LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて今日は葛葉紘汰さんのお誕生日であり、ザビー&キックホッパー/矢車想にいさんこと徳山さんのお誕生日であり、そしてわたしのお誕生日でもあるわけですが、こちらもおめでたい。少し前は「カブト」の三島(徳山さんとはザビー兄弟)、そして今は「鎧武」にフルーツパーラーのマスターとしてご出演中の弓削さんですが、こうして2002年の「龍騎」メンバーが吾郎ちゃんのために集まっているというのが素敵ですね(*´ω`*)

ということでカテゴリは「龍騎」に入れてます。

改めまして、ご結婚おめでとうございます。
スポンサーサイト

style="clap"
遠い未来、人類は地球全土の化学物質や放射能汚染、オゾン層破壊による紫外線被害等の環境破壊の影響で遺伝子の崩壊が始まり滅亡の道を歩んでいた――。

RTで回ってきてたのですがこれがすごい。一応このブログにも貼っていますがディストピア好き、あと「緑玉紳士」系のグロかわいいもの好きの方なら大きめサイズで観るのを推奨します。生殖器、排泄物注意(ツッコミ入れつつ観るのが好きな方には、ニコニコ動画のほうを折り畳み先に貼ってあります)。



この「Junk Head」は自主制作作品。「1」にはお仕事のかたわら4年かかったそうで、続編については制作に専念できる環境を得るため、現在、広く一般から支援(一口500円~1万円)を募っているようです。

Junk Head 1 Full English

支援募集サイトMotionGallery 「Junk Head 1」の続編「 Junk Head 2」制作支援のお願い。 

制作者ホームページ「YAMIKEN

style="clap"

Run! / steve.garner32


ユグドラシル内でも様々な思惑があり、一枚岩ではないところを見せた今回。
とうとう佃井さん登場ですね。
「W」のホッパーもそうでしたが、主人への忠誠心と、ほっそりした身体と、研ぎ澄まされたナイフそのもののような戦闘力。
戦う武器になりきっているところが、ものすごくわたし好みのキャラクターで素晴らしい。プロフェッサー凌馬がうらやましい。

しかし今週のメインイベントは呉島兄弟。長かったです(´;ω;`)

そしてプロフェッサー、ついに趣味だと認めました!
前からそうじゃないかと思ってました!
遊んでます。いよいよ好きです。

style="clap"

Witness / mikecogh


今日は朝から所用のため外出で、さっきようやく録画が観られました! 来週も、多分こんな感じ。

思った以上にセオリー通り、きっちり来ましたね。まるで昭和の「怪奇ミステリー」みたいで懐かしさすら感じます。
ほんのちょっとした好奇心で、あるいは何らかの誘惑を受けて、あるいは間違いで、あっけなく人ならぬ身となってしまった者の悲劇、というのが昔は洋の東西を問わず多かったんですよ。

しかしこの第14話での初瀬亮二のモノローグはなく、彼に人の心が残っているのか否かを示す手がかりもなく、
「そいつは人間なんだ、おれたちの仲間なんだ!」と叫び続ける紘汰と、
「これはいわば正義ってもんだろ?」と、目の前で化け物退治を展開するユグドラシル側の新世代ライダー、シグルドと、いずれが正しいかは示されません。
モンスターが倒された後で人らしい仕草を見せるとか、逆に人だと信じあくまで説得を続けるヒーロー側が心をなくした化け物に八つ裂きにされかけるとか、そういう展開が「トワイライトゾーン」の昔からこのパターンでは多いのですが。
その辺がなんというか、もやもやしますが、その分紘汰の必死の
「人間だ!」という叫びがぐっと来ました。

style="clap"

Strange Fruit / sarahbeach


この間診断メーカーで
「あなたがファンタジー世界の学者だとしたら……」というようなやつをやったのですが、わたしは身体から植物の芽が吹く「芽吹病」の病理学者なんだそうです。なんだろうこのシンクロ。

先週の盛り上がりに比べると、今週はほぼみんなの予測通りの展開でしたね。
そんななかで、ついにユグドラシルのプロジェクト名が明らかになりました。身も蓋もなさすぎる。
もうちょっと、なんだかわからない名前にすべきじゃないのでしょうか。

style="clap"

Yakushima Tree - 02 / Kabacchi


一気にダークな色合いが深まってきた「鎧武」。
現実的でクレバーな光実との意見の相違が、亀裂につながりそうでハラハラします。
そんななか、戦いへの自分なりの覚悟を決める紘汰――。

しかし舞のダンスへのこだわり、映画での巫女コスプレは根拠があったということですね。
戒斗は鎮守の森って言ってましたが、村レベルならともかく市レベルの神社を取り壊したりってあるのかなあ。
小さい祠でも、ビルの屋上に移動させたりとかしてるのに。
罰当たりな、という言葉が浮かびましたよユグドラシル。
見どころは貴虎兄さんの新フォームと城之内の華麗な転身。
そしてバイトの女の子の存在感

今回特に長台詞が多いので正確さには期待しないでください。

style="clap"

鏡餅 / Kanesue


あけましておめでとうございます!
そして、
戦キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今年はネットに流れるお正月イラストも鎧武ものが多く(和風だからかみかんだからか干支に乗ってるからか)ずっとじれじれしていましたが、早くも封切り1週間で、朝一上映のみになってしまった田舎の映画館に、やっと行ってきました!
DVD付きパンフが売り切れてしまっていましたが、売店に売ってる廉価版ベルトをおねだりする子供と、
「あなたそれ大きいの持ってるじゃない。要らないよ」と却下するお父さんとの攻防を見て、ああやっと年が明けた気がします。

以下、適当な感想文。
今更……ですが、一応ネタバレがあるので折りたたんでいます。

style="clap"
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。