FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

封切り初日、というわけには行きませんでしたが、なんとか休みがとれました!

いや、面白かった。
正直、話の成り行きは早い段階で予測がつくのですが、例年に比べるとすっきりとまとまりもテンポもよく、何より前半で描かれた魔法の国が楽しかった。
その住人たちも、晴人自身が評した通り、
「魔法の国でもキャラは同じ」。仁藤(博士!)は相変わらずはぐれマヨネーズでしたし、大門、瞬平もいつも通り。
金ピカの魔法使い、ソーサラーが、コヨミを贄として新たに無から作り上げた世界、マジック・ランド。
そこは、皆が魔力=ファントムと戦う力を持つ夢のような世界。

ということで、虹色の竜巻により無理やりその世界へ運ばれてしまい、元の世界へ帰れるかどうかわからない、甚だ心もとない立場である晴人、コヨミも、
「これはこれで、いいのかも」
「自分を受け入れてくれる晴人がいるから、あたしはどこにいても大丈夫」
 と、ある程度肚を決め、異邦人としての暮らしを楽しみ始めるのですが……

あ、あと、今回アクション面では同時上映の「劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ OF ミュージック」の佃井さんが素晴らしかった! デスリュウジャーの二人の侍女、ディノガールズの黒いドレスのほう、アーシーです。キョウリュウピンクとの一騎打ちも華々しく、一人で目立ってたなーと思ってたら、パンフレットには
「戦闘力に優れる」というキャラ付けがあって納得。これから、という皆様、お見逃しなきよう。
あとキョウリュウブラックがめっちゃムチムチしてました。

以下、思い出しながら感想箇条書き。一応折りたたんでますのでネタバレ気にならない方のみどうぞ。

style="clap"

Doll / Karen_O'D


ジャンクションも変わり、真っ暗なスタジオの中に浮かぶ白の魔法使い様、ウィザード、ビーストの三者。いよいよ最終章、という感じになってきました。

白の魔法使い様がいよいよ大活躍の今週。いや、「マジレンジャー」のウルザード様もそうでしたが、お父さんぽいキャラにはもともと弱いのです。
しかし、印象に残ったのはソラの、コヨミに暴力を向ける際の躊躇のなさでした。
一見物腰が柔らかいので、余計にギャップが大きく、残酷に、絶望的に感じられますね。
それを見ているしかなかった晴人。
轟鬼殿は最後のゲート、らしいのですが、今回は登場しただけでほとんどストーリーがなかったし。ああ、早く続きが観たいです!

style="clap"
| ホーム |