FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

…というコメントが昨日、TVのバラエティーで流されたそうです。

昨日の京都アニメーション放火事件については他に例を見ない被害の規模や、アニメという夢の世界に携わる方々が犠牲になられている点、たいへん痛ましく、言うべき言葉も見つかりません。
容疑者が現在加療中であるよし、このような犯罪ではいつも思うのですが、ぜひ早急に回復させ、心身ともに健康状態を取り戻した状態で徹底した取り調べを行ってほしいと望みます。万が一にも、成し遂げたという満足感のなかで死なせるようなことがあってはならないと思います。あとに続くかもしれない、模倣犯をたたくたためにも。

ただ、ガソリンの危険性については一般常識と思っていましたが、思い起こせば東北大震災時にも、燃料が不足しているという問題について当時の政権与党、民主党の渡辺周氏が、
「国対委員長の安住くん(maki注:安住淳氏)、かれも言ったんですが『学校のプールにガソリンを貯蔵できないか』と。 しかし消防法上、絶対に危険だから駄目だと」と発言していて、法律どうこう以前の問題だろうに、発案した安住氏もおかしければ、これを与党があらゆる角度から対策を検討しているのだという文脈で口にした渡辺氏もどうかしているとあきれ返った記憶があり、今回バラエティーショーの司会者である宮根誠司氏の
「我々ガソリンが爆発するという発想が無かったんですけども」という発言にも、確かに一定数そういうことを知らずに年を重ねて来られる人がいそうだなと思います。
ここでは改めて、特撮ファンにもゆかりの深い、ガソリンの爆燃現象についてのみ、心覚えに記しておきたいと思います。


特撮につきものの爆発表現。近年はその危険性を鑑みて減少、あるいは小規模化してきていますが、かつてはナパーム(爆音とともに赤黒い炎が一気に膨らむ迫力がすごい)、セメント(セメントの白い煙が立体的に立ち上がり面白い絵になる)等を用いたリアル爆発は特撮の華でもありました。そのうちのナパームといわれるものが、要はガソリン爆発なのです。
「西部警察」ではつきものでしたし、最近福岡県・筑豊地方でも「爆破できる街」をキャッチフレーズに映画ロケの誘致を図っていました。その迫力を思い起こせば、ガソリン爆発の危険性も容易に想定できるのではないでしょうか。
上に貼ったTweetでは、風向きや爆発に要する空間など緻密に計算し、安全を期して仕掛けたはずのものが、思いがけずアンコントローラブルになった恐怖が語られています。ブラックビートとは「重甲ビーファイター」のキャラクター名、高崎金属とは特撮の聖地ともいえるロケ地。
参考:光跡ウルトラマンシリーズ 火薬(火・煙)

【警告】気化したガソリンの燃焼実験の映像を折りたたみ以降に貼っています。

style="clap"
| ホーム |