FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

某所で、こしげなみへいさんのトレーニング風景の動画を観たことがあります。
バタフライという技を何度か繰り返されているところでしたが、ひらり、と舞うように飛び上がるその高さ、回転の速さ、着地の確かさ…とてもお見事でした。
なかでも、着地後にすーっと膝を伸ばし、腰を、背筋を伸ばし、それから顔をあげる、その視線の移動と最終的な立ち姿の美しさに、さすがだなあと。

剣道ではしばしば、「残心」(ざんしん)という言葉を用います。
一言で言えば、攻撃後も忘れてはならない、相手の攻撃に備える構え。
すぱーん、と気持ちよく面が決まっても、審判がさっと自分の色の旗をあげるのを横目で認めても、攻め気をそこで失ってはいけません。敵の反撃への目配りを忘れず、滑らかに元の構えに戻りながら、なおも声で威嚇する。これを忘れると
「残心がなってない」と、せっかくの一本を取り消されることもよくあります。適切なタイミングで、適切な力で加えた打突、手ごたえも十分。
「戦場なら今の面で相手は死亡したはず、残心など不要」と浮かれていると、こうした審判の判定にがっかりさせられるもの。でも、剣道に「道」がついている以上はこの心構えを忘れてはならないのです。

心を途切れさせることなく、残す。

その心とは何か、で意味が変わってくる言葉ですが…
おそらくは他の武道でも、いや武道に限らず舞踊など諸芸において、同様の教えがあるのではと思います。日常生活においても、たぶん、活かせる場面がある気がします。

こしげさんが技を出した後の、視線の移動にも、この残心を感じました。つい、そうコメントをつけたところ、
「長年ヒーローやってるとこういう所作が身についてしまうものです」という趣旨のレスをいただきましたが。
だいぶ前のことですが、今ふと思い出したので書いておきます。所作の美しい方は、皆さんこの残心があるような。
関連記事

style="clap"

思い出しました!

その昔、私は弓道をやっていたのですが、やはり「残心」ありました。
矢を放つ瞬間である「離れ」の後が「残心」です。
的に当たっても外れても、喜んだりがっかりした顔をせず、「離れ」の姿勢のまま、心を残す…というようなものだったかと。
今日makiさんのブログを拝見するまで、その用語自体、すっかり忘れておりました。
アクションにも残心ですか、なるほど。
そういえば、どこかで見た高岩さんのプロフィールに「特技:剣道」とあった気がするのですが…

2008.12.09 00:14 URL | マヤコフスキー #/AEdy7JM [ 編集 ]

マヤコフスキーさん、いらっしゃいませ。

弓道にもあるのですね!剣道のは何となく、
「勝ったと思っても油断するな」みたいな実も蓋もない感じがしますが、弓道のは
「美しい振る舞い」の教えだと感じます。
物の後片付けとか、人との別れ方とか、なんにでも言えることなんでしょうね。

2008.12.09 16:08 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.12.10 14:31  | # [ 編集 ]

内緒様、いらっしゃいませ。

なるほど!やはり他の武道にもあるのですね。詳しく書いていただいて、勉強になりました。空手のは1号にヒアリングしたところ、剣道と同じで
「勝っても敵の反撃に備え、隙があればさらに攻撃を加えろ」ということらしいですよ。
演武なら納得しやすいですね。残心によって美しく説得力のある型になるのは確かですから。余談ながら
「決めのときは自分が世界一かっこいいと思って」は至言ですね。畑違いですが、ナレーション原稿を読む時は、
「わたしっていい声…」と酔うくらいじゃなきゃだめ、とよく言われました。それと同時に客観性も必要なんですが、そのくらい自信持って臨めということなんですね。

メールの件、お気遣いいただいて申し訳ないです。こちらが不義理しているのに…不甲斐ないのですが、ご配慮ほんとうに感謝しています。
ありがとうございます。

2008.12.11 00:43 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1054-90098285

| ホーム |