LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

新年一発目の映画はもっと早くに観に行く予定だったのですが、時間があるときにはお金がなくお金があるときには家族が体調を崩しと、なんだか今頃になってしまって焦りました。
これは絶対「2」があるぞ、と前作「キングスマン」の公開以来心待ちにしていた「ゴールデンサークル」。コリン・ファースのモノローグからすると「3」に行く伏線なのかなとも思えるのですが、いやこれ以上のシリーズ化はやめといてこの辺にしておくのがいいかも?
「キック・アス」から感じていた独特のえぐみが、今回は大爆発しています(文字通り爆発したのは前回ですが、あのときは妙に美しくてシュールな映像になっていたのに)。残虐シーンは好きだけど食べ物で遊ぶのはやめてくれみたいな。

マシュー・ボーン監督について、わたしが心惹かれるのは第一にスタイリッシュなアクション演出であり、「キングスマン」ではそれに加えて英国の紳士スパイという好みの道具立てと男版マイ・フェア・レディという好みの筋立てがあったことから惚れ込んでしまったわけですが。


style="clap"
2018.01.15 10:47 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |