FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

アガサ・クリスティと銘打っていますが違うお話でした。
いや、事件の展開、犯人の正体、読者(視聴者)にとっての推理の緒は忠実になぞっているのですがここはセント・メアリ・ミード村の老嬢、ミス・マープルじゃないと! と。



ほぼ2年前に観た「そして誰もいなくなった」では、実は原作では捜査機関の捜査&推理はほぼないも同然、誰もいなくなった後、ただ残されていた犯人の手記で警察は全容を悟る、というエンディングだったのですが、現代劇にするために警視庁の警部を1人探偵役として新たに配し、尺のほぼ半分がこの警部の捜査と推理に割かれていました。
原作の余韻はなくなりますが、定番の型にはめこんだぶん、ドラマはぐっとわかりやすくなり、とくに犯人の手記を「告白ビデオ」に変えたところは故渡瀬恒彦さんの鬼気迫る演技によって殊に印象的でしたので、これはまあありかな、と思ったわけですが、今回も同じ警部がシリーズ探偵然として登場しているのがなんだかなあと。
探偵のいないお話にオリジナル探偵を配置するのと、名探偵の名が冠される作品シリーズ(ミス・マープル・シリーズはその独特の推理スタイルと穏やかで上品で人畜無害な田舎のおばあさんが人間の残虐さや冷酷さに通じている、そのギャップが人気で、毎回その謎解きが何よりの見どころとなる)において、肝心のその名探偵を新キャラと交代させるのはもうぜんぜん違う。警察にヒントをもたらす慎ましい探偵を美し可愛らしい八千草薫さんあたりが演じられていたら、テレ朝を伏し拝むところだったのに。

なのでまったく違うお話だと思って観ました。

style="clap"
| ホーム |