LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いや今日更新するつもりはなかったのですが、そしてタイトルの件は明日ゆっくり書くつもりだったのですが、目撃したから仕方ない。こんなところに伊藤さんシリーズ。

みなさんありがとうございます
伊藤慎さん

たぶん後日追記します。そしてなんとなく伊藤さんのバレエ観たい気がしました。
4/1追記。
言わずもがなですが「ジャパンアクションアワード」とは、昨年よりスタートした、日本のアクションやスタントマンの地位向上を目的とする賞で、年間のベストスタントマン、ベストスタント(特定の作品の、特定のアクションシーン)等々いろいろな部門があります。
スポンサーサイト

style="clap"

turtle_in_hand4 / Mack_L


亀飼い、そしてファイズ者なら行かねばなるまい! と万難排し、めずらしく前売り券購入してまで行ってきました!
昭和ライダーが平成ライダーと戦う理由が作中で最初に述べられた時、胸が切なくなりました。
たっくん! そして雅人! 十年の物語にようやく決着が……

ということで感動してますのでビックリマーク多めでお送りしています。
昭和と平成どちらが勝つか、どういうけりをつけるのか、にも興味津々でしたが(わたしは平成に投票済み)なんともな結末でした!
神、村雨と、かっこいいおじさんてんこもりもよかった。皆さんお元気でうれしいです!
エンディング、スタッフロール横の画面の各ライダー紹介も見逃せないのですが、同時に下のアニメが可愛いので忙しいです。ちょっと非公認風でした。お見逃しなく。
あ、あとパンフレットも豪華ですのでぜひ買いましょう!

以下、ネタバレ気にせず思いつくまま、でも初日ですので折りたたみ。

style="clap"
バイク好きにはたまらない企画が盛りだくさんで、こちらに引っ越してくるまでは気にしていたのですが、今となってはそうそう気軽に東京にでていけるわけもなし、ということでノーチェックになってしまっていた東京モーターサイクルショー。
今年は「555」半田健人さんのトークショーが話題だったのですが、ああ映画の話かと思いきや、オートバジン出てきて撮影会もありとはなんかもう羨ましすぎて、このやり場のない思いとともに東京都民に嫉妬の嵐!


style="clap"


前にご紹介したブレイド編に連なる感じですね。
カブトはほんとにポーズやモデルウォークがスタイリッシュで、つい真似してあちこち痛くなった思い出がありますw

今気づいたけど、これってフィギュア発売のたびに細切れでちょこちょこ出すのでしょうか?
一度に撮られたものだというのはわかりますが。
ファイズ編が待ちきれない! いや最初に説明したからないのかな(´・ω・`)

Amazonのマイショップで商品写真が出てこないので公式から。


style="clap"
無事千人兵をやっつけて暇なんだそうです。
稼ぎがなくて居候的に肩身が狭いそうです。
なにか彼らが(基本、ゴウが)お手伝いできそうな仕事があれば、お申し付けくださいとのこと。交通費だけ払えば人件費は要りませんとは!
撮影が行われネット等でお手伝いの模様は公表されます。

ということで、何か面白い“お仕事”がある方はぜひお申し込みを。
わたしは中の人が誰なのかが気になります。346さんが来られます、とかだったら、そちらを公表したほうが大きいお友達の食いつきは良さそうですよね。
ちなみに番組中ゲキを演じた岩上さんは、むかし探偵ナイトスクープで、子供関連の依頼解決のためヒーロー役出演のご経験があるそうです……?
同日誤記訂正。

style="clap"
久々に長いタイトル。そして久々のi spy。まずはご覧ください。



基本、素で商品紹介をしている高岩さんなのですが、後半ポーズを決める時はさすがに天道総司がちらちら透けてます。
静かな声がたまりません。この声だけで床磨き案件。かっこいい。
そして、このベルトも超ほしい。前に買ったのと違うのですよこのやろう。

仮面ライダーカブトの大人向け変身ベルト、「COMPLETE SELECTION MODIFICATION KABUTOZECTER」の受注は本日より6月9日まで、お値段12,960円也!

style="clap"
Pioneerplaque.png

世界を破壊せよ、とか言われるとピンクのライダーが通り過ぎそうでどきどきしますが、いよいよ絶縁のテンペストっぽくなってきた気もします。
衝撃の果てに、戦う意味を見出した紘汰。決意の表情がことさらに美しく、失礼ながら今週は、この人こんなにきれいな人だったのかとどきどきしました。
対する光実の、まさに「凄みのある美貌」といいたくなる凄まじいまでの形相も素晴らしかった。いやあ俳優さんってすごいです。
サガラ、金髪舞の思惑も絡まり熱い戦い。さらにはサガラからもたらされた新たなロックシードによって、いよいよ戦国武将らしい姿となる鎧武!
高岩さんすみません、ということは、動きにくいんでしょうか(´;ω;`)

style="clap"
愛すべき、青い地球のまんなかへ――。
ハワイ観光局がウルトラマンとコラボ、という記事を見て、遅ればせに動画を観てみると、これがまた和む内容です。
サーフィン、ゴルフ、ヨガ、そしてフラ……
ハワイアン調のBGMとともに、映しだされる自然が美しく、親孝行するタロウさんと、ウルトラの父&母が睦まじく。
とくに母はこの間、ファッションモデルとしてもデビューされたわけでその美貌も健在。
(・∀・)ニヤニヤ してしまいます。



さすがにサーフィンそのものの映像がないのは、ガチャピンほどの撮影体制がなかったということなんだろうかとか、名演技の中の人は誰なんだろうとか、まあいろいろ考えてしまうわけですが。
詳細はこちら(↓)。壁紙ダウンロードもありました。

ウルトラハワイ

style="clap"
高岩さんの先日のこの(↓)twから、気にはなっていたのですが……今日観る時間ができたので、自分メモ。

それでは説明しよう。
「世直し君」とは、
・「ドキド欽ちゃんスピリッツ!!」(TBS系・86年10月~87年3月放映のバラエティ番組)の10分ほどのワンコーナー
・UFOから降臨するヒーロー「世直し君」(戸谷昌弘さん)と森末慎二さんの勧善懲悪アクションもの
・JACも参加
と、wikiによればありがちな特撮パロディかなと思える内容なのですが、これが実際見るとぜんぜん違っていて面白い。

全編無言のアクション劇がコミカルでテンポよく、日体大の「集団行動」とか好きな人だとはまりそうです。BGMの70~80年代ポップスも合ってます。
毎回変わる登場ナレーション(森山周一郎さん)の
「小さな悪は許さない。世の中の悪を直すため、近所の星からやってきた。これが噂の世直し君!」とか、BGMも含め無駄に荘厳に出現する世直し君。
彼が戦うのは日常にありふれたちょっとした図々しさ、迷惑行為、みたいな悪。時には悪の人のほうが可哀想になることもあるくらい。
悪人たちより小柄な体型、へっぴり腰での戦いも可愛らしく、立ち回りでははっきりいって森末慎二さんのほうが頼りになりますが、ポーズだけはきっちり決め、再び荘厳に去っていく世直し君。
身体能力の凄さに対する驚きと、お約束から少し外れたおかしさがいい感じに混じっていて、こういうのはライブショーならではの楽しさですね。ああ確かにこういうくすっと笑えるの、高岩さんはお好きそうです。
わたしは観たことないんですけどヘロQとかどうなんでしょう。

せっかくなのでテロップから抜き出してみました。回によって違うかも。

ジャパン・アクション・クラブ出演者(敬称略・順不同):
西村洋一 戸谷昌弘 細目 隆 明楽哲典 樋口治行 塩西 純 長屋正志 吉岡秀仁 阪上富男 仁禮美佐 渡辺元子 飯村郁美


style="clap"

The Ark of the Covenant / The Jewish Theological Seminary


戦極と紘汰、いわば敵同士が利害の一致に、かりそめに共闘する、という燃えるシチュエーション。
舞たちを方舟に乗せようとする光実。
そしてついに貴虎は、残酷な事実を紘汰に告げる――。
あっという間の30分でした。取り敢えずシドは生き延びてましたけどそれは非常事態のお陰。
……いや秘密を守るために街一つ焼き払ったら、却って世界の注目を浴びることになると思いますけれども。

そんななかで戒斗さんの謎理論は健在です。この人の平常心だけが頼りです。
見直してないのでセリフはかなりいい加減。これから出かけるので取り敢えず。観直しました。

style="clap"
「怪人の背中に……チャック、みたいなのあるじゃないですか。あれ何なんすか」

乾杯戦士 アフターⅤ

2/25に、上記公式にもあるメインビジュアルだけがTLに流れ、レッド村井良大さん(「ディケイド」のクウガ)、ブルー加藤和樹さん(「カブト」のそうそうそれそれドレイク)という見覚えある顔ぶれに興味を惹かれ、また先日の制作発表記事で、
「はたしてわたしの住む田舎でも見られるのか?」とやきもきしていたアフターⅤ。
4/7のテレ玉を皮切りに、あちこち放映開始です。



このところ大人向けに一般ドラマでのパロディや、こういうメタものが増えてきましたね。
居酒屋メニュー風なサイトデザイン、いかにもカレー食べそうなイエロー。
子供の目に触れない時間帯なら、こういうのわたしも大好きです。楽しみです。
同日追記。最初に見たtwがみつかったので追加。いやこれだけだとなんだかわからないですよね。

style="clap"

Surrendered flower secrets / Broo_am (Andy B)


秘密を知らされ、苦悩する紘汰。
その様を見て、彼がどこまで知ったのか、ほんとうに伏せておきたい真実は暴露されたのか、否かを慎重に探る光実。
一方で、何かの調査を始める、戒斗。
彼らの動きを見守る大人たちの中にもさまざまな思惑があり、そこから新たなドラマが――。
紘汰が貴虎を惑わす者だといわんばかりのシドのセリフ。
邪魔者を消そうとするシグルドと、鎧武の戦いは、時間的には短いですが迫力があってよかったです。
紘汰の生身ファイトもたっぷりでアクション的にも堪能しました。

録画を見直してないので、以降はあまり正確ではありません。

style="clap"


いや、桃太郎篇( *`w´ )と名付けられているかどうかは知りませんが。
今たまたま見たんですがこのCM凝ってますね!
<Episode 0>ということは続編があるのでしょうか。
ハードなアクションが期待できそうでわくわくします。
自分より強いやつを倒せ! 桃太郎!

style="clap"
わたしが結構うまく出来るモノマネの一つに“ANNOYING ORANGE”の声真似というのがあるのですが、これは、台所という狭い社会のなかで他の食材に意地悪・皮肉・悪趣味なからかいの限りを尽くすすごくうざいキャラ。
そのうざい、あとビジュアル的にはニヤニヤした表情がかなりキモい、台所の嫌われ者・オレンジが、司令役を務める新作がこの「サワーレンジャー」(2/28リリース)。
明らかにパワレンのパロディなのですが、メモ代わりに貼り付けておきます。



このスーツは「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」かなあ。

style="clap"
キック・アス ジャスティスフォーエバー

やっと休みがとれたので行ってきました! 危なかった、平日昼間とはいえ5人しかいなかったです。もう少しぼやぼやしてたら上映終了してたかも。

うーんなんというか、つきなみな感想ですが「1」を超える「2」って難しいものですね。
面白いのは面白かったのですが、そしてあの愛すべきキャラに再会出来たのはうれしかったのですが。
キュートな高校生ヒーローを取り巻く残酷な現実。
愛くるしいシリアルキラーの小さな小さな身体から繰り出される圧倒的なバイオレンス。
その取り合わせがちょっと、パワーダウンしちゃった気がします。育ちすぎちゃったというか。

そんなわけで見どころは、「ダメな」「モテない」「平凡な」と形容される割には地味にモテている主人公デイブの腹筋
主役のアーロン・テイラー=ジョンソン(結婚して名前が少し変わりました)が、あえて運動せず、たるんで筋肉の落ちた身体をつくった前回とは見違える成長ぶり。立派なものをお持ちです。
あと、オタク仲間のマーティは心底スパイダーマンが好きなんですねw
折りたたみ以降はネタバレあり。

style="clap"
いや、気になるtwいっぱいあって(海斗とか特写写真集とか高岩さんのシャバドゥビとかトッキュウ×鎧武とか、面白い自主制作特撮とかあれとかこれとか)毎日更新してた頃ならこれ絶対ネタにしてる、というやつもスルーしまくりのこの頃なのですが、これはメモしなければと思いました第一弾。



来る3/23はFC東京vs川崎フロンターレの「第23回多摩川クラシコ」。
まもなく封切りの劇場版「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」の公開を記念して、こんな完全コラボPVを制作したとのこと。販売されるグッズも充実してるようです。
ライダー&サッカーといえば、前にサイクロンジョーカーに変身してフィリップ(役のロングベスト着たマスコットキャラ)が倒れたあれがありますが、今回も楽しいショーがあるのでしょうか?
それにしても、思わず画像保存してしまうこのインパクトw あ、ベースカラーがブルーだからか。
どうして

style="clap"
日曜日は早朝から外出していたのでようやく今頃、きちんと観ることができました。
ユグドラシルが守り通そうとしている秘密。
それを知った紘汰と戒斗の、それぞれの決意。ここで道は分かたれてしまうのでしょうか。
道が異なるといえば、ユグドラシル側も、事態を憂慮し世界を守ろうと高所から考えている貴虎、そしてむしろ新世界の到来に胸を高鳴らせているらしい戦極・湊・シドたち、両者の間を遊泳しながら紘汰・舞を守ろうとする光実と、やはり別々の思惑を抱えています。
このパワーバランスに紘汰と戒斗はどのように影響していくのでしょうか。とくに、今週、衝撃の事実に戸惑い迷い、十分に戦えなくなってしまった紘汰は。
ああ、みwなwぎwっwてwまwいwりwまwしwたw


Bangkok バンコク / taylorandayumi


ヘルヘイムの森の実はライチみたいだという人が多いですが、今日のホルマリン漬けはそこ通り越して果肉がジュレになっちゃってますね。美味しそうです。
今回重要情報が多いので、初めて何回もビデオ止めたり再生したりしてしまいました。折りたたみ以降はすごく長いです。

style="clap"
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。