FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。


Photo by torisan3500

今回のサブタイトル、「復讐のV」はそのまま、映画(原作はコミック)の「V for Vendetta」ですね。

一週間前の雨の夜、唯一の肉親である姉は、交通事故の餌食となった。
ひき逃げ犯は街の有力者の息子。証拠不十分で逮捕されず、一方、結婚式を控え幸福の絶頂にあった姉はまだ、意識すら取り戻していない。
少年はドーパントの力を借り、自ら復讐の手を下すことを決意した。

依頼人のいない事件、守るべき相手は街のクズ--この状況に亜樹子もフィリップも乗り気ではありませんが、
「目の前で殺されたんだぞ。黙ってられるか」
「クズであってもこの街の人間だ」
という翔太郎の主張に根負けし、最後は笑顔で協力します。
すなわちWサイドは極めて王道の探偵ストーリーなのですが、「W」という物語からするとこのエピソードは変則。
なにしろガイアメモリに、ミュージアム側にとっても想定外の事態が起こったのです。
“それ”=ヴァイラスメモリを扱ったセールスマンの責任を追及しつつ、サンプルケースとして成り行きを注意深く見守る霧彦さん。その謎は--当然のことながら次週に続きます。
東映公式が自慢していただけあり、カーアクション、バイクアクション好きにはたまらない展開でもありました。

前回エピソードのサブサブタイトルは、9話はご存じTVの松本清張シリーズ「家政婦は見た」だと思いますが10話はわかりません。「名探偵のナントカ」も「ナントカの娘」もミステリには多いですよね。わからないといえば今回もよくわかりませんが…医療ミステリかアウトブレイクもので「感染者」とかありそうな気はします。
そしていのくまカメラマンは古稀?!おめでとうございます。いやさかをお祈りいたします。
写真はブログ画像ゲッターより。

style="clap"
ついに来た!不在通知によれば、土曜日の朝到着しました。
がわたしはその時間寝てました!そして外出しなかったので不在通知の存在に気づいてませんでした。
…夕方ヤマトさんがもう一度来てくれて、やっと受け取れた次第です。ありがとうございます。

さて、わたしはイベントに観に行ったわけでもないし、このDVDは早い人は一週間前にゲットして詳細にレポートされていますので、今更ここで内容紹介する必要はないだろうと思います。
とにかくかっこいいので、未入手の方もぜひ何とかして観てくださいませ。

と書いたものの、先行予約は終わっていますね。
一般販売で購入する人はどうしたらいいのでしょう。店頭にあるのでしょうか?どこの?

【more】以下は感想箇条書きです。
あ、特典の写真は、わたしは永徳さんでした。アイドル風。

style="clap"
| ホーム |