LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
なんだか今日月曜日は早朝勤務なのに、これを書いている今、外がただならぬ雰囲気で超豪雨なのですが休んじゃいけないのかなあ。もうちょっとしたら出て行くわけですが。
そんなわたしと同じくらいの切迫感で、あと3日なのに生き返る方法、まったく見つかってないタケル。
それなのにアデルと眼魔世界の問題もあると。アデルから世界を守り、魂を奪われた人々を救わなければならない、心もつながなければならない。
タケルのライフワーク(死んでますけど一応)と、生き返るというタスクが、一致しているように見えないので、とりあえずどちらかに専念すべきじゃないかとかとりあえず生き返るのが先決じゃないかとか、いや命を捨てても皆を救うという決意があるべきなのではとか、凡人としては思うわけです。どっちも捨てない、のがタケルのいいところなんでしょうけど優先順位決めて計画を立てようというか。
そしてこれらの課題のなかで、急に人の声が聞こえて苦しいというのがまずいきなりすぎてよくわからず、それ解決しなきゃいけないことなのとも思い、唐橋武蔵がかっこいいのはよかったけど、修行の成果がかつて関わりのあった3人の声を聞いて終わりというのもわかりにくかった。唐橋武蔵がかっこいいのはよかったけど(二度言います)。


Stellar Parallax / garlandcannon


そしてアデルがザ・ワールドになり人々が自我を失われて端末となる表現で、顔がことごとくアデルになる、という絵柄はとてもわかりやすく、アデルマイザーズもこの伏線だったのかと思ったりするのですが、いくらポリティカル・コレクトネスといってもこういうところにまで女性を含めなくてもいいですよと思ったり思わなかったり。

スポンサーサイト

style="clap"
2016.08.29 05:20 | ghost ゴースト | トラックバック(-) | コメント(-) |
まさかの周回遅れ。こんなに遅くなったのは、べつにわたしが関西在住者だからじゃなく、単に出勤後観ようと思ってた録画に失敗していたせいです。
幸い人様の録画物を見せていただく(いつでもどこでも特撮好きだと公言しているとこういう時ラッキー)機会があったのでよかったのですがCMカットされていて痛恨。
ライダーは挿入されるCMも好きなのです。


doll heads / dennis


それにしても真山さんのアデルは、アデルマイザーズの時もそうですがいろいろ素材化されてしまう役ですね。
せっかくの整ったお顔で、今回も様々な表情を見せてくださいました。

style="clap"
2016.08.28 10:54 | ghost ゴースト | トラックバック(-) | コメント(-) |
よくみたら1月の公開でしたが今気づいたから今メモ。
サルバドール・ダリの絵の世界を360度体験できるというものです。左上の方向ボタンで視点を調節すれば、幻想的な画風もありゲームの中に入ってしまったような気がします。ぜひ大画面で御覧ください。



以前に「ゲルニカ」で同様の試みがあったのをご紹介しましたがこちらはぐっとお手軽(操作性が)。
技術はどんどん進んでいくんだなあ。パンツァードラグーン世界でこれやってほしい。

style="clap"
2016.08.26 13:36 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
リアルタイムでは観てないのですが、帰宅後ネットで安倍マリオ、安倍マリオと謎のパワーワードが飛び交っていたので確認したら、次回開催国として日本が紹介される引き継ぎセレモニー、「トーキョーショー」の中でのことだったのですね。
総理が照れながらすぐ帽子を脱いでしまわれたのが残念でした。そしてマリオもさることながらオープニングの君が代の攻殻機動隊な空気感、後半の青森大学新体操部も参加したスタイリッシュなパフォーマンスが素敵でした! たぶん衣装はISSEY MIYAKE?
また、「Love Sport」をキャッチにスポーツの躍動を伝える映像も美しいと思いました。あの活人画を1964年の東京オリンピックポスターのオマージュと評する人もいてそれもそうだと(しかしわたしはスーパー戦隊大集合やレジェンドライダー大集合の絵を連想)。
全体として今の日本、今の東京を伝えるセンスのいいパフォーマンスだったと思います。と同時に、観ていて日の丸デザインがまた好きになったというか。

トーキョーショー

動画は貼れないようです。見逃し配信はこちら
折りたたみ以降は印象に残った感想twをいくつか。

style="clap"
2016.08.22 23:52 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週から思っているのですが、あのデミアプロジェクトの表現、人の頭から金色の線が伸びていく描写、「冬虫夏草」って言葉を思い出して仕方ないのです。気味が悪い。
いかにもな描き方とは違いますが、世界どころか宇宙が変わってしまいそうな不気味さを感じました。
それと同時に、妙な美しさも感じまして(特に終盤のアデルの描写)、田崎監督の絵の美しさを改めて感じます。


Cordyceps sinensis / thiswholeworld


ただ、わたしがビルズなら自社ビル内の会場じゃなく、どこか大会場を借りて、もっと大人数でリリースイベントやりたいと思うのですが。会場狭いというか、人数少なかったですよね。それともあちこち大会場と多元中継を結んでる感じなのでしょうか(maki注:なんか勘違いしてました。会場ちゃんと借りてますよね、小さいけど)。

そして東映公式、映画のネタバレがすごい。
今更ですがパンフレットのキャスト対談が良かったですね。

折りたたみ以降は感想文。
間違っているところが多々あると思いますが、今日ジュウオウジャー見逃した&これから仕事なので、後日録画見てから修正します。

style="clap"
2016.08.14 11:55 | ghost ゴースト | トラックバック(-) | コメント(-) |
だいぶ前にキジ派を表明したペプシの桃太郎シリーズCM、Episode0~3までで一区切りだったのか(猿編がまだなのに)暫く間があいてしまっていましたが、ティーザー(「ジュード・ロウ来日編」)を挟んでいよいよ鬼編!
温羅っぽい悲しみの鬼でしたねジュード・ロウ。そして折角の整った顔が真っ赤。赤鬼なんですね。
一応貼ってますがYouTubeで大きめプレイヤーで観るのがおすすめです。



こちらはメイキング入り。


style="clap"
2016.08.11 21:10 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
そんなわけで観てきました。
今日8月7日はスーパー墓参りタイムだなあと思ったら映画でも精霊流し。夏休みというよりお盆意識してますね。


Peacock / garyullah


さて「ゴースト」のテレビシリーズが例年に比べるとどうも大きいお友達人気が低いようだなとはわたしも感じているのですが、今回の映画は良くも悪くもテレビの「ゴースト」をそのまま映画化した、という印象です。サプライズはありません。テレビの「ゴースト」が嫌いな方にはおすすめしがたい。逆にお好きな方にはぜひおすすめしたい。
折りたたみ以降は感想文。同時上映の「劇場版動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」も一緒に書いてます。


style="clap"
2016.08.07 23:47 | ghost ゴースト | トラックバック(-) | コメント(-) |
「何やってるんだこんな時に!」
仏系ライダー、タケルがめずらしく怒ってましたよね。現時点ではアランの身体を無断で使い、悪ふざけしているようにしか見えませんから仕方ない。御成には何か思惑があるようですが……


Doing Networking / Cea.


そしてデミアプロジェクト。いきなり昔のディストピアものみたいなことになってきましたが(人体を端末としてクラウドと接続する)、集合知すごい、ということになるのかと思ったら雑魚眼魔にして使用するとか相変わらずよくわかりません。
御成が一瞬だけ頭のいい人っぽい話し方になったのは面白かった。

style="clap"
2016.08.07 11:46 | ghost ゴースト | トラックバック(-) | コメント(-) |
いやほんと、連日TLに伏せ字だらけの感想が飛び交い、
「早く語りたいから皆見て!」とか早くも動員数がとか野村萬斎がとか色々聞いているとああこれはブルーレイ待つんじゃなく劇場で見ておくべきかなあという気になり、なんだか焦って行ってしまいました。土曜日からは「ゴースト」だし月末は課題出さなきゃだしこの辺りがラストチャンスかなと。


面白かった。面白かったし、色々なことを感じました。

ネタバレは例によってキニシナイたちなので、同じくキニシナイ方だけ折りたたみ以降をどうぞ。

※小並感あふれるただの感想メモです。

style="clap"
2016.08.05 03:17 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
天空寺龍と眼魔世界の長官・イーディス。
天空寺タケルと眼魔世界の孤独な僭王・アデル。
2世代の戦いが重なり合い、そして――。ちょっとテンポは悪かったけど、好きな演出でした。あと、先週の予告だとアデルが追加戦士になるのか、という勢いでしたがそんなことはありませんでした。


angry chick / ppassu


そしてムゲンもガンマイザーも毎回、人の感情がテーマになっていますが、今回は怒り。登場人物たちがそれぞれの怒りを吐き出すシーンがありますが、タケルのおかげでそれが殺伐とはなりません。
前も少し書いたと思いますがタケルはいわゆる“きれいごと”を堂々と、本気で口にするキャラクター(今キャラクター、と打ったら機種依存文字で御成っぽいのが2つも出ましたが🙍🙎)で、18歳とは思えない無邪気さというか悟りっぷりというかが、ここまで突き抜けていると爽やかとしか言いようがありません。
わたしもあの下りは何の茶番かと怒りたくなったのですが、
「人の、あるいは己の怒りの根源を知ることが大切だ」というタケルに何か教えられた気になってさすが寺育ち。

style="clap"
2016.08.01 11:03 | ghost ゴースト | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。