LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
バディストーリーの面白さは、最初から息ぴったり! ではなく、時にはいがみ合ったりもしながら、徐々に相手の努力や、自分に寄せられる信頼に気づき、すこしずつその絆を強めていくところだと思うのです。それがパターンと言われようとも。
わたしが大好きな初代プリキュアも、お互いに生活も嗜好もまったく違う、プリキュアにでもならなければ互いの道が交差したかどうかもわからないほのかと渚が、何かといえば
「やっぱり合わない」と互いに齟齬を感じたり、時には嫉妬を感じてぎくしゃくしたり、そんななかでも共通する正義を愛する心、お互いへの憧れなどに気づき、信頼しあっていく過程が、ほぼ半年かけて丁寧に描かれていたのが、よかったんですよね(余談ながらそのクライマックスが文化祭の「ロミオとジュリエット」だと思っています)。
そうこうしながらも、渚はラクロスの試合に、ほのかは科学部の発表会に、それぞれリーダーシップをふるい、それぞれのホームを大切にし続ける点は変わらなくて、そこも安心して観ていられましたし。


Car Door / chrisf608


進ノ介が霧子の見舞いを断った理由。
進ノ介は、それぞれ近いところで自分の弱みもすべて見ている人間同士が会って情報交換することに、「学校の友達と親を会わせたくない」的な照れや居心地の悪さを感じるのでしょうが、それだけではないのかも。
早瀬との時間も、進ノ介にとっては特別な時間ですが、一方で、霧子との時間も、特別な時間になりつつあるのではないかと感じました。クールで仕事一辺倒、そのくせ肉体的にはか弱い一般人である霧子が、身体をはって超人・ドライブを守ろうとするその熱意、覚悟、自分に寄せられている絶対の信頼。これにぐっと来ないドライブはいないはず。かつてのバディと今のバディ、それぞれに、心の大切な場所に(別々に)しまっておきたい気持ちは、わからないでもないです。
この微妙なバディシップと重ね合わされる、高杉と久坂の過去。今回犯罪者側の事情を丁寧に描かれていたのもよかったです。
スポンサーサイト

style="clap"
2014.11.30 11:42 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
えええいいなあ。ああいいなあ。メアドだけ伏せ字にしました。
伏せ字できてなかった……11/30追記。ああほんとに素敵な方だなあ。

style="clap"
2014.11.30 07:46 | i spy こんなところに高岩さん | トラックバック(-) | コメント(-) |
「イケメン特撮は女の見る特撮で」という記事を描いてたらタイムリーなニュースが流れてきました。
まあこんなふうにジェンダージェンダーと声を上げたりするのも大げさな、と思ってしまう人間なのですがそれはともかく、このニュースの主人公、マギーちゃんのスーパーヒーロー愛にぐっときまして。

折りたたみ以降は上に貼った可愛い抗議ツイートに対し、英国大手スーパーが全面降伏した顛末を解説する記事(インディペンデント紙)の適当訳。誤訳のご指摘は大歓迎です。

style="clap"
2014.11.26 20:11 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日はいろいろ作業してて、今日の午前中も家族につきあい病院のはしごしてて、今頃気づいたこの話。元のこのtwがRTされてきたわけじゃなく、わたしが最初に気づいたのは
「イケメン特撮は特撮じゃない、という人がいるけど…」と、上記への感想を綴ったtw。
なので、
「ああそういう人よくいるよなあ、まるで藤岡弘、さんがイケメンでなかったかのような言説」だと自分でもつぶやいたりしてたのですが、気になってあとで調べたら元のツイートは年くったマンガ好きならたいてい知ってる、ある程度著名な方のもので、そのため、当然ながらこの一日で、かなりの物議を醸しているようです。

style="clap"
2014.11.26 15:19 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |
泣けるで! 懐かしい顔が登場ですね。
今回東都タイムス記者、高杉を演じた内野謙太さんは「メビウス」ではテッペイ、そして「電王」9&10話ではくまちゃんことキンタロスの前契約者。圧倒的な強さを持ちつつ、誠意と愛嬌にあふれる本条&キンタロスを好演されていました。
そして「ドライブ」では、警察には煩わしい存在であるはずの新聞記者、なのになぜか憎めないキャラクター。霧子が疑うのに、今ひとつ感情移入できないほどの。
果たして今回の犯人は……?
そして、霧子の決意は。


MINOLTA AF Zoom 35-70mm F4. (1985) / MIKI Yoshihito (´・ω・)


そして冒頭の3分を見逃してしまったわたしも泣きそうですが、今日も時間がない。たぶんあとで加筆します。

style="clap"
2014.11.23 13:21 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日おもちゃ屋さんに行ったらタイプワイルドのおもちゃ出てました!
マッシブなプロポーションでいいですね。


Indian Cobra (Naja naja) / Gopal Venkatesan


今日は「龍騎」ファンにはベノクラッシュを思わせるシーンがありましたのでここは蛇の写真を。苦手な方は済みません。


style="clap"
2014.11.16 11:34 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
タイプワイルド キタ━(゚∀゚)━! と思ったら、変身はお預けでした。
2回でワンエピソードの定型からすると当然そうなるのでしょうけど2週間も待ったのに(´・ω・`)


woman with binoculars / electricnerve


魔神チェイサーとプロトドライブ(どちらもバイク乗り)の関係についてはいろいろと皆さん予想されてますが、今回のベルトさんの台詞も重要でしたね。わたしもチェイスが元プロトドライブ、もしくはその関係者だったりすると燃えます。
ストーリー上は新キャラに公安部警視とイケメンエリートが登場し、りんなさんをめぐり追田警部補との恋の鞘当ても気になるところ。
あと、今回のクラッシュロイミュードが、なんだか幹部たちの間で特別扱いされてるような気がして、しかしそれだけの力があるようにも見えないのが気にかかります。
今日も仕事なので以下録画を観直しもせず走り書き感想文。

style="clap"
2014.11.09 12:20 | drive ドライブ | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。