LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

あいみさんが教えてくださったので。重ねてありがとうございました!
映画の打ち上げ会場での高岩さん。

感動の4ショット Sagittaのブログ
 → おちゃめです。「レッツゴー仮面ライダー」打ち上げ時(たぶん)の高岩成二さんと永徳さんと金田進一さんと高田将司さん。

そしてついでにたどってみた高岩さん。去年8月の記事ですし、2chにも貼られてましたのでご存じの方も多いかも。

仮面ライダーW支える人々 ゆうりの社会貢献ブログ
 → 嫌いじゃないわ!「A TO Z」打ち上げ時の高岩さんと永徳さん。

上記2記事はいずれも同じ事務所のブログで、どうやらそこの所属のモデルさんがライダー映画に出演されているそうです。ちなみにここに貼った記事リンクはスーツアクターの皆さんの関係のページなんですが、他の記事をめくっていくと、キャスト、声優さんのお写真もありました。
ところで高岩さんと福沢さんの対談というすごい企画の今月のヒロビ、皆様すでに入手されているでしょうか?

わたしはまだです。

(´・ω・`)

(´・ω:;.:...

(´:;....::;.:. :::;.. .....

真剣に本屋さんと映画館の問題は考えないといけないなあ。

HERO VISION [ヒーローヴィジョン] Vol.39 (TOKYO NEWS MOOK 219号)HERO VISION [ヒーローヴィジョン] Vol.39 (TOKYO NEWS MOOK 219号)
(2011/02/23)
不明

商品詳細を見る

style="clap"
床磨いていたら日づけが変わっていましてこんばんは。
JAEブログにパレンタインプレゼントに関し、高岩さんと永徳さんのお礼メッセージ(高岩さんは+あけおめメッセージ)がUPされていました!
ちきしょうわたしも小さなお友達になりたい!
勝てないなあと思いつつも、やっぱりそういう高岩さんが好きなのだなあと思います。
相変わらずメール等IT関係にてこずっていらっしゃる風なのも萌えますね。今回ミスがあったとかではないのですがなんとなく。
お忙しい中にもかかわらずこの細やかなご配慮がうれしいとともに、スタッフの皆様のご尽力にも感謝します。

style="clap"
ついったをやっていらっしゃる方、BOSブログをご覧の方はもうご存知だと思うのですが。
明日2/20、鎌ケ谷にて開催されるキャラショーに、秋山さんが出演されるそうです。

ごくたまにお出になるらしいことは、秋山さんの前のブログ(のちに閉鎖⇒現行ブログ開設)でも拝見したのですが、これはまた久々の。
まだ東京にいたら何とかして行きたかったなあ。

繰り返します。明日、鎌ケ谷にて、秋山智彦さんが。
都合のつかれる方は、ぜひ。
そしてよければどこかでレポを!

style="clap"
こんなところに伊藤慎さんシリーズ。または、百万回保存したシリーズ。

昨晩深夜より放送開始のネトラジ「そこ☆あに」特撮列伝は、先般六本木で開催された「帰ってきたカノンの夕べ」より、「じゃあまん探偵団 魔隣組」の伊藤少年主役回、「#27 恋はスケボーに乗って」視聴前後のトークをメインとした特集でした。皆さん何かと伊藤さんにふるのですが思うように話してくださらないという。
しかしひとたび口を開けばあのささやくような声! 朝聴きでよかった、これ夜聴いたら眠れません。そう言いつつたぶん今夜また聴きます。


“東映さんの侠気おとこぎ”に大感謝しつつ ⇒ 「そこ☆あに」11/2/18~


なんでだか「ブレイド」撮影秘話まで飛び出してきましたが、一番印象に残ったのは
「僕はただ、疾く走りたかっただけ」の一言です。
ああ、伊藤さんがバイクお好きな理由がわかった気がしました。ウィリー関係ないけど。

周囲から褒め殺されそうになりつつ、あのはにかんだ笑顔を浮かべていらっしゃるであろうことが明白な伊藤さんはもちろんのこと。今回はヒーローショーでも共演された杉口さん、主要キャストの皆さん、いろいろ暴露してしまう鈴村さん、そしてアニメフェア出展辞退で話題となった角川・井上社長までが出席され、話題も盛りだくさんの60分。

style="clap"
久々に長いタイトルスミマセン。

今夜特に意図なくながら見していたら突然スタントの話になったので途中から正座してしまったテレビ番組です。
番組の詳細はこちら
要はプロが知りたい、プロが認めるその道のナンバー1、というのを様々な視点で取材した番組で、例えば動物学者が動物園職員に聞く、
「動物園にいる動物の中で最強は?」とか、深海魚専門ライターが深海魚専門漁師さんに聞く、
「食べて美味しい深海魚ベスト1は?」とか、元傭兵が軍事評論家に聞く、
「アニメ界最強ロボは?」とか(テレンス・リーさん何聞いてんだ)、たのしーく観ていたわけですが、途中のコーナーで出てこられたのが

タカハシレーシング社長(BOSS)、高橋勝大さん。

スタント歴50年というこの方が、スタントマンたちに聞きたいという問いが、この、
「正直、つらかった!というのはどんな現場か?」というものでした。

「自分は怖い思いをしたことはない、怪我をするのが仕事だからね」
「共演の俳優やタレントがいるときは(怪我をさせてしまわないかと)怖いことがある」
「うちの若い連中には聞けないが、聞いてみて、“何甘えたこと言ってんだ”って言ってやりたいね」
……等々、添えられたコメントがまた、大先輩らしく怖いんですが、レーシングスーツにサングラスがかっこいいです。

以下、現役スタントマン200名超のアンケート回答を集計した、正直つらかったスタント、ベスト(ワースト?)5。

style="clap"
| ホーム |