞれの機能は予想通りでしたが、それぞれの戦闘条件に応じた戦い方という感じで、こちらも観ていて楽しかったです。

しかし子どもを1人外に呼び出しておいて、挙句
「怪人にさらわれました」っていうのはセキュリティでなくてもものすごい失態なんじゃないでしょうか。そして犯人の要求なんだろうとは思いつつ、みやびはなぜ1人で出向いたんでしょうか。
Wになってフォローしたとはいえ、これって警護の仕事をしたと言えるのか?と気になります。翔太郎が後で前金返還を要求されてなきゃいいのですが。

関係ないけど霧彦さんはプリキュアファン…らしいぜ。おのれディケイドォォ!
 画像はブログ画像ゲッターより。

style="clap"
シルバーウィークの暇再び。
今回はいきなり色んな用をキャンセルされたのでほんとうに手持無沙汰です。
趣味の小説も、週末は書けないからと昨日仕上げちゃったし、買い物も読書もあれもこれも以下同文。3連休はまた廃人状態になりそうです。

それはまあいいのですが、夜になってからじゃなく食料品買い込む前に言ってほしかったな。

わたしは自分1人分のごはん作るのめんどいんです。それくらいなら食べなくていいくらい。
なのでさっそく今夜から料理してないわけですが、でも材料買ったからには明日か明後日には冷蔵庫の中身をなんとかしなきゃいけません。

いまお腹を空かせた人が
「食糧を分けてもらえませんか」って言ってきたらこの食材喜んでわける。すでに炊けているこの白ごはんもわける。
つくってあげる、という方向に行かないのが我ながらだめですね。
そして「いま」って夜中のこの時間にって意味じゃないですが。
「いま」といえば、さっきから玄関のほうで変な音がしてこわいです。

ああ、太秦映画村のシンケンジャートークショーや公開撮影がこういうときあればいいのになあ、とまたしても勝手を言ってみる。
「頭のないモモ」騒ぎをご存じの方はおわかりだと思いますが、わたしも以前、たまたま映画村行った日にある時代劇の公開撮影をやっていて、ものすごく近くから見学できて驚いたことがあります。
キャストファンの皆さんには見逃せないイベントだと思いますよ。
ちなみにリンク先は新しいイベントが企画された時は上書きされるんじゃないかと思います。
urlがなんかそんな雰囲気です。

style="clap"

Photo by BONGURI
皆さま台風は大丈夫でしたか?すごい風の音でしたね。
こちらでは二度寝したら(低気圧って眠くないですか)もう通り過ぎていったようなお天気になっていたのですが風はまだまだです。ニュースで電線切れてるのを見ましたが怖い。これからの地域の方、事故にはくれぐれもお気をつけください。

今日は引き籠るつもりだったので朝から自分のブログを見に来たら、先ほど65万アクセス確認しました。
いつも寝言のような記事を書いていて申し訳ない。結局わたしは、好きに任せているとろくでもないことしか書けないのだなとつくづく思います。
にもかかわらずこんなに多数の方に来ていただけましたことに、心より感謝します。ありがとうございました。

60万から早かったのは、先月の「JAEイベント」&心臓に悪かった「高岩さん期間限定ブログ」、そして9/30の「笑ってコラえて」関連の検索でいらした方が急増し、それがスピードアップにつながったからだと思います。
なのでもう、あまりとっぴなキーワードというものはなくなってきたのですが(ほとんどが「高岩成二」で来られていますし)、今回のお題はこれ。

「とられにくい 」!

これでどの記事がヒットしたのか見当がつきませんが、確かに快適な人生を送る上で大事なテーマですので、わたしも及ばずながら考えてみました。

まずは「変な傘」。
以前わたしは一度だけ、白・金・赤・青・緑・黒…と、戦隊か!と言いたくなる原色&多色使いの傘を持っていましたが、これはほんとうに盗られませんでした。服装等モノトーンが好きだった頃で、何だってそういう傘を買う気になったのか、今では見当もつきません。たしか天寿を全うしたと思います。
逆にシンプルなビニ傘や上品な傘というのは、紛れやすいので盗りやすいのでしょうね。まあ、傘泥棒が躊躇するほど変な傘、と考えるといやですが。

そして、平凡ですが「肌身離さずにいられる傘」。
某ネットの傘屋さんは傘を購入すると必ず、傘ケースをつけてくれていました。この傘ケース自体を持ち歩くことがなかなかできないのが困りどころでしたが貴重な発想だと思います。
数年前に購入したあるアウトドアメーカーの折りたたみ傘も防水性のケースがついていて、これは屋内に入る→傘をたたんでケースに入れる→バッグに収納、という流れになり、今も盗られずに愛用中です。

番外は、「傘を使わないライフスタイル」。
無理だ、と言われそうですが学生時代は結構これで通してました。
傘を持ち歩くのが嫌いなので外出先でよく降られたのですが…まあこれは少々の雨宿りは平気という、時間がある人か、雨が降ったらタクシー!の人限定ですけどね。

しかし今回は風台風なので、盗られる盗られない以前に傘は危険でしたね。
レインコート&レインハット、というのが本当は大好きなのですが、電車に乗ったりお店に入ったりできないのがネック。
以前テレビで見た超撥水性生地(一振りすると水滴が完全に落ちてしまうので電車の中に持ち込んでも周囲の人に迷惑をかけない)で、傘じゃなくレインウェアを作ってくれるといいのにな。

style="clap"
                         ゚.ノヽ
                        、-'   `;_' '
                        (,(~ヽ'~
                        i`'}
                        | i'
                     。/   !
                    /},-'' ,,ノ
            ,i' _,,...,-‐-、/    i
             <,,-==、   ,,-,/
            {~''~>`v-''`ー゙`'~
             レ_ノ

          , 彡ハ,,ハ ミ
         ( ( ((..゚ω゚)) ) )
          ヾヽミ 三彡, ソ  うおおおおおおおお
         / )ミ三彡ノ
         / (ミ 彡゛
         / \ゞ

AAずれてたら済みません。
2号は明日は休むそうです。明日ってそんなにすごいのか?
ランタンも燃料もたっぷりあるけど一応乾電池補充予定。

style="clap"
ライダーイベントの会場に届けられたこのお花がすごい。

プレゼントのセンスがある人はいいなあ…ええ、また七転八倒する季節の到来です。台風も到来してますが。
拍手レスです。

>まりりんさん

スミマセン、早めにお知らせできればよかったのですがわたしも前日まで知らなくて。
アクションのNGシーン!それは見たいような、痛そうで見られないような…

柴原さんは「だいたいものになるのに3年はかかりますかね」と番組内でコメントされてました。新人の皆さんにはぜひ夢をかなえていただきたいですね。

コメントなしの皆様もいつもありがとうございます!

style="clap"
前々からバレスレ等にはあがっていましたが、12/12の劇場版仮面ライダーWではおやっさんこと鳴海壮吉役として吉川晃司さんが出演されることがスポーツ紙に発表されていました。
これはまたしぶいおやっさんです。まあ翔太郎の敬愛ぶりをみれば、男が惚れる、という形容がつくような方でないとだめでしょうからね。

しかしこのデザインとこの帽子にびっくりしたのですが…スカルマン?

冬の映画「ディケイド&W」、前売り券は10/10発売開始です。
同日追記。何でか日記ジャンルに投稿していたので修正しました。
ついでながらスポーツ紙見てたら「菊地美香さんが戦隊婚」とあってびっくり。挙式が東京ドームホテルとは素敵過ぎます。ご多幸をお祈りいたします。

style="clap"
日曜昼間ってテレビ観るの難しい…初めのほうを見逃してしまいました!ああ痛恨。
わたしが見た時は既に、15mのおっこち練習だったんです。ということで登場人物の紹介ができません。

予告されていた新人スタントウーマン、岩井さんの緊迫した顔が大写しに。
下には見た感じ、ものすごく大きなエアマットが用意されていて安全性は十分確保されていると思うのですが、それでも上から見下ろす図は恐ろしい。
真田広之さんが17m飛んだ時のを思い出してしまいました。

クレーンの上は風も強く、
「…いけるか?」と声をかける柴原さんの声が厳しい。
「はい」
「聞こえない」
「はい!」
少し待ってください、と何度か気合いを入れ直し、でも手すりを掴む手が震えてるんです岩井さん!
その手を離し、下で待機する補助の人たちに
「お願いします!」と大声で合図、それからまた、一瞬の躊躇がありました。
そしてジャンプ…
やはり怖かったのか、踏切が悪く、飛んだというよりマジで落ちた感じで見ていて怖かったです。

飛び降りた岩井さんは別人のような表情で、
「…行きますと言ってから間が空いてしまった」と反省されていましたね。
このシーンだけでも手に汗握ってしまいます。

その後は高所恐怖症だという青年が、やはり落っこちにチャレンジ。これも怖い…

続いては元自衛官だという方の、カースタントの練習。
片輪走行の後、横転してひっくり返った状態で止める、というアクションでは、横転しすぎて上下正常な状態で止まってしまいました。車載カメラが車内の状況を映しているのですがこれがまた凄い振動なんです。
何とかできた、という表情で降りてきた彼に、すかさず
「遅いんだね(ハンドルを切り始めるのが?)」と端的な指摘が飛んできます。

もう一つ、屋根に人を乗せたまま、それを振り落とすようにジグザグ走行するというアクション。
よく見るアクションではありますが、カースタントが新人なら組んでルーフにしがみつくボディスタントも、やはり新人の岩井さんなんです。
爆風のなか
「絶対落とすな」
「絶対に落ちるな」
と言われながらのアクション。ルーフにしがみついている岩井さんは当然ながらあまり動きがないわけですが、ああ手はこんなふうに補強しているんだと、これも興味深かったです。

最後は火だるま。これも岩井さん。
まずスタントジェルと言われる液体に浸した衣服を…という説明に、これが高岩さんが体験した時足が長すぎて身体が覆えなかったというやつかと、興味津々で見てしまいました。
衣装をつけるとどうしても着ぶくれてしまうため上着でそれを抑えるとか。

準備ができて、
「面をつけたらこうやって、こうして…」とアクションの説明を受ける岩井さん。でも
「いけるか?」と聞かれると返事ができません。もう一度集中した後で、やっとゴーサイン。
もがき苦しむ演技の後で打ち合わせ通り岩井さんが倒れると、
「消火!」の声が飛びます。
「大丈夫か?」
「大丈夫です」
「熱いとこは?」
「ないです」
「それ(面)とってみろ。…熱いとこは?」
「ないです」
「ないか?」
何度も岩井さんを気づかう柴原さんの声にちょっと愛情を感じてしまったり。いやこれは確かに…技術的に難しいところはなくとも、勇気が必要だなあと思いました。

最後はスタジオに戻り、柴原さんに対して司会者が
「スタントマンというのは皆それを足がかりに俳優・女優を目指すものだと思っていましたが、最初からスタントマンになりたくてなるんですね。今日はスタントマンに対する認識が変わりました」と不思議なコメントをされてまして、なんだこの締めくくり?とは思いましたが、興味深い番組でした。

いやいやいや、この流れに乗って、タケシレーシングもどうでしょうか一つ。ていうか、どうか一つ。

style="clap"

Photo by Sekikos

ミステリを映像化するのは難しい、と思うんですやはり。
見えない狙撃手を描くのに(まあ狙撃手っていうのはたいてい隠れていて見えないものですが)、映像として彼が潜む場所の「ヒント」を映し出さないわけにはいかない。
しかしどうしてもそれは、とってつけたような描写になってしまい、視聴者としては
「ああ、そこにいるんだ」と文字通り一目でわかるわけです。論理も何も無く。
亜樹子の発想、フィリップの調査と推理、今回のドーパントの特性と面白い構成だっただけにそこが惜しいなあ。
文章だったらさりげなく周辺の描写に紛らすことができるんですけどね。

非情でありたい探偵の、心の中の柔らかい箇所を突く存在。
ということで「美しい幼馴染」同様に定番な、「けなげな子ども」がクライアントとして登場。
しかし「パパ」のスーツデザインはWと似ても似つかない龍騎+ナイト風なのですが…

写真はブログ画像ゲッターより。昨日話題だったので何となく。

style="clap"
こちらはオフィスワイルドが取材を受けられたそうです

10月4日(日)
関東地区 12:45~
中京地区 12:35~
中京テレビ「秒ヨミ!」←日テレ系を見ればいいらしいです
◇File No.027 危険と隣合わせ、新人スタントマンに密着!


女性スタントマン(スタントウーマン)岩井佑夏さんがご出演。
春先も伊藤教人さん(電ディケ)、岩上さん(パワレン)、次郎さん(次郎祭他)、そしてやはりオフィスワイルド(スミマセン見損ないました)と特撮舞台裏紹介番組がラッシュだったわけですが、今回もですね。

ほんとうに今年はいったい何が?

style="clap"
金田進一さんのブログを見るのはこの頃危険だなと思い始めているmakiですこんばんは。
今日の晩御飯は当然のごとくカレーです。ココイチと言われて真っ先に思い出すトッピング、茄子&ベーコンの英国式だ!

で、このところ当ブログにも「高岩成二」で来られる方が急増してまして、確か2日前にはGoogleの急上昇検索キーワード1位が高岩さんのお名前だったと思うのですが、twitterの検索機能で見てもものすごいもりあがりでしたね。
しかし「笑ってコラえて」を観て「高岩成二」でぐぐるということは、その人はいままで特ヲタではなかったということなんでしょうか。
違うかな。「笑ってコラえて」を観てない人が、ネットの書き込み等を読んで、
「まさかあの高岩さんが?」「観た人の感想は?」ってぐぐっていたのかな。
どちらが多かったのでしょう。

あれいい番組だったとは思うんですが、一点だけ、
「真田広之さんが危険なアクションを自らこなす」みたいな解説のシーンで
「へー!」という驚きの声しか入ってなかったところが実はひっかかっていたんです。知らんのかいと。
知ってれば偉いという意味ではないのですが、なんというのかな、内心忸怩たる思いがないこともないんです…。
いやたぶん、知らないふりでああいうリアクションをしていたんですよねゲストの方々は。
つまり「知らない」=「特撮どころかアクションもの全般に関心がない」のが視聴者の大多数と想定されて、共感を呼ぶであろうリアクションをしていたと。
なんか、
「熊川哲也さんは実はバレエがお得意で…」
「ええーっ!」
級の受け答えに聞こえてしまったんです。ええわたしの器がちっちゃいんですよほんと。

萌え殺されながら頭の片隅でそんなことを考えてしまい、複雑でした。

そしてtwitterにも書きましたがこちらに反映されてないことをいいことにもう一度書く。
高岩さんが男の子を泣かせたのはこれが初めてじゃありません。抱きしめてもないと思うけど。
ほんとにやらしい方々なのです。
拍手レスです。

>内緒様
よかったですね!ほんとに燃え萌えしてたいへんでした!

style="clap"
この間VIPに立ってたのを読んだのですが、こっちに収められてました。
仮面ライダーの中の人やってたけど質問ある?

皆さん言われてますけど、詳しすぎて見る人が見たらわかりそう…どなたか。
「尊敬する人は伊藤さん」という一言がうれしくてこっちに貼ってしまったのですが。

あ、たぶんこの人とは別人です。
拍手レスです。

>静琉さん

ほんとうに悶絶ものですよね。
どれだけのお茶の間の床が綺麗になったことか…そしてみんな正座で魂抜かれちゃったと思います…

コメントなしの皆様も、いつもありがとうございます!

style="clap"
「真ん中」こと松本竜一さんの肩を抱き、共に号泣したい皆さま今晩は。

いや、番組始まってゲスト紹介したらいきなり「金の卵の旅」でしたね!
心の準備ができてなかったので動揺しました。
高岩さんってほんとに黄や赤、オレンジなどの明るい色がお似合いです。

「スタント」のお題で金の卵を探しに、JAE養成所へやってきた番組スタッフ。
まずは練習風景(蜂須賀さんかっこいい!殺陣、おっこちの練習は「あしたをつかめ」で出てきたのと同じ場所でした)を取材した後、研修生たちに
「あこがれの人は?」と質問すると、
「トニー・ジャー(マッハ)」
「真田広之さん(百地三太夫等)」
 という名前に混じって聞こえてくるのが高岩さんのお名前です…
ということで、ここで番組では高岩さんがミスター仮面ライダーである所以が語られました。
主に流されるのは電王の映像。ガンフォはいつ観ても可愛いぜこんちくしょうです。

その後は3人の金の卵、

・新田健太さん(40期生リーダー
・松本竜一さん(高岩さんファン)←2chでは「真ん中」と呼ばれる
・大園千絵さん(涙目カワユス)


がピックアップされ、高岩成二さんによる特別講義が彼らにプレゼントされるという流れ。

style="clap"
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。