LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

前作「シビル・ウォー」で登場したトム・ホランドのスパイダーマンがタイトルロール。
前にも書いたと思うんですが、今までで一番高校生っぽさを感じるスパイダーマンです。アウディのタイアップCMでも、いかにも運転免許を取りに来たティーンエイジャーという感じ。



国家的ヒーローであるキャプテン・アメリカや、自分をスカウトしてくれたアイアンマンらアベンジャーズへの憧れを隠そうともせず、「シビル・ウォー」でははしゃいで自撮りしまくり、その後もせっかく手に入れた力を役立てたくてウズウズしている。自分に何ができるか、証明したい。
高い塔の窓を蹴破ろうにも蹴破れない、細い身体。悪漢に
「この間は女の子かと思った」とからかわれる高めの声。決して
「頼もしい」と思われるタイプのヒーローではありません。ただただ可愛い。そんな彼に、ある運命的なできごとが起こる、高校の、ホームカミングの夜。

ほとんどアイドル映画と言ってもいいくらいキラキラした可愛い映画。そのなかで、ヒーローとして1人の男性として、成長していく15歳のピーター・パーカー。「シビル・ウォー」観てなくても大丈夫です。
みんな社長が悪いんだ!

style="clap"
2017.08.13 12:15 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
8/6に観たのですが、ここに書くまで一週間は待とうと思いました。あまりにも爽やかなエンディングに、余韻を噛みしめたくなったのです。

s_true end

前日に観たパワレンの、ボディアクションの少なさがフラストレーションになっていたのか、劇場版ライダーである「風魔」と雑魚忍者のめざましさと無双っぷりに
「これだよこれこれ!」と無門殿のごとく感じ入っておりました。
ドクターズがことごとく倒され、新型のゲーム病を発症してバーチャル・リアリティの世界へ取り込まれて行くのですが、そこへ至るアクションシーンがかなり丁寧に描かれていて満足度高い。雨の中の彩度の低い画面が渋い。
さらには6人での変身シーンが熱い。
わたしの主治医はあくまで九条貴利矢先生(監察医という職業がら病理を様々なエビデンスから明らかにしていくところが好き)で、飛彩先生に関してはただひたすらノーブルというイメージを持ってきたのですが、その純白の白衣が雨に濡れ、泥に塗れるところがもうなんというかえろい。主治医じゃないのに。
最後の最後、ラスボスとの決戦は一転、外連味たっぷりでふんだんな色彩の洪水も、これぞヒーローアクションの華! と堪能しました。

味方を失い孤軍奮闘する永夢の焦燥、同時に描かれるVR世界 (≒少女・まどかの夢の世界)の間の抜けたおかしさと愛しさ。ポッピーが完全に観客視点でツッコミ入れまくります。とてもバランスのよい映画でした。
以下、ネタバレありありの感想文……とはいっても大事なところは伏せているつもりです。

style="clap"
2017.08.13 02:20 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |