FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

style="clap"
2020.02.23 17:13 | i spy こんなところに高岩さん | トラックバック(-) | コメント(-) |
と書いたものの、今回
「ここで話されたこと、聞いたことは絶対誰にも言わないでください!」と釘をさされているので、見たこと感じたことだけまとめていきます。

IMG_0906.jpeg


めまいのしそうな良席

とにかく良席。最初の電王イベントでの席が中央前から5列という好位置で、座したままでデネブキャンディをゲットできたくらいでしたが、あの時以来です。しかも中央を貫く通路際。高岩さんが通られる時に手を出せば(出しませんが)確実に届きます。しかもわたしのすぐ前の席が空席なのでステージが良く見えること。
会場は太秦映画村の中にあるカフェで、おそらくは修学旅行や社員旅行などの団体客がまとまって食事がとれるよう設けられたところ。白倉さん、武部さんが高岩さんを挟むように座られたらもうそれでいっぱいになるような小さい、低いステージが備えられていて、これがわたしの席からほんとうによく見えるのです。逆に後ろのほうだと、ステージが低いだけにあまりよく見えなかったかも知れませんね。本当にラッキーでした。

高岩さんの出で立ちはいつものストレートジーンズ(冗談かというくらい脚が長い)に赤いスニーカー、カーキグリーンのキャップ、そして何度かグラビアやイベントなどで見覚えのある白いパーカー。白っぽい衣装のせいなのかもしれませんが、何かもう、そのあたりがぱっと明るく光って見えます。
何でこんなかっこいい人がいるのだろうなあと思ったり、でも失礼ながら、白倉Pに意地悪な質問をされて困ったり驚いたりのリアクションがとてつもなく可愛らしくて実に幸せでした。

style="clap"
| ホーム |