FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上映期間延長のおかげでしょうか、休日にも関わらずいい席がとれたので、ついに観に行ってきました!
製作の発表があってからずっと観たいと思っていた、マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」。

観ながら最初に思い出したのは、この7月からのコンサート、「THIS IS IT」のためバックダンサーとして採用された、あるオランダ人ダンサーのことでした(映画では冒頭で登場)。
前に書いたかもしれません。
この人が帰国後、オランダのニュース番組にゲスト出演し、マイケルについて色々と語っていた映像を観たのですが、彼の最初の発言は、だいたいこういう感じのことでした(会話体にしていますが例によってわたしのうろ覚え&ダメ英語による意訳なので雰囲気だけ感じてください…ソースはyoutubeなのでここに貼るのは控えます)。

キャスター:「番組には君宛にたくさんメールが来ていますよ」
ダンサー:「帰国してから個人的にもずいぶんいろんな人から連絡をいただきました。みんな、『こんなことになって残念だったね』『夢が叶う直前だったのにね』って言うんですが、あの、とんでもないです。僕の夢は既に叶っています。夢は叶ったんです、マイケルの前で踊ったあの瞬間に」
キャスター:「どういうことですか?」
ダンサー:「ずっと彼の前で踊りたいと願ってきました…僕たちは数ヶ月間、『THIS IS IT』の準備のためマイケルと共に過ごしました。彼のエネルギーを、情熱を目の当たりにしてきました。それが僕たちにとってどれほど大きなことか。僕はこれまでの人生のどの期間にも起こり得なかった成長を、この期間に果たしました。ほんとうに素晴らしい体験でした。マイケルに会えたこと、彼と共に過ごせたこと、それ自体が、僕の夢だったんです」


今回の映画を観て、初めてこの若いダンサーの言葉が理解できた気がします。
ダンサー、ミュージシャン、スタッフ、関係者すべてが同じ体験をしたでしょう。映画を観ながらわたしが最も強く感じた感情は、
「うらやましい」というものでした。彼ら関係者のすべてに、そして中でも、それを率いるプロデューサーに。

マイケルという世界最高の素材をプロデュースできるだけではありません。
彼はすべての関係者の才能を引き出し、成長と努力とを要求し、若い人々には示唆とインスピレーションを与えました。常に最高を求める、それによって、世界中から選び抜かれた一流のチームが、さらなる高みへと昇っていく、その様が、映画を通じて手に取るように感じられました。
それはまさにマイケルの「情熱」によるものです--持ち前の完璧主義に加え、昔から平和や環境保護を訴えてきた、その理想の高さからくる。
謙虚でものやわらかで、常に相手を尊重しながら、頑として要求水準だけは下げない。

それによる成長の喜びが感じられるからか、マイケルのチームは皆、終始、ほんとうに楽しそうでした。
こんなチームを率い、最新かつ最高の技術を用いる権限を与えられたプロデューサー()もまた。
彼らはどんなに幸福だったことでしょう。

そして、それと同時に、深い同情も覚えました。

リハーサルでこれだけ素晴らしかったのなら、行われなかったコンサートはどうだったのだろうと。
「最後のカーテンコールだ。みんなの聴きたい歌を歌うよ」と言った通り、映画に採用されていた曲はすべてわたし達には聴いたことのある、おなじみの曲ばかりでした。
しかし、その演出は洒脱で、大人になったマイケルの、洗練とエレガンス。そこに若いダンサーたちの荒削りな魅力(映画では「Shake your body」を背景にした「ダンサーズ!」のシーンが圧巻)が入り混じり、凝りに凝った映像と共に
「今までこんなものは観たことがない」というものになっていました。
…なろうとしていたのがわかりました。

それが素晴らしいものであればあるほど、でもわたしは、ライブの魔法がかかったステージは、この何倍光り輝いていたのだろうと、思わざるを得ません。
たとえDVDでもいい、ほんとうの「THIS IS IT」を観たかった。
誰よりもマイケルが、そして彼らチームが、それを願っていたのではないでしょうか。
彼らから、そしてこの地球から失われたものの大きさを思い知らされる、悲しく美しい映画でした。
520 :ダンサーまとめ:2009/11/18(水) 21:03:33 ID:Z12NZb4u
ちょっと改訂しました。Danielle Rueda-Watts この人だけ後で決まったのかわからなかった。

チャッキー・クレイパウ:フィリピン系ダンサーで「ハイスクール・ミュージカル」の振付師。リハではボブっぽい髪型。
ドレス・リード:頬髭のある黒人ダンサー。ジャネット、リッキーマーティン、クリスティーナ・アギレラと仕事経験あり。
デヴィン・ジェイミーソン:合格時に初日はどうなるんだろうって感激で泣いてた坊主頭の人。
ダニエル・セルブレ:元ヒラリー・ダフの相手役(ダンスダブル)。ダンスを2年間止めていたが、マイケル復帰を聞いてオーディション応募。
ニコラス(ニック)・バス:ジャネット、プリンス、ブリトニー等の振付師。ミーシャの相棒。
ミーシャ・(ガブリエル)ハミルトン:ジャスティン似の人生はつらいだろの人。ジャネット、ビヨンセのダンサー、ジャスティン等の振付師。リハから金髪に。
シャノン・ホルツァフェル:元ブリトニーのダンサー。2日前にオーディションを知ってオーストラリアから飛んできた人。
ティーモア・ステフェンズ:ダンス番組"SYTYCD"出身。オランダの番組でマイケルの香水エピソードを披露した人。
クリス・グラント:ビヨンセの振付師の黒人ダンサー。「マイケル役」としてショー出演の経験有
メキア・コックス:"The Way You Make Me Feel"の女性ダンサー。 CSIや舞台「シカゴ」等に出演
タイン・ステックリーン:ロングヘアのブロンドダンサー。「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」等に出演

521 :ダンサーまとめ追加:2009/11/18(水) 21:05:10 ID:Z12NZb4u
クリス・グラントのマイケルダンス動画:
http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=44946854
ミーシャ・ハミルトンとニック・バス他の "Off The Wall"
http://www.youtube.com/watch?v=tSiRRkwQ1GE&feature=player_embedded
シャノン・ホルツァフェルの公式サイト。トップにマイケルが大きく掲載…
ttp://www.shannonholtz.com/

645 :名無シネマ@上映中:2009/11/19(木) 08:28:13 ID:bFlmClX4
>>520
亀だけど
Danielle Rueda-Wattsはポールダンサーの女の人だよ

11/18追記。そろそろ上映期間も終盤ですが上記2chレスを追加します。

以下は不謹慎な萌え語りになりそうなので折りたたみ。

style="clap"
| ホーム |