LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

やっぱりゴウライガンは戦隊物だったんだなあとか、戦隊物はこうでなくちゃとかな感激のラスト。
おっぱいも帰ってきました。
そして、ずっと顔を消してた真界皇様はやっぱりくせものでしたねえ。突き抜けた下司っぷりにびっくりです。


Blue Marble (Planet Earth) / woodleywonderworks


危機

海辺。手のひらに残る、ゴウの光玉。そっと握りしめ、それを我が身に託した、今はこの世にいない人の名を呼ぶジン。
「リン――」
見あげる先にはどこまでも広がる空。

宇宙船船内。駆けつけた光人たち(人間体)はスクリーンに我が目を疑います。今回、前半は特筆しない限り人間体です。
「千人兵!」とライ。
「なぜだ。到着は四十日後じゃないのか」とガン。
禍々しい千人兵の映像から、憂い顔のナヴィに切り替わります。
「千人兵の移動速度が、何らかの力によって増しているの。わたしの計算だと、地球に降り立つのは今日よ!」
「え」息を呑むショウ。
「ゴウの光玉がない以上、大いなる力は発動できない」
「勝てる確率はゼロ。犬死にだな」顔を背けるゲキ。
「おれは戦う!」拳を握りしめるガン。
「こんなときゴウのやつ。何してやがんだ!」とライ。
「どうすればいいのよ」叫ぶショウ。

その時、背後に現れる影。
「「「「真界皇様!」」」」ひざまずく四人。その前でおもむろに口を開く真界皇。
「光人よ、今が正念場だ。ただ………長旅で喉が」
「のどが?」
「乾いちゃった」
ここで初めて真界皇の素顔がwww

style="clap"
このカテゴリ久しぶりですね。本が出た時期も1年以上前!
実は今日はたまの休みを利用して、仮面ライダー映画を観ようと電車乗り継いで街に出てみたのですが、なんと封切りからまだ10日経たないのにもう午前中のみの上映になっているという。当然観られませんでした。
朝まだ暗いうちに出かけるべきだったのですね(´;ω;`)

まあせっかくなのでラッピング材を買って帰ってきました。

こんな調子で、まともな本屋さんに行く機会もなかなかない暮らしなのですが、久々電車や喫茶店でゆっくり自分一人の時間が持てたのはラッキーかも。
一気に読みました。

この声が届く先 (創元推理文庫)
S・J・ローザン

style="clap"
予想通り、とはいえやってくれました、斬月VSブラーボ!
このところお株の落ちていた貴虎兄さんですが、戦えばやはり戦極ドライバーの扱いには一日の長があります。
かっこいい。高貴にして無双。ほんとうにかっこいいです! 完全に鳳蓮さんに賛同いたします。
兄弟対決もはらはらしたのに、心のなかでやっちまえ、やっちまえとワクワクしていました。
そして、あまりにも重い、一つの真実に出会う鎧武と龍玄――。


IMG_6939 Wood Fern / ArturoYee


それにしてもやっぱり紘汰はお人好し。そして、戦極プロフェッサーがいい味だしてました。仕事が楽しそうな人は大好きです。
以下、録画してないので観直しなしです。抜け落ちあります。

style="clap"
「555」の鶴子さんを思い出した人はわたしの仲間です。そちらが嫌でも仲間です。


Feather 1 / treehouse1977


先週の続き

「……ジン」
「リン……!」
歩道橋の上、見つめ合う二人――。

大変なことが起こってしまいました。
あんなにラブラブだったのに、リンさんがいなくなってしまったのです。


ジンのもとへ走ったリン。
喪失感に耐えられないゴウ、嫉妬の炎に身を焦がすルリカ。ラブコメというよりホラーだった前半です。
しかしいつにもまして、変わった演出が用いられていまして、最終回で謎がとけるのかなあと思ったり思わなかったり。
ジン光人体、いよいよ登場!

style="clap"
我ながらtwネタが多い、とは思うのですが例のごとくメモ帳代わりということで。

今日いきなり回ってきてなんだこれ、と思ったのが以下の二つ。
どう見ても「海賊戦隊ゴーカイジャー」の海外版、「パワーレンジャー・メガフォース」のメンバーがアメリカのTV番組にご出演、という図なんですがそれ以上のことがわかりません。

style="clap"
いや変なタイトルでスミマセン。
クリスマスを前に、キョウリュウジャーも併せ、豪華絢爛な販促回でしたが、紘汰の焦燥を受け止めつつ、事態をさらに詳しく探るため、ナイスなアイディアを出してくれました光実。
ますます参謀として頼もしく感じます。


ウェスティンホテル東京のクリスマスツリー / yto


今日の見どころはなんといっても斬月の初・変身ポーズ。抑制の効いたアダルトな変身、たまりません。
シドの思惑もからみ(戦極プロフェッサーに続き、シドまで主任を貴虎呼びとは思いませんでしたが)、次週は“ゲーム”の行方も見逃せませんね。
ミニスカサンタは……今年はなさそう (´;ω;`)

style="clap"
あと二話と思うと寂しいです。
終わってほしくないタイプのお話だなあ。舎弟s(一人だけ愛人)が可愛らしいやら頼もしいやらでたまりません。
前半、先週に引き続きヒトミが可哀想だったんですがそれも途中までで済んでほっとしました。
果たしてジンとゴウとの恋の鞘当て、決着はいかに。


天秤 / iyoupapa


タイトル、リンは善意の人として描かれていますけど、善意だからこそたちがわるい女だなあと思います。
ゴウとジンの間で態度をはっきりさせられない、のはまだお話上、仕方がないにしても、とにかく言葉が足りなさすぎる。

なぜ兆真界を去って地球へ来たのか。
ゴウの光玉はどこでなくしたのか。
ていうか病床から去った後、夜戻ってくるまで何をしてたのか。

べらべら台詞で説明してたらドラマじゃないのかもしれないけど、ヒトミの前で「合体」とかしてる暇があったら、とどうしても思わずにはいられません。

style="clap"
テーマ「特撮」と関係ないかもですが、今日読んだ記事。

海外の掲示板にもAMA、「Ask Me Anything!!!」っていうのがあるのですね。
個人的に興味深かったのがこの(↓)2つの職業。リンクから日本語訳&まとめブログに飛びます。
原文は「元スレ」を御覧ください。

【ターミネーター】ハリウッドのスタントウーマンだけど、なんか質問ある?【他有名作に多数出演】

元スレ:I'm a stuntwoman who played the Catching Fire District 9 tribute, and I've been in The Terminator, Reservoir Dogs, Air Force One, and many others. AMA!(2013/11/27)

出演作品をいくつか挙げられていますが、スクリーンでこの人を見たかもしれません!
「スタントの男性は全員キュートよ!」という回答にときめきました。
33年もスタントをされているとのことで、このまま安全第一でお願いしたいです。

【閲覧注意】ディズニーランドでキャラクター演じてたけど、なんか質問ある?【夢と現実】

元スレ:I'm a former Disneyland cast member. I was Alice in Wonderland. AMA.(2009)

オーディションや規則、キャスト間の格差にバイオレンスな客、等々、夢の国への夢破れちゃう現実的な話もありますが、やっぱり子供相手の仕事をすると子供に心つかまれてしまうんだなあと、雨の日の電話エピソードなどに感じました。また復帰していただきたいような、さらに前へ進んでいただきたいような、いずれにしてもやはり安全第一でお願いしたいです。

style="clap"
久々の伊藤さんシリーズ。モーションキャプチャーということは……?

style="clap"
ストーリーが動き出し、光実の参謀ぶりもいっそう冴えて、ようやく仮面ライダーっぽくなってきましたが、毎度のあらすじ、芳忠ボイスがしぶいですね!

OPの歌詞にもある、「禁断の果実」という言葉。
口にしたら戻れない、世界の各地に残る、異界の果物に関する伝承。
そして、インベスだけでなく人にとっても、美味しそう、食べたいと思わせるヘルヘイムの森の植物の実。
設定だけが繰り返され、それでいて実際に人が食べているところは描写せず――こうなると、やはり第1話での予想があたっているような気がしてきますね。
まあ、そう見せておいて外してきたら、それも面白いのですが。


待ち伏せ / ehnmark


アクション面ではコウモリインベスとの軽トラ脇でのアクションが面白いです。紘汰、天才じゃないでしょうか。
また少年探偵団シーンでの高岩さんにかわいい演技が多くて、そういった点でも楽しめる回でした。

実は以下は、一回書き終えたのに、いざ保存ボタンを押したら
「アクセスが切れました」と出て文章がふっとんでしまったのを、思い出しつつ書き直したもの。そのため、いろいろ抜け落ちがあるかもしれません。

style="clap"
今日はせっせと「仮面ライダー鎧武」について書いてたんですが、保存ボタンを押したら消えてしまいました!
久々です。ちょっとショックだったので、先にこっちを更新。


"diamonds... / Zanastardust


一気にシリアス展開になってきましたね。苦悩するゴウもかわいそうだし、後半ジンが活を入れに来たのか八つ当たりに来たのか、よくわからない友情パワーを発揮してましたけど、ヒトミのほうがもっとかわいそうでした。いくら苦悩好きでもこういうのは萌えられないなあ……いろいろトラウマつつかれます。

前回の続き

ついに恐れていたことが起こった。この番組の真のヒロインが現れてしまったのだ。
こんなことだろうと思っていた。こんなわたしがヒロインのはずがない――。


あまりの光景に混乱してメタトークをかますヒトミ。その目の前で立ち上がり、天樹を一瞥すると去っていくリン。
「え?」

「いいかげんにしろ!」宇宙船の中。叱咤する真界皇の声に、すくみ上がるゴウ光人体。「……千人兵が来るまであと五十日だというのに。ゴウ、お前はリンに光玉をやったそうだな?」
「え、ちょ、おっ」
恋人同士の戯れが、重大な結果を招いたことに、怒り心頭の皇。確かにたるんでます。しかし
「一体誰がチクったんすか」と的はずれな反応のゴウ。

style="clap"
11/29に回ってきて、何気なくわたしもRTしたこの(↓)tw。今頃うっかり見始めたら止まらないです。特に「555」は自衛隊朝霞駐屯地で撮影した、アクセルフォーム初変身とか、ピザ屋バイトとか。
これはもう「てれびくん1月号(11/29~発売中)」を買って付録DVDをゲットするしかないのですが、ここは近所に本屋さんのない文化果つる地……(´;ω;`)

style="clap"
放映されたの随分前ですし、アクションシーンの撮影ではなかったので高岩さんのご出演はないのですが、これと関わりのある回が次週、12/8放映の第9話なので覚え書き程度に。
番組の趣旨は、テレ朝サイトによれば

テレビ朝日のマスコットキャラクター「ゴーちゃん。」とゴーちゃん。GIRLSたちがテレビ朝日のドラマ、バラエティ、スポーツ、イベント情報などをお伝えしていく

というもので、4人のゴーちゃん。GIRLSのうち今回は“オレンジ”こと宇佐美佑果アナのリポート回。

ごーちゃん

“ピンク”久富アナの司会で、仮面ライダーについての講義が軽く行われた後、宇佐美アナが東映を訪れ、
 ・撮影中の№10ステージ、フルーツパーラーセットを見学
 ・急遽「第9話」出演決定
 ・佐野さんのインタビュー
 ・「第9話」宇佐美アナの撮影の模様をレポート
という内容。紘汰、舞、ミッチがインべスゲームの危うさを語り合う後ろで、フルーツを山盛り平らげた挙句、
「ああ、美味しかった~♡ おかわり!」と言うお客さんが宇佐美アナ。テスト、本番NG、本番OKと、その都度
「ですよねー。おい、フルーツあるだけ持ってきて!」とニコニコお皿を下げにくる弓削さんのアップを何度も堪能w

佐野さんのインタビューは、ご自身の運動神経の良さ(バック転披露)、芸能界に入ってから特に「仮面ライダー」は意識していたので出演できてうれしい、特撮はCGが多いのが難しい、見どころは主人公の成長ぶり……と、他の媒体とだいたいかぶっていたのですが、
「ご自分にとってヒーローとは?」との問いに
「自分の父親がヒーローですね。陰で家族を支えているというところが……地味なんですけど」と説明されていたのが爽やかでした。

style="clap"

突然の巨大果物シリーズ マンゴー / ken_c_lo


いやあ、OPの金髪舞とバロンの意味ありげな構図、ずっと気になっていたんですよね。
危機を救う騎士、それも傷を負った。これはぐっときます(*´ω`*)
ゴウライに続き、こちらもロマンチックな戒斗編!

見返してないので間違い多いかも。外出後、帰宅して修正するかもしれません。しました。

style="clap"
今日はまた10時頃出かけるので、鎧武のUP間に合わないかも?
そしてゴウライガンは、ちょーっとまた家族の前では視聴しにくい展開に。

関係ないけどわたしは木に咲く花ってかなり好きです。この花弁の感じは木蓮っぽい。この間ジンが、
「花だ……」ってつぶやいていたのはこのお話につながるのですね。
恋人を迎えるための、最高の花とドレスとダイヤ。そのロマンチストぶりがたまりません。
対照的に朴念仁のゴウを、ムツゴロウさんのようになでまくるリンもおかしかった。
しかしあんなところにいたとはびっくりですね。


Tree in flower / kewl


前回の続き

夜半、トイレに立ったヒトミが目撃した、白い影とは……!?

その日、わたしは幽霊を観た。
子供の頃から色々なお化けを見てきたけど今までで一番きれいな人だった。わたしは思わず後をつけた。


白い衣装を来た若い女、その姿はジンとゴウの共通の想い人、二人の友情が壊れることを恐れ、今は姿を消したリン――。

style="clap"
| ホーム |