LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。


Godiva / courtney_80


①へ戻る

続きました。気がつけば事故から今度の週末で、そろそろ4週間が経とうとしています。
最初の1週間は事故から入院・手術と激動のうちに過ぎていき(それでも退屈だった)、その次の1週間は何とか通院その他の生活に慣れていかなきゃという部分もあったのですが、3週間め4週間めともなるとほとんど事態が動きません。

できることとできないこと

ということで痛みも徐々に収まり、もともと身体には影響がなかったということで本人は至って元気なつもりなのですが、では通常の生活ができるかというとそうはいきません。意外に足の爪先というのは存在感のあるパーツで、まずうつ伏せ寝ができない。
加えて、朝起きて布団から出る、あるいは畳に座った状態から立つ、というところからもう支障があります。ギプスではないのですが包帯の下に簡単な固定具がつけられているので、そこが床につかないよう、そろそろと片足を前に回し、もう片足で半分蹲踞しつつ座卓や柱などをつかんでゆっくりと立ったり座ったり。必然的に、手に何かを持った状態での立ち居振る舞いはできませんし、屈んだままでの作業も無理。

立つ時は、怪我をしたほうの足の踵だけを床につけ、フォークダンスの待機状態のような格好で立ちます。こうすると皿洗いなど、手に何かを持つ作業もこなせるのですが、体重は主に無事なほうの足にかかってしまうため、背筋がまっすぐにならず、長時間そのままでいると背中が痛くなってきます。

歩くこと自体は松葉杖を使えばかなり楽なのですが、
「足を交差させてはいけない(交差させて歩くと、どんなに気をつけていても患部が下がり、地面にぶつかるため)」との指導のため、移動に通常の倍の時間がかかってしまいます。同時に、杖をしっかりつかまなければならないので、やはり手に物が持ちにくい。近所の自販機まで歩いて行ってジュースを買うことくらいはできますが(買ったジュースはウエストポーチに入れて運ぶ)、スーパーのカゴなどは持てません。段差のあるところや坂道もなかなかつらい。

style="clap"
2017.10.12 14:41 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |