FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

……みたいなヒーローショー集客のTweet(少しちゃかしてます)を先日見かけ、また今日もGロッソ関係者Tweetを、その問題Tweetだけでなく
「この人はどういう人なんだろう? どういうつもりであんなTweetをしたんだろう?」と思いつつ遡って過去のぶんまで読んでみたりするうちにやはり、
「TVに出演する演者と、ヒーローショーを見に行った。彼女は、ステージ上に立つ変身後のキャラクターと、自分が演じる変身前のキャラクターが同時に子供たちの目に触れてはいけないとの配慮から入念に変装してきていた。こういう場合本物のヒーローはどっちなんだろう(超意訳)」的なTweetも見かけて、なんとなく<本物のヒーロー>、という言葉が頭に残りました。

まあわたしにとって<本物のヒーロー>とは誰? と尋ねられれば高岩さんと即答してしまうわけですが、以前まじめに考えて、このブログにも書いたような気がしています。
<本物のヒーロー>とは即ちその物語世界におけるヒーローであり、「ジオウ」であればソウゴ=仮面ライダージオウというキャラクターであり、ヒーローショーにおいてはその時、その衣装を着て、舞台に立っている人のことだと。子供たちの夢の世界を守ってくれる人がヒーローだと。

地方のヒーロ-ショーなどでは、
「本物(TVに出ているスーツアクター)とは違うよ」
「本物(TVに出ているキャスト)は来てないよ」
 などという言い方をする人がいます。聞こえてくる声が俳優のそれではないときも、
「声、本物(TVに出てくるキャスト or 声優)じゃないじゃん」と。

しかし子供たちは本物だと信じ、本物の恐怖に耐えながらヒーローに声援を送るのです。したがって演者もみな、自分が本物だと信じて演じるべきで、大多数の人はそのように必死に努力しています。
まあ演者の力不足で、あからさまに下手である、かっこ悪い、無様な言動をとる……という時にはニセモノの謗りを受けても仕方ないのですけど、少なくともそのように子供の夢を破ることのないようどうすればよいかと、全国のヒーローショー関係者は日々心をくだいているわけです。

……と信じてきましたが、冒頭にあげたような言葉がショー関係者から出てくるんだな、といろいろカルチャーショックを受ける今日この頃。

style="clap"
| ホーム |