LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。


曼珠沙華 / ptrktn


①へ戻る

曼珠沙華の美しい季節になりましたね。
とくに事態には何の進展もないのですが続きました。なぜなら暇だから。ジョセフィン・テイは入院の退屈で「時の娘」を書き、またかの有名なオセロゲームも、考案者が入院した際、持ち込んだ碁では誰も相手になってくれないので退屈の余り工夫したものだと聞きますが、どうもそういう生産的なほうにはわたしの頭は働かず、ただただ暇。
傷の痛みそのものは収まってきましたが、ちょっと動いた拍子に指に刺さっているピンが指の中で自己主張するので快適さには程遠く、また松葉杖だと荷物が持てない・雨はだめということで家事も外出も思ったほどにはできず、結局本を読むか漫画を読むかゲームをするかくらいしかすることがありません。ジムにも通えません。話題の「ハイジ」も結局皆に反対されてアウトだし、今月分の課題は提出してしまったので来月まで何もなし。
そしてずっと座ったり寝そべったりしていると身体がなんか辛い。元々アクティブには程遠く、時間があればあるだけだらだら無為に過ごす人間だったのですが、それでも安静というのがこんなに辛いとは思いませんでした。むしろ身体わるくなりそう。
加害者には怪我よりもこの退屈について謝罪と賠償を求めたい。

台風コロッケが残っていた

さて一週間留守にしていた我が家に戻れることになり、やれやれと思っていたら自宅が魔窟化していました。

1号の家事については、何しろ料理等はわたしよりむしろ1号の得意分野なので何の心配もしていなかったのですが、掃除片付けはもともとやっておらず、さらに昔から苦手な洗濯がものすごいことになっていました。
まあ頑張ってやってくれていることなので、台風の日おやつに買っておいたコロッケがまだ残っていたことについては口に出しませんでしたが、足が悪く歩行が困難な人間にとって床が足の踏み場もないというのはかなり危険な状況でした。
あと、固定具つきの足で2階への階段は上がりにくい。1度だけ用があって上がりましたけどちょっと怖かった。我が家は1号の希望で全室たたみ生活なんですが、足が悪いと椅子とベッドのほうが楽だというのもよくわかりました。逆に、ごちゃごちゃ狭い家だと思っていましたがあちこち壁のでっぱりがあると掴まり立ちできるのでこういうとき都合がいいというのも。
まあこの辺のは怪我をして得た知見というより、ちょっと考えればわかるだろうということなんですが、実感を以て改めて。
あと1号ゴミの日を知らなかった。知らないで魚さばきまくってました。翌日のゴミの日にわたしがまとめておいたら捨ててくれてかなり環境が改善しました。
ということで年を取ったら椅子とベッドの生活に戻すよう1号には今回の経験を元に強く主張したい。

style="clap"
2017.09.30 18:40 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |

cast art / post406

①へ戻る

 ここからはとりとめなく入院&手術~退院までの話。まあただの日記です。

リハビリスタッフに肩を診てもらう

 翌水曜日。再度警察から電話があり、診断書はどうなったかとのこと。医師に頼む暇がなかったのでそのことを詫び、改めてナースに依頼して、でき次第連絡することにしました(結論から言うと診断書は退院までにできなかったので、後日郵送してもらうことになりました)。
 退屈しのぎに院内のコンビニまで松葉杖で移動してみたところ、便利な入院グッズがいっぱい揃っています。少し冷やかした後電池とカフェラテを買いました。
 他にもあちこち行ってみようと思っていたのですが、それだけでもう疲れてしまい、やめてしまいました。杖がわたしの身長に対してやや短いのか、脇に当てると上体が倒れてしまい、まっすぐ歩こうとすると杖が脇からすっぽぬけてしまいという調子だったのです。尤も、これはわたしが松葉杖の使い方をよく理解していなかったせいだと後でわかりました。

 夕方、手術日程が決まったと再度主治医が現れ、ベッドサイドで同意書や
「輸血のリスクについて説明を受けました」
「麻酔のリスクについて説明を受けました」
 等々、数枚の書類にサインを求められました。よく家族の手術についてサインをしたよ、という話を世間話に聞きますが、わたしの場合患者本人がぴんぴんしているので本人サインでよかったようです。ついでに手術する足もマークしないといけないんだ、決まりなのでと主治医はマジックの蓋を取りながら言い、わたしの片足の脛の部分にマジックで記号を書き入れていきました。

style="clap"
2017.09.24 15:56 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |
 このところネットから落ちていたのは例によって仕事が忙しかったから……ではなく、入院していたからです。それもひき逃げ事故の被害者として。大病をしたこともなく、インドア派なので当然怪我もなく、保険も保障もいらないと思っていたらまさかの盲点でした。幸い全治1~2ヶ月という軽症ではあったのですが、わたしにとってもそうそうあることではない、めずらしい事態だったので、取りあえず記録を残しておこうと思います。
まだ解決してない事件なので若干のフェイクは入っています。


Rain impacts visibility / State Farm


ヒット・エンド・ラン

 つい先日、9月17日日曜の夜、わたしは19時で仕事を終え、ちょっとした後片付けの後、職場を出ました。
「お先に失礼します」と直属の上司に挨拶した際、
「今から帰るの? 歩きで?」とからかわれたことを憶えています。というのも、ちょうど台風の影響で、周囲は雨脚が最高に激しくなった頃でした。後で聞いたことですが上司は上司で誰かがわたしを車で送ったほうがよくないかと思っていたようです。
 わたしとほぼ同時に社屋横手の社員用出入り口を抜けた同僚は、傘を持たず、濡れるのを嫌ったのでしょう、手を頭上にかざしつつ両側一車線の暗い車道を突っ切って、小走りに向かい側のスーパーの方へ渡っていきました。その時は危ないことをするな、と見送りつつ思ったのですが、今思えばわたしもそれに倣うべきだったのかもしれません。

 わたしといえば傘を持っていたのでそれをさし、片手には前日置き忘れていた日傘を持って、最寄りの交差点へ向かいました(勤務先は交差点の角地になります)。少し待つと信号が青になったので、わたしもすぐ、スーパーのある方向へ横断歩道を渡り始めました。

style="clap"
2017.09.24 14:16 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |
帰ってきたシリーズ2連発。どちらも一年間一緒に走ってきたファンへのサービス映像、セルフパロディ集という趣の作品でした。

流ノ介の野望とシンケンジャー

一言で言って怪作。途中まで、
「何でわたしこれを観てるんだろう?」と何度も首を捻ってしまいます。丈瑠たち自身
「おかしいだろこれ」と何度も我に返ってます。
回り灯籠のような夢の世界に人を閉じ込めるアヤカシによって、重妄想しまくるシンケンジャーたち。
・素浪人の殿が江戸の街を往き
・荒野でにぎり寿司対決
・立てこもり現場で冷徹な女警部と功に逸る刑事  
という調子でどんどん舞台が変わりますが、その都度タイトルが積み重なっていくのが地味におかしい。積み重なりすぎて最後の方は殿に
「長い」と斬って捨てられるのもうれしい。

20数分過ぎたところでようやく、いつもの名告り、いつもの変身がスタートし、ああ福沢さんの殺陣美しい。押川さんの背筋ほんとにまっすぐだし竹内さんのトリッキーな構えも次郎さんのダンスも、というふうにようやく
「帰ってきた!」ことを実感します。果たして彼らは勝利することができるのか、それとも。

ニックと神様とゴーバスターズ

強大な敵に叩きのめされ、絶体絶命のゴーバスターズ。敵の必殺の攻撃に、悲運にも彼岸へ行ってしまったチダ・ニックは、
「なんでも望みを叶えてあげる」と神様に言われ……
まず第一にニックの望みが切なくて泣けます。ifの世界へ赴き、もう一度ヒロムと出会うニック。

しかしここで、新たな番組が始まってしまいます。

ポーズとか服装とかすごく昭和っぽい戦隊物ですが、これはこれでちょっと観てみたいかも。
追加戦士の出てくるタイミングとかあるあるですし、テーマ曲までちゃんとあります。凝ってます。
最後のほろ苦さもまた、ゴーバスターズっぽい。

style="clap"
2017.09.05 21:12 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
……こういうことですね。つぶやいてくださった高野八誠さんは、「龍騎」では手塚海之 / 仮面ライダーライアを演じていらっしゃいました。お2人の様子が目に浮かぶようじゃないですか。


style="clap"
2017.09.04 23:20 | i spy こんなところに高岩さん | トラックバック(-) | コメント(-) |
Thank you very much, ladies and gentlemen. Right now, I got to tell you about -- the fabulous, most groovy, Bellbottoms!



クールな予告に心惹かれ、思わず仕事帰りに観てきました!
なんというか、環境ムービーとして居間で流しっぱなしにしたいような映画。
冒頭いきなりのカースタントと「ベルボトムズ」、そしてコーヒーを買ってドクのアジトに戻るベイビーの軽やかな足取りと「ハーレム・シャッフル」。もうここまででかなりの大満足。スバルWRXにあれほどのポテンシャルがあるとは。シボレーも三菱ギャランもすごいとこ登っていきます。
カーアクション好きな人は絶対に観るべき。
音楽やミュージカル好きも是非。最高に気持ちいい映画です。

style="clap"
2017.09.03 23:38 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
こしげさんがアクション監督を務められた映画で監督は坂本浩一さん、人見早苗さんもご出演、そしてメインの俳優さんが芳賀優里亜さんに水崎綾女さん、小池里奈さん。「カブト」の田所さんこと山口祥行さんも。
直木賞作家の原作は読んでいませんでしたが、特撮好きなら是非観たいと思うラインナップ。
だったのですが、予告が耽美(女性同士のセックスシーン)とわかりやすいエロ(女ばかりのファイトクラブ)を強調していてなんかちょっと観に行きにくいなと思い、しばらくはぐれていました。
たまたま機会があり昨日鑑賞。
燃えました。もっと早く観ればよかったと思いました。たぶんまた観返すだろうなとも思います。
でも予告から感じていた残念な部分がそのままあったのも事実で、色々惜しい。アクション好きな方にはおすすめです。


IMG_2805 / Zemzina


記事タイトルに映画「赤×ピンク」とわざわざ映画、をつけたのは、
「原作小説と全然違う」との評を目にしたからです。以下はあくまで映画の話。

style="clap"
2017.09.03 13:10 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |