LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

A stand in Project 365(2) Day 91 / Keith Williamson


ああ、やっと観られました。長かった。ちょっと個人的に色々な用事が日曜に重なって、更新が今頃になりました。
今回、個人的にはブラーボに今井さんが入られるあたりが見どころかなあと思ったわけですが、意外にアクションは、ケンカキックが入ったりして、「戦闘のプロ」というイメージではなかったですね。まあ、プロって基本、隙を生じさせない動きで、華々しさに欠けるところもあるし。
ただ、ところどころの憎々しげな、でもきざな芝居がさすがです。仲代先生を思い出しました。
あと龍玄が可愛くて、鎧武と並び立っている図がとても楽しかった! しばらく、いいコンビ状態が続いてくれるといいなあ。
300 :名無しより愛をこめて:2013/11/24(日) 22:16:28.47 ID:QnbWNFhl0
シドの役者さん、幼稚園に子供を迎えに行ったら他の子達に囲まれてベルトちょーだい!ロックシードちょーだい!って囲まれたらしいな

可愛いといえばこれ(↑)。プロジェクトメンバーがわかってきて、ユグドラシル側の描写が、ちょっと面白かったです。貴虎お兄さんは別にワンマンという感じではないのですね。地位だけ高くてもくせのある部下ばかりでなかなか大変そうです。
スポンサーサイト

style="clap"
また今回も飛ばしています!
いい若いものが数人ごろごろしているところが見込まれたのか、町おこしに「ご当地ヒーロー」をつくることになったと、白羽の矢が立った光人五人。
ノリノリの彼らの元へ持ち込まれたのは、サブタイトルの「奇々怪々」にふさわしく、ホラーテイスト、かつミステリアスな事件でした。
それを見事な推理と機転で解決し(たのでしょうか?)、最後は堂々の戦隊パロディアクションで地球の平和を、仲間を、そして(どこから出てきた?)を救え一号!


/ y_katsuuu


まとめてみればそれだけのストーリーなのですが、今週も彼らの台詞や身振り手振りが愛らしくてたまりません。先週、予告を観た時点から、とても楽しみにしていました。
そして実際に観たところ、お色気シーンがありませんでした! 今回の録画は布教に使えそうです。

事件の始まりは夜の汀。いつものごとく、リヤカーを押しながら、おにぎり片手に歩む、ホームレスの山下。
ふとぼうぼうと低く唸る獣のような声が聞こえます。
「ああ……?」
気になってリヤカーを路上に停め、一人波打ち際まで降りれば、今度はリヤカーに括りつけられた風車が激しく音を立てて回り出し――その向こうには女の足が。
「あっ」
そして山下に向け、そっとさしまねく白い手。ぼんやりと見入っていた山下の、しかし背後にはすでに、不気味な影が這いよっていました。肩を引き倒され、
「うわあああああっ!」と悲鳴を上げる山下。

舗道からコンビニ袋を手に、一部始終を目の当たりにして、立ちすくむヒトミ。

わたしは見てしまった。一人夜風に当たりに出て、その光景を。
そして、これはこれから起こる一連の、怖ろしいできごとの始まりだった――。

style="clap"


ストップモーションアニメはだいたい目を通さずにはいられないのですが、これも素敵ですね。
相当これ照明に気を使って撮ってます。白基調のシンプルさもたまらない。もともとは

ロケットニュース24:日本企業『ネピア』が公開したテュッシュの折り紙動画が海外で賞賛! 海外の声「もはやクレイジー!」「日本に嫉妬する!!」

で紹介されていたのを観たのですが、こちらにもちょっと貼ってみました。
テュッシュというのは原文ママですので気にしないでください。
メイキングは特に必要ないかな?


style="clap"
ショッカーが仮面ライダーに勝てないのは、情報共有に難があるため

昨日話題になった、サイボウズの「Cyboz.com Conference 2013」では、自社グループウェアについて、
ショッカー様導入事例」(提案書もダウンロードできます)
 を紹介したとか。
ここはエイプリルフールに社長がショッカーに誘拐されたり、まあ色々好きだなあと思って読んだのですが、パロディとしては物足りないかな? 提案書読むと課題分析より商品説明ページのほうが分量多いし。宣伝だから仕方ないとはいえ、もうちょっと腑に落ちる内容にしてほしかった。昔あった、リクルートのCMは単純なだけにわかりやすくてよかったのですがw
とはいえ、

現状「戦闘に持ちだした武器やバイクの回収を忘れてしまう」

はちょっとおもしろかったです。あれ貸出機材だったんですね。

ちなみに解決策は、情報共有をきちんとして回収担当者が後で責任持って回収すること。

style="clap"
ということで話題沸騰の鳳蓮ですが、こんなケーキもらったら吉田さんもうれしいのでは。

小林豊オフィシャルブログ「僕の世界が変わっていく」

アンサーはこっち。11/1がお誕生日だったんですね(*´ω`*)


style="clap"
絶望しました。絶望しました。光実が兄の正体に気づくというビッグイベントが起こったのもそっちのけで絶望しました。
わたしの誕生日、紘汰と一緒なんです!
水瓶座はダサいですかあああああ矢車お兄さん(一月三十日生まれ)と一緒に地獄にイッてしまいそうDEATH!
が、気を取り直して今週、満を持してのドリアン登場回。


durian / Crystalline Radical


先週から思ってましたが、レイドワイルド・亮二とインヴィット・城之内のコンビ、どうやら「鎧武」のマスコット的キャラだったようで、戦隊で言えば憎めない悪幹部? 今週は戦いもお芝居も愛嬌倍増です。最後まで生き残ってほしいキャラだなあ。
そんな彼らの戦いを
「児戯に等しい」と断じ、外野からいきなり出てきたドリアン。傭兵経験があり、背も高くがっしりとした体型で、今日のところは非常に強そう、という印象でしたが、次週はこれぞ戦闘のプロというアクションを見せてくれるはず。
楽しみです!

style="clap"

西伊豆の夕暮れ、露天風呂、カエルが湯を吐く / G4GTi


今回はお色気シーンはさほどなく、写真に困ったので温泉ならではのオブジェにしました。
見どころは怪人スーツ・イン・温泉
それはまあ、「555」なんかでも「ウィザード」でも、スーツで水落ちってよく見ますけど、そしてセイザーX~電王と引き継がれてきた怪人スーツでの日常生活、も見慣れてきましたけど、入浴シーンはなんかシュールでしたね。光人からするとただの裸体。だから入浴も当然、なんでしょうけれども。

九州に居た頃はあまり温泉って気にしてませんでしたが(どこに行ってもあるので)、それでも由布院なんかは学生時代の楽しい思い出がたっぷり。遊園地の中に温泉&お座敷があって、キャラショーで出向いた時にそのお座敷に泊めていただいたこともありました。城崎の蟹と射的もよかったなあ。有馬もよかった。和歌山の小さい島の中の温泉旅館も素敵でした。関東も、釣りキャンプに行けば温泉がつきものでしたし。
今思えば、どこも露天風呂からの眺めが素晴らしかった。
そんな露天風呂のなかで、がちゃがちゃと騒がしく入浴する光人たちの姿を満喫しました。

style="clap"


ヴォルヴォのCM。音楽と調和した、実になめらかで美しい映像ですね。
当ブログのお客様なら、ネタばれ前に趣向はわかると思います。が、それでも柔らかさにびっくりです。
11/16追記。メイキング、というかティーザーとして発表されてる撮影前の打ち合わせ観たら、監督ってば
「サイドミラーの上に立ってください」ってヴァン・ダムに言ってますね。サイドミラーってそんな丈夫なの?

style="clap"
朝、twで回ってきてたものを自分メモ。
「悪の一味と戦う仮面ライダー」というタイトルですが、オリジナルというか、だいぶアメリカンな感じの悪役です。

THE ART OF SIMON LEE

FIGHT FOR MANKINDのページ、右端の1号さんのアイコンをクリックすると出てきますよ!
わたしとしてはウルトラマンVSツインテールもかっこいいと思います。STOMP STOMPしまくってます。

style="clap"
こんなところに伊藤慎さんシリーズ。
岩上さんのtwより。
何のお仕事なんでしょう(*´ω`*)
追記。岩上弘数さんはパワレンレッドを歴任される前、「龍騎」の頃までREDにもいらしたので、伊藤さんや矢部さんとは昔なじみでもあるんですよね、確か。

style="clap"

妻の入浴をガン見するこてつ。#cat / yoppy


そういえば先日のアキバレ全話一気放映。皆様ご覧になりましたか?
わたしはうっかりしていましたが、それでも痛の5話、生コメンタリーのところは何とか見られました。346さんかっこいいなあほんとに。

相変わらずのドタバタ編。場面転換もちょっと変わっていて、どこから対マギー戦につながっていったかもわかりませんが、どうやらまだ、五人の力を合わせていくには色々と課題があるようです。
その過程でゴウ、ジンの過去がちらりと覗いたりヒトミの入浴シーンが堂々と覗かれたりして……

「待てえ!」
いきなりのバトルシーン。海辺を逃げ惑うマギー、追い回す五人の光人。
「追い詰めたぜ。あと一匹!」
「おれたちから逃げられると思ったのか」
口々に言いながら取り囲みます。
「ゴウのため、わたしがこの手でとどめを刺すわ!」とショウ。「……こう見えてわたし、150キラメキウムパワーの持ち主なの!」
言うと画面にゲージが現れ、それとともにきらきらときらめき効果も。
「そんなもんか? おれは158キラメキウムパワーだ」
「おれは。……190キラメキウムパワーだ」
「おれの光弾は200キラメキウムパワーだ!ふ、なにせ絶対正義だからな」
「おれは300だ! だぁぁぁぁっ!」
「ぬ! ほんとうを言うとおれは310だ!」
「おれは320だ!」
「待て待て!」
謎の単位とともにもう画面がきらきらしまくって収拾がつきません。光人同士の言い争いのなか、放っておかれたマギーが手持ち無沙汰です。

style="clap"
それなりに感動的なお話だったんですが、
「戦極ドライバーは六基あり、うち五基が既に主を定めている」というシドの言葉(メロンの斬月はカウント外?)、それに続く次回予告に度肝抜かれました。
六人目のアーマードライダー? が濃ゆすぎるwww これは来週は見逃せませんねwww


鴻巣ストロベリーフィールド いちご狩り / Norio.NAKAYAMA


戦う理由を模索していた紘汰の戦線復帰回。
ちょっと早すぎるような? エピソードで描き込むより、台詞で説明されることのほうが多い気がして、ドラマとしてはすごく展開早く感じます。これだと舞じゃなくてもミッチのほうを応援したいかも。

style="clap"

絵心のある人、そして絵心のある人と仲良しの人、うらやましい。
わたしの罪は羨望の罪。

style="clap"

Wedding Cake / Shelley Panzarella


ということで文句ばっかり言ってたらお色気シーンがなくなっちゃいましたね?
いや、冒頭のがそうなのか? タイトルは「パンツ丸見え」にすべきなのか? そしてジン社長は
「花だ」ってほんとうにうれしそうな顔で言ってましたが花って何かのヒントなのでしょうか。

「貴様、マギーだな?」
深い声、剣豪小説の主人公、の如き趣で、ゆっくりと振り返るその顔は――太牙・シルバーケース・お兄さんが大きくなってる! お相撲さんイメージなんでしょうか、それにしては銃使いですが。
そして五人そろって得られる大いなる力とは。
「今回の出だしはわたしからじゃない」というヒトミのナレーション通り、いきなりのガン人間体登場!

style="clap"
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。