LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Photo by merec0

まあそんな感じで、今年も無事一年を終えることができそうです。

何をしたかというと、個人的にはこんなにも何もしなかった無為な一年って生まれて初めてじゃないかというくらい何もしない一年でした。これという仕事が見つからなかった、というだけでなく、生活面でもほんとうに何もしなかった。
働いている間は、遊びにしろ勉強にしろ、
「いつか休みがとれたら(とれない会社だったんですが)あれをしよう」
「仕事をやめたらこれをしよう」
と思うことがたくさんあったのに、いざ時間ができると…別にどうでもよくなってしまったり。本さえ読んでない。旅行も行かない。そんなものなんですね。
元々マズローの欲求5段階説でいう第2段階で十分満ち足りてしまう人間なので、預金のもつ間はこのままなのかも。

一つだけよかったなと思うことは、周囲の人に感謝できるようになったことです。

誰かに何かをしてもらったというわけではないのですが、こんなに人に気にかけてもらった一年というのは初めてで、それは今まで
「人に迷惑をかけないように」とだけ考えてきた人間にとっては情けないことでもあるのですが。
自分はけっこう幸せかもしれない、と思えること自体、幸せなのかもしれません。

今年もこのブログを訪れてくださって、ほんとうにありがとうございました。
来年も皆様にとってよい年でありますよう、心よりご祈念申し上げます。
スポンサーサイト

style="clap"
JAEの歌、予約始まってました!

限界Revolution(DVD付)限界Revolution(DVD付)
(2010/02/17)
J-MEN

商品詳細を見る

style="clap"
JAEイベントに関して、知人が
「もう練習を始めてるらしい」
JAEの歌とかも作ってるらしい」
…と教えてくれていたのですが、それってこれのことなのでしょうか。
前回のイベントで歌と踊りを披露したはいいものの、おそらくは権利の関係でDVDに収められなかったことについて、
「それなら新しい歌を歌って、PVもつくろう」とは。
イベントでの披露だけでなく、CD発売も決まっているそうで、これはもう購入決定です!

発表!

JAEメンバーによるProject『J-MEN』

記念すべきFirst Mission『J-MEN6』

1stシングル『限界Revolution』!!

写真がかっこよすぎて笑います。それもそのはず、PVのメガホンをとるのは我らが金田社長!
しかし我ながら、なんでかっこいいと笑うのかなあ…?

JAEスタッフブログFEB.21イベント ちょっとだけネタばれとネット投票始めます!

で、気になるネット投票ですが、イベントのタイトルにもある「VS」がテーマ。イベントで実現できるかどうかはわかりませんが、できるだけ希望に添いたいので、誰対誰の対決が観たいかを1/4まで投票してくださいとのことです。
選択肢に金田家親子対決がありましたが大丈夫でしょうか。

JAEイベントなのでここでつぶやいてみるだけですが、わたしなら「高岩 VS 伊藤」が観たいなあたっぷりと…

style="clap"

Photo by naitokz
そんなわけでセブンイレブンでJAEのチケット代を支払ってきましたmakiですおはようございます。
発券と同時だと面倒がないと思うんですけど、前からこんなシステムだったかなあ…?
来年また、発券に改めていかなければなりませんが、今からわくわくしています。
今回外れてしまった皆様には、一般でのご健闘をお祈りしますね。

正確には先日のことなのですが、「カールじいさん」を観てきました!
老夫婦の愛を描くみたいな内容なのかと思えば、そこはピクサー(アニメ技術ばかり言われますがコメンタリーを聞いていると毎回脚本にものすごく時間をかけていることがわかります)、しっかりと胸踊り手に汗握る冒険活劇を、子どもの強靭さ・けなげさを織り込んでくるのでまいります。
王道展開、緩急のテンポ、練りに練った台詞…主人公が老人であるだけに、ちらりと人生の苦さものぞくわけですが、そののぞかせ具合も泣かせにかかってないのがいいなあと。
時間の都合で通常版で、それでもじゅうぶん楽しかったのですが、次はぜひ3Dで観たいなあ。

10/02/12追記。写真はブログ画像ゲッターより。なお、「カールじいさんの家を飛ばすのに必要な風船は1484万8486個」だそうです。
同居人との会話でなんとなく
「人間は水深何メートルまで耐えられるのか(水圧的に)」という話題になり、素潜りNO.1の人は何メートルの記録があるのだろうと調べていたら、フィンなし・錘なしの部門の、こんな映像を見つけました。
水深88メートルまで到達する泳ぎの早さにびっくりです。ぜんぜん息苦しそうじゃないのもすごい。
ちなみに、フィンと錘を使えば170メートル以上人間は行けるらしいです。

Freediving World Record - 88m without fins from william trubridge on Vimeo.


拍手レスです。

>内緒さま

初高岩さんですか!おめでとうございます。楽しい時間となりますように。
一緒に行ってくれる人がいらっしゃるのっていいですね。

コメントなしの皆様も、いつもありがとうございます!

style="clap"
JAEイベント、チケットとれましたーっ!

キャパが大きくなったので競争率が下がった?
支払期限が12/28なので、確認はお早めに。

style="clap"
サンタさんはPS3を置いてってくれました。皆さんのところではいかがでしたか?
季節ネタと全然関係ないのですが、例のイベントのレポを探しているときに見つけました。

以前もご紹介した大和ハウスのCM、ダイワマン“HERO”編シリーズに満を持してNEW HERO登場。
その名もダイワマンX

ダイワマン役でCM撮影中の役所広司さんが監督に向い、
「ぼくよりふさわしい男がいるんじゃないですか」と口走ったため、新たに唐沢さんへCM出演依頼が…というストーリー。さすがは唐沢さん、決めポーズは完璧だそうです
スーツデザインは、わたしはダイワマンのほうが好きですが…このごてごてっぷりは強化フォームっぽいですね>X
来年1/2よりon airとのこと。

style="clap"

ということで昨晩とっととメインのパーティーを済ませてしまい、クリスマス終わった気分のmakiですこんにちは。しかし欧米では25日が本番です。まだ終わらんよ…
今夜、素敵なイベントに行かれる方は楽しんでらしてくださいね。

例によって写真はありませんが、料理自慢の同居人たちがつくったメニューはシーザーサラダ・キャロットスープ・パスタ・エビフライ with カレーソース・ローストチキン。
そしてケーキ担当のわたしが用意したのがクリスマス仕様特大モンブランケーキ。
甘いもの嫌いでいつもお義理程度にしか(要は一口二口)ケーキを食べない同居人たちが、今年のは好みだったらしくおかわりまでしたので、今日のおやつのあてがはずれました。今日の分は買いに行こうかな。

あとはサンタを待つばかり。例年のことですが、「NORAD TRACKS SANTA」を今年もフォロー()しようとさっき準備をしてました。
twitterはこちら

映像(↑)は去年の様子。ちゃんと北京の“鳥の巣”も登場してます。

style="clap"


CGキャラクターをリアルに動かすため、実際に演技しているアクターから動きのデータを採取するのがモーションキャプチャー。
これまでは身体の動きがメインだったので、アクションものを中心とした利用のされ方だったように思います。

うちにあるソフトの類をちょっと見ても、
「555」のアクションゲームに福沢さんと伊藤さんがモーションアクターとして出演されているとか、
「鬼武者」の剣殺陣は岩上さんが、とか。
あと、別に家にはありませんが昔大好きだったアーケードゲーム、
「ファイティングバイパーズ」ではこしげさんが、あの小気味良くアクロバティックなアクションを、とか。

それと、最近MJのことばかり書いていて申し訳ないのですが、ショートフィルム「GHOST」の踊る骸骨のシーンではマイケル・ジャクソン自身、やはりモーションアクターを務めています。

そんなふうにアクションとかダンスとか、特別な身体の動きだけが対象になっているのだと思い込んでいましたが、今はかなり微細な表情の動きなども捉えることができるのですね。
映画「アバター」のメイキングでは、俳優の演技とCGとを見比べられるようになっています。予告編の
「This is great!」の表情が妙にリアルだと思ったら…

style="clap"
昨日は「仮面ライダーW スペシャルイベント」だったんですが、ちょこちょこレポを見てると楽しかったみたいですね!
白倉Pは
「何故か仮面ライダーにはいいやつが集まる」と言われてましたが、とりあえずノリのいい人が集まっていらっしゃるのはこちらにもわかります。

桐山漣さん←楽屋の集合写真必見!
菅田将暉さん
山本ひかるさん
飛鳥凛さん
■生井亜実さん←ブログなし?
君沢ユウキさん←「霧彦はうちひしがれていましたね(笑)」ってw

折りたたみ以降は2chのWスレに来ていたレポ。
12/22追記。桐山さんのブログにもイベントに関する記事がUPされたのでリンク貼り替えました。ついでに亜樹子の名を叫んでみたw

style="clap"

Photo by nestor galina

今回はイベント回。

「仮面ライダーはこの街を害するもの」という依頼人の言葉に耳を疑う翔太郎。
名誉挽回のためにも、偽物の仮面ライダーをつかまえなければならない--しかし、偽物はなぜそんなことをするのか。その目的は何か。

そして物語の進展により、ついにフィリップ(この名前はおやっさんが、チャンドラーの探偵小説の主人公、フィリップ・マーロウにちなみ彼につけた名前)の真の名が、明かされます。
いやそれはそれで視聴者にとっては大事件。
しかし、えー、そんなセンスなんですか…翔太郎の姓、「左」に対し、右京かな、右近かなとあれこれ考えていたのですが。

写真はブログ画像ゲッターより。
「ギャンビット」とは同名のチェスの手にちなんだレックス・スタウトの作品名です。

style="clap"
最近美容院に行ったら、女性誌やファッション誌ではなく、「金田一少年の事件簿」コミックス最新3冊くらいを持ってこられたmakiですこんばんは。
以前予約しないで行ったらだいぶ待たされて、その時確かにそこに並んでる「金田一少年」を1巻から順に読んでたんですが、それを憶えられたんでしょうか。場違いでしたか。いや、だって他の漫画はもう読んでしまったので他に読むものなかっただけだったんですが(でも最近のは読んでなかったので結局ありがたく読みました…ちょっと「Q.E.D.」に似たトリックありましたね)。

今年ももうあとわずか。
気忙しいくせに何もしていない、そしてデッドライン過ぎたらたぶん開き直って何もやらない、どうせ何もしないならキリギリス級にのんびり好きにやればいいのにプレッシャーだけ受けてしまう、そんなだめな年の瀬に読みました。

閉じた本(創元推理文庫)
ギルバート・アデア著 青木純子訳

style="clap"
前回の仮面ライダー特集)と同じフォーマットで、「ウルトラマン9の謎」と題し魅せてくれました、今回のウルトラマン特集。

もちろん上映中の映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」(マントをつけた父かっこいい!)の紹介もありましたがそれよりも、昭和に疎いわたしには過去作品の紹介がとてもありがたかったです。
視聴者の選んだ名バトル(しかしメトロン星人のエピソードはバトルよりその前段階の卓袱台はさんでの会談のほうが名シーンでは)とか。
視聴者の選んだ好きな怪獣ベスト3とか。

ずっと疑問に思っていました。
なんで異星人が地球守ってるのって。
今日やっと納得です。

そして、「サクラ大戦」で囚われの仲間が磔になり、かつ氷漬けになっているというシーンで
「どこかで見たことがある…」と思っていたのがウルトラマンオマージュだったということも今日わかりました。
なぜかどうしようもなく惹かれる、「ウルトラマンA」のゴルゴダ星エピソード。磔になっていたのはウルトラ兄弟。
昔からヤラレ好きだったんだなあ。

クイズについてはロンドンブーツの亮さん、正答率高し。
「ウルトラ兄弟で一人だけM78星雲出身じゃないのは?」の問に正解しただけでなく、
「L77星雲なんです」と設定まで答えて司会の香取さんに
「ウルトラ芸人でやれるよ」と言われてました。しかしL77は星雲じゃなく星だったのがご愛嬌。

平成ウルトラについては駆け足気味の紹介でしたが、ティガの目の覚めるような美しさに始まり、現代のスーツ制作技術の素晴らしさにうっとり。
「ネクサス」はまるで「555」のような設定、そしてライダー俳優が複数重要な役で出演しているということで注目していた作品ですし、「マックス」についてもその原点回帰の趣向により大人たちが狂喜して観たということは、知っていました。
「メビウス」はカイザ村上さんの出演で観ました(そして彼がメビウスであるということが仲間内には知られているという設定にびっくりした)。
そんなライダー偏重な視聴者で申し訳ないのですが、やはり長い歴史の中で何度もリファインされ続けてきた映像美には感じ入ってしまいます。

ああ映画観に行きたいんですけど、上映館がことごとく東西移動しないといけないところにあるというのが辛いなあ。
上野とかでやらないんでしょうか…いっそ春日部まで行くか?

そして、ダダってCMでレースクイーンやってたから言うんじゃないのですが、どうも女性ってイメージですね。
キングのお誕生日祝いでダンスバトルするDVDでも、女性っぽいダンスしてたような…。

確か劇場版の「ディケイド完結編」に蜂女が出たのは、この番組のアンケート結果が影響していたとか。

style="clap"
半年前にあがってた動画なんですね。なのでこのジャンルをご覧の方はとっくにご存知だと思うのですが、わたしはたまたまさっき見かけて爆笑してしまったので。

わたしは新本格と言われるものは一通りしか読んでないのですが、それでも吹きました。
ので、うp主と同じ趣味の方はたまらないと思います。ミステリ愛を感じます。

未見の方、飲食しながらの視聴はおやめになったほうがいいでしょう。

style="clap"
ジャパンアクションエンタープライズ・スペシャルイベント Vor.2 俺たち参上!! vs ?!!」のプレオーダーが本日12:00スタートということで、さっきe+に行ってみたのですが、なぜかちゃんとつながりません…
クリックするといきなり

タイムアウト

と出るのですが、いや一定時間何の操作もないとか言われても、いまアクセスしたばっかりですから。
何度かトライしましたが結果は同じ。なんでしょう、オーダー集中してるのかな?
24日18:00まで受け付けるのでまあいいといえばいいのですが、参戦できてなくて寂しいです。
皆さんはもう申込まれましたか?

JAE公式のタレントプロフィールのページ、前回「参上!!」に出演された方々の写真が更新されていますね。
DVD特典のポストカードの写真と同じだという噂です(確かに永徳さんはそう見えます)。
いや、ずっと更新してほしいと思っていましたし、この6人も大事なんですが、今度は他の方々に比べて写真がよすぎるような…?
注文が多くて申し訳ないのですが、今後もここは定期的に更新してくださるともっとうれしいかも。
同日追記。17:01現在、無事入れたので申し込みを済ませました。今回S席指定とかないんですね。あたるといいな

style="clap"
最初に言っておく。賛否分かれるかもしれませんが、わたしは面白かったです。
あまりネタバレとか気にしない(read me参照)性質ですので、映画鑑賞前に情報を仕入れたくない方は、以降はご覧にならないほうがいいかも。

…ということで行ってまいりました近所の映画館。
ちまたでは早くもDVDつきパンフ売り切れという噂でしたが、しっかりありました(ハンフリー・ボガートの表記がきちんとしてましたね…特ニューはボガー「ド」になってて気になってました)。
入場者プレゼントもちゃんとありました。
そういえばこの映画館、MJの「THIS IS IT」の時も、やれトーチライトがない、キーカバーがどこにも見当たらないとお嘆きのファンの皆様を知らぬげに、ずーっと色んなMJグッズが置いてありました。グッズコレクターの方には穴場かもしれません。

そして、白倉氏はほんとうのことをおっしゃってました。

「映画があろうとなかろうと、TV本編はあれで終わり」だと。
ほんとです。
一応「ディケイド」の物語は、この映画で完結したとわたしは思います。しかし、TV編とは関係ない。つながってません。
TV編「ディケイド」に関し、円環構造になってない、物語として体をなしていないという批判はあるかと思いますが、少なくとも
「続きを映画にもってきた」という批判だけはあたらないのですね。だって続いてないから。

TV編ラストは、何故か襲いかかってくるレジェンドライダーたちに応戦するディケイドの姿で終わっていますが、この映画では何故か襲いかかってくるディケイドに、レジェンドライダーたちが応戦しています。ライダー大戦のシチュエーションは同じですが動機が正反対。
これはうまく逃げたなと思います。誉めてます。士こと井上正大さんは
「冬に映画があると知ったのは、TVの最終回の台本に<つづく>と書いてあるのを見つけた時」と言われてますがw

これはこれでお祭り映画として十分楽しめましたので、これからご覧になる方は、
「あれとこれは別」と思って鑑賞されるのがいいのでは。以下内容触れつつの感想文。

style="clap"
今日はいろいろ予定があったのですが、あまりの寒さにぐずぐずしているうちに、お昼になり午後になり…そうなったらなったで、焦る方向じゃなくだんだんやる気もなくなっていくという、だめパターンに入り込んでしまいました。
マイミクさんの朝一番に釣りにいった!という日記を拝見してその行動力がまぶしいです。
そして、こんなこと書きながら自分のぐうたらぶりがまんざら嫌いでもないのがさらにだめなところです。
晴れ渡った冬空も強い向かい風も好きですが、早い日の暮れはわびしくて欝ですね。

別にそんな冬の午後に読んだわけではないですが。
欝なときは腹筋崩壊ものに限りますからね。

屋上物語(祥伝社文庫)
北森鴻著

style="clap"
Newtype THE LIVE (ニュータイプ・ザ・ライブ) 2010年 01月号 [雑誌]Newtype THE LIVE (ニュータイプ・ザ・ライブ) 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/12/01)
不明

商品詳細を見る
モエ・エ・シャンドンの動画が発光ファイズに見えてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そんなわけで、土曜に劇場に行った(そしてすごすご帰ってきた)ついでにようやく購入できました、特ニュー。
表4がWINDSCALEブランドのアパレル広告になってましたね。フィリップの服は女性が着ても似合いそうです。ああ、サイズが大きいのか…?

年末年始号ということで盛り沢山、そして3大ヒーロー劇場版総力特集。
しかし当ブログ的に特筆事項は2点。

●超BIGな「実物大」両面ポスター!「W」ポスター/殿ポスター
●高岩さんインタビュー


特に、発売直後からファンの間では騒然となってましたねポスターは。すごく…大きいです…

style="clap"
なんかもういろいろついていません。

たまには封切り日に観ようかと、昨日思いついて劇場に行ったところ、長蛇の列!おそろしいまでの人口密度。
まあその要因は主に「ワンピース」だったわけですが、「W」もとっとと売り切れてて
「次の次の回なら」と言われたので、こんなところでそんな長時間待てるかと、諦めて帰宅したわけです。
帰宅後、今日の舞台挨拶回のチケットをとったのですが、今朝は今朝で同行者のまさかの遅刻どたキャン!
中には入れず、しかもネット予約なので払い戻し・キャンセルはできません。

何だろう。生き方が悪いのかなあと、ちょっと思ってみる今日この頃です。
今日の「W」の録画を観たいのですが同居人の妨害で22:03現在、いまだかなわず。MJのヒストリーツアーに慰めを求めても…いいよね?
ああ萌えは世界を救う。大人の「Off The Wall」メドレーたまりません。


Photo by masatsu

今回実行犯はあの人だろうと最初から目をつけていたのですが、しかし動機はこっちだろうと、別の人も気になって気になって…ということで、納得の結論。
しかし今回も動機が、お子様向けじゃない。

そして姉妹の不仲の理由も、どこの家庭にもありそうな軋轢で超納得というか胸に痛いというか。若菜が自分の道を大切に思う気持ちもわかるし、冴子の
「なぜ自分ばかりが」という疑問も共感しまくり。はつらつと生きる妹がまぶしくいとおしく、それだけにいっそう…その心情を、弟の影響があったからとはいえ、大人になった若菜が理解しているというのがさらに痛かったです。
子どもが最初にぶつかる理不尽が、親による兄弟間の不公平というものなんでしょうね。
若菜と冴子の失ったもの。
心の奥で大切に思い、今なお希求し続けているもの。

「僕たち、しばらくこのままでいましょう」というフィリップの提案。それを受け入れる若菜の苦い表情がたまりませんでした。
画像はブログ画像ゲッターより、姉妹像。

style="clap"

今回発表された曲、「This Is It」のオフィシャルビデオ。監督は、今年の8月にもMJの生誕を祝ったスパイク・リー。
同監督の手になる「They Don't Care About Us」の刺激的・挑戦的なショートフィルムとは一転し、詩情あふれる美しい映像です。美しい人にふさわしい。

関連⇒スパイク・リー監督が「2300 ジャクソン・ストリート」を訪れる

非関連⇒Criminal Desk Lamp, in memory of Michael Jackson

映画も再上映されますね。この際だから次はi-maxで観たいなあ。

style="clap"
いろいろなありえないサンタ画像を集めたサイト⇒「Santa, NO!

「いやそれナマハゲだから」とツッコミ入れつつ見てましたが「戦場のメリークリスマス」系が多いのかな?
お子様の前ではご覧にならないでください()。
ぜったい「ショッカーサンタ」のほうが可愛いです。

時々アダルト画像も入ってますので、これはマジ。

style="clap"
http://hanihoh.com/love2/

朝っぱらから何やってんだ、ですけどね。
これは痛い。説教されまくり。
悪いところが大あたり。

18段階中16位、合コン呼ばれない級・無愛想型!
「恋愛プロセスは下手です。関係の維持は上手なのに、そもそもアプローチしないので始まらない恋が多いでしょう」
「向上心がありません。必要ないのかもしれませんがその態度で男性はがっかりです」
「自分のことしか考えていません」
「男性の友人のほうが多くありませんか」
いやだってほら、めんどくないですか?駆け引きとか誕生日とか。
つまりなんだ…生き方が悪いのか…?

style="clap"
このところセピア色な、みかんチャンバラなあの方のブログに、VS打ち上げでの伊藤さんご近影。
顔赤いところがいいのに恥ずかしいのかなあ。

それにしても「I Know」ディレイかかりすぎです…

style="clap"
どちらかといえば白倉信者で井上信者だと思っているのですが、そして今回井上先生関係ありませんが、それはちょっと強引すぎる論理な気が。
「映画があろうとなかろうと、TV版ディケイドはあれでちゃんと終わっている」
「話の冒頭に戻っただけ、円環構造」
まあその強引さというか、せっせと話題づくり=劇場版PRされていてその勤勉さが素敵、と思ってしまうのが信者なわけですが。

円環構造の物語って、ラストまでスムーズに流れていって、いつの間にかすとんと元に戻ってる、というのが持ち味だと思うんですね、
「なるほどそうか、そこで冒頭に戻るのか」という。
ああ、そこでつながるのかと腑に落ちるのがカタルシスなのであって。
「ディケイド」後半の流れは明らかに不自然で、いくつか解決しないと冒頭に戻れません。
取り敢えず、ディエンドいなかったじゃないですか第1話。

style="clap"
桐生さんすみません、確認してから訂正しようと思ってましたがこちらを先に。
予告通り、来ましたね!一週遅れのバレンタインですよ皆の衆。
「?」の部分が気になります…
イベント詳細はJAEスタッフブログで発表されていますが、簡単にご紹介。

FEB.21イベント 「俺たち参上!! VS ?!!(仮)」

特設サイト⇒こちら

開催:2010年2月21日(日)17時30分~ 於渋谷C.C.Lemonホール
出演(敬称略):
   高岩成二・岡元次郎・永瀬尚希・おぐらとしひろ・押川善文・永徳  
   武智健二・横山一敏・富永研司 他JAE所属俳優多数出演(予定)
前売:4,800円(e+プレオーダー 12月18日~24日)

前回来られなかった方々が来てくれないかなあ竹内さんとか…と思っていましたが、タイトルの「VS」に夢が膨らみます。
祝日開催、プレオーダーありと前回出た要望をだいぶ入れてくださったんですね!これはたまりません。
いざ参戦!ああe+のID忘れてるからまた確認しなきゃ。

style="clap"
翔太郎余ってるみかんに引き続き、みかんシリーズ第二弾。いや続いてませんが。
「誰」って、いつもの人のような気がしますけど違うのでしょうか。
そして一緒に映ってるトーストがすごく甘そうなのに、
「甘さ控えめ」とあって落胆している甘党です。ああ、脳髄がしびれるほど甘いの食べたい。

style="clap"

Photo by MJTR (´・ω・)

10月に振込み済みのアパートの更新料について、
「まだ振込まれてない。9日までに振込まれてなければ契約解除の可能性もある」という連絡がきて大騒ぎになった日曜日でしたmakiですこんにちは。
こっちには振込手続きをした銀行の控えもあるんですけど、
「本社に確認します」と言われてその日はベンディング。
今日はずっとお電話待ってましたがかかってきてないよ?この寒空に露頭に迷いたくはないのですが。

そんなこんなでやっと今日見ました「W」。
いよいよ園咲家とフィリップのつながりに踏み込んで行くのでしょうか…若菜姫、好きなキャラなので後半が楽しみです。
サブタイトルの「…でQ」という表現、使用例が実に多いのでどれが出典だとは言えませんが、ただひとつ申し上げたいのは、どうせ「ラジオ」を「レディオ」というなら、それより「レイディオ」といってほしいなと。ええ好きなんですよ佐野元春。

画像はブログ画像ゲッターより。

style="clap"
関係ありませんが今日グーグルの日本語入力をダウンロードしてみました。
いや俺の嫁atokさんに比べ対応スピードに難がありますけれども、今までのIMEたんに比べれば実に優秀。無料でこれならダウンロードしない手はないのではと思っていますmakiですこんばんは。

タイトルの件、本日久々にJAEスタッフブログが更新されまして。
「俺たち参上!」DVD初回分は完売とのことでした。素晴らしいです
REDの赤祭(まんまですね)を横目に
「なぜJAEはやらないの?」と思っていた日々が嘘のようです。
この人気をじっくり育てていただきたいですね。そして「気になる12人」の完成を早く

なお待望、二回目のイベントに関しては12/9(水)告知予定とのこと。
皆様お見逃しなく。

style="clap"
さっき2chで知りました。

以前はんのう市の広報紙も貼りましたので、宮崎県都城市の広報紙も遠慮なく貼らせていただこうと思います。
次郎さんはこちらに寄稿されたのですね。
写真は撮りおろしではなくクリスマスイベントのポスターにも使われているもののようなので、しばらく宣材としてこれを使われるのではと思ってます。この写真かっこいいですよね。

⇒広報都城 平成21年(2009年)12月号 p.15
 「都城讃歌/心の故郷 みやこんじょ」(pdfファイルです)

博多弁もそうですが、九州では「…の」を「…ん」と発音することがよくあります。
 「博多の者」は「はかたんもん」です。
 まあわたしは「都城」は「みやこのじょう」と言ってましたけど、そこは地元の方かそうでないかの違いでしょうね。
拍手レスです。

>匿名希望サンタさん

もしかしてご本人でしょうか。コメントありがとうございます!
いやだって、美しいミニスカサンタの皆さんに、負けないくらい輝いてらっしゃいますよスマイルが。素敵です。
これからも応援しています

コメントなしの皆さまもいつもありがとうございます。

style="clap"
ということでちまたではゴセイジャーの噂でもちきりですが、Wです。
昨日の劇場版試写会&イベントでは、やはり翔太郎こと桐山さんはインフルエンザでお休みだったんですね。
そのため、フィリップこと菅田さんが相棒の等身大パネルを抱えて出席されたとのこと。
しかしその感動的なシーンでなく、ふざけたタイトルながらショッカーサンタの写真を採用した日刊スポーツの記事をはってしまいます。写真数が多いのは毎日新聞
いや、ショッカーサンタ、いい笑顔ですね。どなたなんでしょう。

閑話休題。
一年という長丁場だとこんなこともありますね。視聴者としては心配ですが、焦らず、きちんと治して復帰されることをお祈りしています。

そして士こと井上さんによれば
「反則的なディケイド」
が登場とのこと。手を使っていいサッカーみたいな、と。もう十分反則的だと思いますがさらに?

封切りはもうすぐですね、楽しみです。
12/4追記。なぜか日刊スポーツを日テレNEWSと書いていたので修正しました。大変失礼しました。

style="clap"
12月も3日めに突入し、特ニューがまだ買えていませんけれども何とか生きている今日この頃です。
JAEスタッフブログも日参してまだ変化ありませんけど生きています。こんにちはmakiです。
近所の本屋さんはほんと、特撮関係はお手上げ。
でも高岩者で買える皆さんは今月の特ニュー、ぜひ押さえてくださいませ。

そんなわけで今月もMJ。
タイトルですが、映画をご覧になった方は、コンサートの「THIS IS IT」オープニングで、光り輝くスーツを着たMJが、「LIGHT MAN」として登場する--という説明を憶えていらっしゃると思います。
様々な意味を持つ映像がその身体に映し出されると。
あの映画はコンサートの演出に関する説明シーンは必要最小限に抑えていたので、あれだとよくわからなかったのですが、実はこんな演出だったのだともう少し詳しく説明するビデオクリップがありました。

いや、MJがかっこいいというのはおいといて、このスーツだけでもすごいですよ!

製作者が
「体表面が映像スクリーンになる、映像スクリーンを着る、そういうスーツなんです。そんなの今までなかったし、そんな素材も製法もないわけで、我々にとってはチャレンジでした」と言ってましたがほんとうですよね。
右手を掲げたポーズはミケランジェロのダビデ像からだそうです。

見たい方はこちら⇒何でかamazon uk「Exclusive Behind The Scenes Clip」

関係者の説明だけでなく、どんな風にスーツが開いて中からMJが出てくるか、
・製作スタッフ(?)がダミーになって実際にやってみせているシーン
・ステージでMJが打ち合わせているシーン
が見られます。MJの服装からすると最後のリハーサルと言われている日のことのようですね。
低い声で淡々と打ち合わせているのがかっこいいなあもう。

【MORE】以降は本題と全然関係ないのですが最近観たMJトリビュートとか。

style="clap"
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。