LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Lucky Dragon by Kenji Yanobe (at Namura Art Meeting) / Crystalline Radical


今回、ギリギリまで追い詰められた晴人の、焦燥と恐怖の表情の、なんと美しかったこと。まあ、わたしが高岩さんだけでなく、全方位やられ好きなだけかも知れないのですが。
怯えながらも、それでも抑えきれない怒り、それらを乗り越えた先にある覚悟――そして、復活したウィザードの華麗なる戦い。
フェニックスにまで指摘されたひらひらぶり。
スタイリッシュ高岩ウォーク。
今回も堪能させていただきました。

しかし、ドラゴンの力を借りるのは、もうちょっとハードル高くてもいいような気がしますが。
写真のラッキードラゴンも、火を吐きます。
スポンサーサイト

style="clap"
ももクロのついでにもう何ヶ月も前につぶやいたこととか、他のかたのつぶやき、日記で教えていただいたこととか。
twitterってがんがん流れて消えちゃうので、心おぼえとしては、こうしてブログに転記したほうがわたしには便利。

髪型で見分ける伊藤さん

早稲田アカデミーのCM。伊藤さんはサッカー選手の役です。しかしまっすぐな長い脚はサッカー選手っぽくない(偏見であることは認めます)。
お顔が逆光になっててはっきり映らないのが残念ですが、ファンは髪型で見分けられるはず。

ギャバン対談のおぐらさん

マイミクさんの日記で知りました!
求人情報誌、「ドカント」最新号インタビュー記事。テーマはもちろん「宇宙刑事ギャバン」。
先週の「ウィザード」では伊藤美紀子さんの夫にして伊藤洋樹くんのパパ(すなわち伊藤氏)役でしたが、今回おぐらさんは、石垣佑磨さんと共に、アクション監督として取材に応じていらっしゃいます。

もっとぶっちゃけトークが聞きたい、ショッカーさん

ウィルコムのCM、「ショッカー」編。今日はショッカーさん18人にお集まりいただきました! みたいな。
右下にくっきりと映るコピライト表示。糸電話的なトークが可愛いです。
ふとましい人はざっと見た限り、いませんね。

style="clap"
togetterで知ったのですがこれはすごい。高校の文化祭とあなどるなかれ。


style="clap"
いつかお金持ちになったらシリーズ。
わたしもこんなふうに、好みのヒーローのステンドグラスを家につけたいなあ。東映の許可がいるかな。
前に、
「出入りの宝石屋にジュエリーつくらせたい」ライダーとしてザビーを挙げたけど、ザビーはアールデコが似合うのでステンドグラスもはまるはず!と確信しています。あとドレイクも。ドレイクだとアールヌーボー調になってさらにはまるはず。

Iron Man in Stained Glass - Neatorama

掲載されているアイアンマンはハンドメイド作品のマーケットプレイス、「Etsy」で販売されているもので、ガラス全体の大きさは9.5平方フィート、ガラス片334ピースからなり、銅箔275フィートと100時間の作業を要したと書かれています。
作者プロフィールはこちら → R. Evan Daniels

style="clap"

ガルーダ / makou0629


やられ高岩さん━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!! キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!! キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!! キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !

いやもう、どんだけ好きなんだという騒ぎなんですけど好きなんです。
ありがとうフェニックス、ありがとう。
いつもの、といってもこのところご無沙汰していた水門から、いつもの(以下略)水落ちエンドというおまけまでついて最高です。堪能させていただきました!

前回の、
「あんただけじゃない。家族を亡くした人間なんていっぱいいる」という台詞をさっそく裏づける晴人の過去話であり、同時に震災後の子供たちを励ますメッセージにもなっているんだろうなあという、今回のお話ですが、にも関わらずこの絶体絶命の状況で後編に持ち越しというのがやられ好きにはたまりません。
でも、美紀子さんはきっとこの後回復するっておれ信じてます。
でも写真はガルーダ。

style="clap"

Family photo on the snow. 家族写真 / T.Kiya


今回も敵がかわいそうなことになってましたね。
そしていつも麗しい魔法使い様ですが、今日はおちゃめな動作が目立ちました。
ちょっとおっさんくさくなってるのもご愛嬌?

山形さんが男前で素敵でした!
信じていました!

style="clap"

Palácio Rio Negro / Rodrigo_Soldon


いやもう、こんな美しいもの見せられちゃったらわたくしいくらでも貢ぎます、デートとかおこがましすぎる、ただ貢がせてくださいな今回のウィザード。

ふだんテレビ見ないもので、調子が悪くなってるのに気づかず、オンタイムで観ることができなかったのですが、ご近所の方のご好意でなんとか追いつきました。
何でこんなに大サービスなんでしょうか。
以前、おそらく撮影中のことだと思うのですが、関係者の方々が
「カリスマは伝説をつくった」と口々に呟いていらっしゃったことがあって、あれはこのアクションのことだろうか、いやこれだろうかと、毎回思っているのですが、もう毎回幸せすぎて、毎回伝説で構わないという気になっています。

今回はダイナミックな蹴りの連続で口から魂抜けそうになりましたけど、剣劇で間合いを図る時はいつもの足の細い動きで、ああいつもの高岩さんだとちょっと安心したり。
あの足の運び、演じている人物の攻め気を表しているようで、わたしは好きなんですね、もちろん無駄のない、スタイリッシュな殺陣もなさる方で、それも大好きなんですが。

style="clap"
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。