FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

今週もまた観てしまいました。原作通りの仲村の姑息なごまかしの連続に
「しっかりしろよ」と思いつつ、なにかなごむのは女優さんが可愛らしいからなのか。チャラ男は普通に注意しなさい。

一言で言うと過干渉な母親と会ってストレスマックスの仲村がショッピングセンターのヒーローショーに出かけるの巻、なのですが自意識過剰カムフラージュ過多の彼女に対し、ふらりと現れたのは手練れ感尋常一方ならぬトライガーの君。
主に年齢差から来る両者の温度差に胃が痛くなりつつも、
「暇だからよくわからないけど来てみた」という仲村の仮面も
「もういい年だしそろそろ卒業」という吉田(トライガーの君)の逡巡も
2人のめんどくさい心理に対するわたしの苛立ちも
すべて吹き飛ばすヒーローショーのかっこよさ。秒でアガり、ハンターと化す2人! 中身次郎さんだものな。悪の女幹部がかっこよく、痛めつけられるエマージェイソン、シシレオーの姿に燃えました。
とにかくちゃんとヒーローショーとしての構成、アクションを盛り込んでいて、曲のタイミングが素晴らしい。声がオリジナルなのも泣ける。そしてこの芸の細かさ……
ああ生次郎ショーが観られただけで燃え尽きそうになりました。

style="clap"
s_noor-younis-474991-unsplash.jpg
↑クリックすると東京国立博物館の三日月宗近のページに行きます。この刃文がその名の由来。

Twitterのフォロワーさんに
「観ないと後悔します」という強力なお勧めを受けたので、ろくに予習もしてないのに行ってきました!
いや素晴らしい。

脚本が脚本なのでずっと騙されてはいけないと、
「何が伏線だ!?」
「いつどんでん返しが来るのか?」
 と緊張して観ていたわけですがそれでも目を耳を奪われる三日月宗近の裾捌きの見事さ、練れた声音。まさに主役の貫禄。
あの一瞬の横顔が圧巻で、わたしにとって鈴木拡樹さんのイメージは「ディケイド」のカズマのまま、だったのですが、認識を改めました。
あと、日本号のほうは、わたしは槍とか薙刀は大男が持ってこそと思っているので(新選組も原田好き)、その点アクション面での満足度が高かった! 伊達さんさすがです。
当然ながらパンフレットは売り切れでした。

語りたいことはいっぱいあるのですが靖子作品でネタバレしてはいけないと思うので書けるのはこのくらいかな? あとは「映画泥棒が刀剣男士版だった」。
1/24追記。小さなことですが「鈴木さん」を「鈴木拡樹さん」に改めました。前の記事で鈴木勝大さんのことを書いているので紛らわしいかもと。

style="clap"
うーん、今回はどういう話の持って行き方になるのか予測がつかず。堂安主水の両親の謎もさることながら、オリジナルのライダーとアナザーライダーは同一時空に存在し得ない、というのがジオウ世界の“ルール”であったはずで、これを覆すことが今後の展開にどう影響してくるのか。

s_noor-younis-474991-unsplash.jpg
Photo by noor Younis on Unsplash

ドラマ面では、ヒロムの時と打って変わって、鈴木勝大さんがほんとうにライダーレジェンドであるかのような貫禄を出していて惹きつけられます。
いや特撮レジェンドであることに違いはないんですけど、なんというか、「ディケイド」の時はレジェンドというていで新人を多く起用していたのがアナザーっぽさをうまく醸し出していましたよね?
今回はそれと正反対。仮面ライダークイズは(シノビもですが)未来においてほんとうに存在しているライダーだ、という感じがとても良く出ています。さもないと
「歴史改変に意味はない」みたいな重いこと言えない。

そしてオーラ、そういうことできるんならもっと毎回そういう阻止の仕方をしたほうがいいのでは。

折りたたみ以降は感想文。今回結構台詞を聞き逃しているのでまた修正するかもです。

style="clap"
いやもちろんそんなタイトルではなかったです。
正直原作は初めの数話を読んだだけだったので、観ようかどうしようか、心配していたのですがこの感じならいけるかも?

原作の何が苦手だったかというと何度か書いていますが主人公の隠れっぷりが、大げさすぎる点。
最後の晩餐のあとローマ兵の取り調べを恐れて
「イエスなんか知らない」と言い張った弟子たちみたいな隠れっぷりなのですが、もちろんばれたら処刑されるなんてことはない。
あくまで主人公の自意識によるもので、
「女の子が特撮好きなんておかしい」という世間の規範意識を内面化しているため、必死に隠せば隠すほど本人たちがそう思ってるように見えてしまい、共感どころではなかったのです。

その点ドラマは主人公・仲村の葛藤をあくまでコミカルに、可愛らしくおさめており、
・ガチャで好きなキャラをあてた時のときめき(ダミアン小学生との友情エピ)
・上記であてたキーホルダーを通勤用のバッグにつけて同好の士にアピール(ゆるキャラに紛らせつつ)
などのステップを経て、ラストは仲間を得られそう! という希望に満ちた終わり方をしてます。
原作と同じ展開なのに印象がぜんぜん違う。
さらに架空の戦隊番組、架空のメタルヒーローものに対するキャラ設定、主題歌、グッズ展開に幼児向け雑誌……とつくりこみが徹底していて、そっちから「特撮愛」を受信してしまい……仲村からというよりNHKから。

この調子で、今現在隠している人に対して、徐々に、ソフトに、好感をもって迎えられるカミングアウトもあるんだよと勇気づける作品になるといいなと思います。というより、仲間はいっぱいいるよ、
「女の子が特撮なんておかしい」ってことはないよ、というふうになるといいな。

ネット配信は1/19(土)10:00~
再放送は1/23(水)2:05~ です!

style="clap"
先週の感想文では便宜的に銀ウォズという言葉を使っていましたが、公式にも「黒ウォズ」「白ウォズ」と呼び名が定まりましたね!

レジェンドラッシュで大喜びさせられた前半の流れに一区切りがつき、しばらくはもう1人のウォズ=白ウォズがもたらす、異なる未来から現れた未来ライダーが中心のエピソードが続くようです。
早くも次週、仮面ライダークイズが登場しますが、もうシノビの出番はないのでしょうか。
変身者ももちろんですが、ライダーデザインがめちゃくちゃかっこよくてお気に入りなのですが。スピンオフがあるそうなので、やっぱり本編の出番は終わりかな……

s_joel-bader-474127-unsplash.jpg
Photo by Joel Bader on Unsplash

罠と承知で飛び込むソウゴ、白ウォズの甘言に惑わされないゲイツ、2人の侠気にほれぼれしつつ、せっかく編み出した必勝法をあっさり打ち破られたスウォルツも黙ってないだろうなと。これから起こる波乱にわくわくします! 目の離せない展開になってきました。

ここに貼りたい写真があるのですが、何度かアップロードに失敗したので後日にします。←1/14貼りました。

style="clap"
いやわたしが観たのはついさっきの再放送なのですが。

1月7日(月)、総合テレビでPR番組を放送します!
2019.1.5関連番組

1月18日(金)夜10時からいよいよ始まる「トクサツガガガ」を前に、特別PR 番組を放送します。
その名も
「ドラマ10がさらに楽しくなる! 純烈の 熱いぜ!トクサツ」

<放送予定> ※変更になることがあります
1月7日(月) [総合] 午後11:00~11:10
1月11日(金) [総合] 午前0:40~0:50(10日(木)深夜)
1月14日(月) [総合] 午前6:15~6:25、午後2:50~3:00、午後9:50~10:00

年末の「第69回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした“スーパー銭湯アイドル”純烈は、実はメンバー5人中4人が元・特撮ヒーロー。
そんな純烈の皆さんが、特撮に魅せられた熱い人々に迫ります。

上記の通り、今日以降もまだ再放送されます!
NHKドラマ10「トクサツガガガ」については、まだ観ようかどうしようか、迷っていたところなのですが、しかしこの番宣で、作中劇のヒーローの1人を岡元次郎さんが演じられると聞かされては……!

ということでheroesのカテゴリに入れてしまおう。

style="clap"
1.ソウゴが悪逆非道の王、オーマジオウとなる“正史”(ウォズが支持)と、
2.最高最善の王として民を守る未来(ソウゴが目指し、ツクヨミ、ゲイツも支持)。
3.そしてまた、オーマジオウの悪しき芽を若く弱いうちに摘みとることで平和を
 勝ち得た未来(ゲイツが当初目指した)。

daniel-korpai-1133447-unsplash.jpg
Photo by Daniel Korpai on Unsplash

以上、ここまで大雑把に3つの未来が提示されてきました(この他に、タイムジャッカーが傀儡政権を打ち立てて思うように操る未来がありますが、それはジオウたちがせっせと潰していますので割愛)。
2を志しつつも、1の“正史”を変えることはできないのかと、一度は絶望したソウゴ。それに対し、何とゲイツが2を目指せと支持を示してくれたのが前回のエピソードでした。ウォズもまた、ソウゴたちに対し消極的支持の立場に戻るようで、雨降って地固まるか、と思いきや。
新たに発生したパラレルな未来――昭和の時代に描かれたような表現が、なんとも言えません。

style="clap"
| ホーム |