FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

agito.jpg俺はやったぜ!やったぜ!
大団円を迎えました。

それにしてもこの頃は51話まであったんですね…よく考えれば尺がたっぷりで、すごいです。
きっちりと1人ひとりの人生に蹴りをつけ、最終回には熱い戦いをたっぷりと見せ、そして最後は笑顔に、と。
こんな王道なラストに続くのがあの殺伐とした「龍騎」、そして切なすぎる「555」だとは…と、すこし呆然としたくらいです。いやよかった。
東映公式も異様に熱いです。
孤独と絶望の果てに光を見出し、自分と同じ絶望に陥った者には手を差し伸べる涼の、限りない優しさ。
どこまでも愚直に正義を求め続けた“ただの人間”、氷川の不器用さ、まっすぐな武骨さ。
そして、与えられた巨大な力に呑みこまれそうになりながらも、人々の心を守り続け、ついには自分の居場所をも得た、翔一の大きさ。
一大叙事詩のようなスケールの大きさ、構成の見事さはもちろん、何よりこの三者三様の強さが、実に魅力的なシリーズでした。特に氷川の強さは最終回に来て大爆発しました(比喩です)ので、その印象がひときわ強く残ります。
小沢澄子のヒロイン像も素晴らしい。その強気さも才気も。それだけなら鬱陶しい上司かもしれませんが、時に鼻っ柱をへし折られ、へこみ、焼肉とビールで立ち直れる、その逞しさが愛嬌になっています。大好きです。
ふだんは子ども扱いしている部下の、その純粋さ、強さを正面から尊敬しているところも。

さそり座事件がしばしば蛇足あつかいされたのは少し、わかる気がしますが、それでも可奈のエピソードは、翔一と沢木の赦しにつながり、必要だったと思います。
■2つの恋

風のエルの、圧倒的な力に押されるアギト。壁に叩きつけられ変身解除し、そのまま失神する翔一、そして涼…
止めを刺さず、瞑想する黒の青年を守るため戻っていく風のエル。
目を覚まし、それぞれ互いの存在に気づかぬまま、起き上がり彼らを待つ人の元へ戻っていく翔一・涼。

アンタレスに留まらず、さそり座の星すべてがばらばらに動きだしたことを確認した天文台。
「もはやさそり座じゃないな」
「見ろ。…十字架の形に!」
空に結ばれる新たな星座。そして奇妙な連続自殺事件は続く…関係者証言から、彼らが死の直前にドッペルゲンガー()を見ていたことを知る、捜査陣。
自殺事件を報じる新聞を、呼んでいる沢木。
ドッペルゲンガーシーンは合成ではなく、わざわざ双子でかつ両方とも俳優だという人たちを起用したと公式にありました。ある意味凝ってますね。

倉元にとりなして可奈のレストラン復帰を実現した後、風のエルからの傷に倒れた翔一。その彼の元を訪れる可奈。
ちょっと風邪をひいたとごまかす翔一に、まかないの残りを差し入れ、彼の食べる様子を真剣に見守ります。
「いい感じじゃないですか、いいシェフになれますよ」と感想を述べる翔一。
「ええ、でも…父に比べるとわたしはまだまだだし、それに、人間は死んだら終わりだから、そんなことを考えるとわたし」
ここで、可奈の父は不可能犯罪による突然死を迎えたのだと明かされます。
ここにも播かれていた、アギトの種。

ツーリング中リサの目の前で倒れた涼。
部屋でめざめれば、無愛想なリサが一晩付き添っていたと告げます。
涼の視線をたどり、
「ああ、暇だったからつくってみたんだ。食べてみる?」とつくりおきの焼きそばを勧めるリサ。向かい合い箸をとる2人ですが…無言で頬張る涼に、
「一言言っていい?良くこんなまずいもの食べられるわね」
「ああ、まずいな」
まずいまずいと言いつつ、リサの分まで取り上げてかきこむ涼。この2人のシーンはくすぐったいです。
涼の免許証を見て明日が誕生日なんだ、お祝いしてあげようかと言うリサ。
ここで、その代りわたしのもお祝いしてねと言うリサが、さそり座生まれであることが明かされます。
「さそり座…それでスコーピオンか」
ガキだなって言いたいんでしょ、と去っていくリサの笑顔が眩しい。

■二面作戦

黒の青年は、「洪水」=さそり座生まれの人々の連続自殺事件を自分の担当とし、同時に、引き続きアギトの種を持つ者の抹殺を継続しようとします。
さそり座云々の段階的な進め方は何故なんでしょう。
天変地異や伝染病で一気に片をつけようとしたり、「デビルマン」の如く平凡な人々の残酷さを積極的に増幅させたりしないのは全知全能の存在らしくなく、世にあまねく伝わる凡百の神話のほうがはるかに恐ろしい。
そのせいでどうも、黒の青年の怖さや終末感が今一つ伝わらない感じがして不満です。
まあそこまでやるとアギトの出番はなくなりますから仕方ないのか…

「最後の時が近づいている。人間はわたしが滅ぼします、まずはさそり座の者から。アギトの種を持つものはあなたにお願いします」
頷く怪人--とまれ人々を塵に帰す力を有した、地のエル登場。

再びのアギト狩りが始まったことに驚く警察上層部。
アギトとアンノウン、両者の能力が拮抗しているうちはいいが、アンノウンが絶滅すれば今度はアギトが野放しになると危惧していた北條。しかし、いざ自分の案が採用され、
「(アンノウンの活動開始を)喜ばないんですか?君の説によれば、危険分子を駆逐する存在なのでは」と言われれば、やはりその瞳には動揺の色が隠せず…彼の思惑など知らぬかのように、
「君の言うとおり、やはりG3ユニットを存続させよう--但し今度はアンノウンを守るために」と北條に告げる高官。アギトはアンノウンに狩らせればいい、自分たちは手を汚さずに済むと。

北條、尾室による、新G3ユニットの活動開始。翔一の前で地のエルを警護する彼らの活動に
「冗談はよしてください」と呆れる翔一。
反対する小沢、氷川はG3より遠ざけられ…

--そしてついに、可奈の中のアギトが、目覚め始める。

■悲劇の始まり

「またお前か!」
ミスをオーナーシェフに叱られ、可奈がつい恨みから激しい衝動にかられた瞬間、壁にかけたレードルが震え始める。
高熱に目がかすみ倒れ込んだ、その前で、寸胴鍋が小刻みに揺れている。
なぜ誰もこの異変に気づかないのか。
詫びの言葉もそこそこに洗面所に駆け込み、鏡を見つめる可奈。その前に一瞬像を結ぶのは…アギトの異形。
怯え、逃げるように店を飛び出す可奈。

涼の誕生日を祝う準備を始めたリサ。バイクショップに現れ、涼の仕事の予定やケーキの好みを尋ねる彼女に、
「なんだ。どんな関係だお前たち」とおやっさん。
「これから恋人になるんです。ね、涼?」
ふざけんな、チョコレートケーキとチーズケーキ、どちらも嫌いだと怒鳴る涼ですが、立ち去るリサを見送るその口元が微笑んでいます。
新しい恋に浮かれる2人の様子がくすぐったく、それだけに起こる悲劇を予感させます。

香川県警に追いやられることになった氷川。
翔一の店を訪れ、別れを告げます。これからはアギトとして生きていくのがつらい時代になるかもしれない、と。数え切れないほど世話になったと一礼する彼に、
「同じアギトの会のメンバーじゃないですか」と手を振る翔一。
「…補欠ですけどね」
「正式なメンバーにしてあげてもいいですよ」

自室に閉じこもる可奈。鏡台の化粧品がカタカタと音を立てて揺れ、そこに映る自分の姿は…

「いやぁぁぁぁぁぁぁっ!」

彼女を心配してドアの前まで来ていた翔一は、その絶叫を耳に、慌てて中へ踏みこみます。そこで見たものは、アギトの姿のまま、失神する可奈。

仕事を終え、部屋でリサを待っていた涼。待ち切れずその辺りまで出迎えに行くと、踏切の向こうにリサの姿が。
「買っちゃった!」
ケーキの箱を示し、笑顔で手を振るリサ。その前を電車が通過していき…
ふと見上げた電車の窓に、自分のドッペルゲンガーを認めたリサ。
そして電車が通り過ぎたとき…涼が見たものは、舌を噛み切ってこときれたリサの姿と、その手から落ちたケーキの箱、バースデーカード。遮断機が上がるのも待ち切れず、駆け寄る涼。
「リサ!おい!…なんで、なんでこうなる。どうして!」

アンノウンの気配を感じ、ゆっくりと顔を上げる涼。
またも1人の男を葬った地のエル。そこへ追いすがり、
「お前のせいか」と変身します。リサの件は地のエルのせいではないのですが。
しかし、地のエルの圧倒的な力の前に、弾き飛ばされ力を奪われるギルス。
「構わないぜ…やれ」
絶望した涼の声に応じ、剣で止めを刺す地のエル。首を貫かれ河に落されたギルス…OPそのままに、波間に沈んでいく、涼。

■沢木への赦し

「やってくれたわねあなた」
「いけませんか?わたしはごくまともな人間です。そのわたしがアギトを恐れるなら、アギトを脅威と感じる人間のほうが多いに決まっている」
「わたしは人間を信じている。アギトは人間の可能性そのものよ。アギトを否定するなら、人間に未来はないわ」
小沢と北條。火のような舌戦。

目覚めた可奈はお水を一杯もらえますか、と翔一に告げます。翔一の姿が台所へ消えた、その隙に外へ独り出ていく可奈。
慌てて追う翔一。そして、偶然翔一を見かけ、その必死の形相に後をつけていく沢木。

フレンチレストラン。
「北條さん、実は俺。…俺。自分のしていることに今一つ自信が持てないんです」と尾室。
「人間は小沢澄子がいうほど賢くはない。我々は正しい」と応じる北條。しかしその言葉は、まるで自分に言い聞かせているかのようです。

ビルの屋上に可奈の姿を認めた翔一。駆け上がり、可奈を呼び留めます。
「もう終わりですね。わたしの夢も何もかも…」
「なんだってそんなこと!」
「だって。津上さんだって見たじゃないですか。何で…何がどうなってるの!」
「何でもないですから。可奈さんは可奈さんのままです」
「何で…あたしがあんな…」
しかし混乱したままの可奈は恐怖に後ずさり、そのままビルから落ちかけます。とっさにその手をつかむ翔一。
宙釣りになった可奈。まるで沢木に手を掴まれた、雪菜のように。

空港で小沢に別れを告げている氷川。
「さびしいものね。本来なら英雄であるはずの見送りがわたし1人だなんて。…忘れないわ、あなたのこと。わたしにとって。あなたはいつまでも最高の英雄よ」
「ありがとうございます」

「お願い。離して」
「何を言ってるんだ可奈さん!」
その顔に、雪菜の顔が重なります。
「離して、お願い…」
「だめだ!…姉さんは間違っていたんだ。俺はアギトになっても楽しいことがいっぱいあった。人は人のままで生きていけるんだ」
「違うのよ。人はいずれアギトを憎むようになる。アギトは人の手によって滅ぼされる」
氷川の警告、そして北條がアンノウン側の警護を務めていた事実。否定できず言葉を飲み込む翔一。
「人間に憎まれるのは嫌。だから、離して。お願い…離して…」

指の間から、可奈の手が、滑り落ちていく。

瞬間、もう一つの手が伸びてきて可奈を支える。それは、後を追って来た沢木の手でした。
「離すな!お前の手は、人を守るためだ!」
頷き、力づよく可奈の手を握り直す翔一。2人の協力により、ゆっくりと引き上げられる可奈の身体…

個人的にはこのシーン、最終決戦そのものより圧巻だったと思います。

空港。見送る小沢の目に、飛び立っていく旅客機の広い翼が映る…。

■最終決戦


公園のベンチ。まだ動揺している可奈に、語りかける沢木。
「以前、君と同じような境遇の女性がいた。彼女は死を選び、俺は彼女を救うことができなかった。
だがしょせん人は、自分で自分を救わねばならない。君が君でいられるか。君でなくなるか。それを決めるのは自分自身だ」
「…可奈さん、俺思うんです。可奈さんの料理を食べて幸せになれる人がいっぱいいる。だからまた一緒に料理を作りましょう」
「わたしわからないんです。どうすればいいのか、ほんとうに」
「--塵に帰るがいい」
3人の前に姿を現した、地のエル。
沢木に可奈を任せ、変身する翔一!逃げながら振り返った可奈が見たものは、自分と同じアギトの異形。

「津上さん!」
「可奈さん。生きてください。俺も生きます。俺のために。アギトのために。人間のために!」

窓から離陸を見送り、踵を返す小沢。その目の前に現れた、氷川の長身。
「氷川くん」
「やっぱり僕にはできません。このまま帰るなんて」

地のエルに襟をつかまれ、手すりに、壁に、その細い身体を打ちつけられるアギト。
バーニングフォームに、そして白銀のシャイニングフォームに。
苦戦の末双手剣で地のエルの胴を掻き切ると、相手は巨大な光球となって飛び去っていきます。
黒の青年に、新たな命を授けてもらうために。
バイクでその後を追う、アギト。

黒の青年の元で復活した地のエルに、再び戦いを挑む翔一。相手に剣をたたき折られ、さらには風のエルまでが登場し…

アギト発生の報に出動するG3トレーラー。その前方に立ちふさがるように停められた白バイ。
警官がハッチをあけろと合図します。北條が止める間もなく、応じる尾室。乗り込んできたのは、氷川誠、そして小沢澄子!
北條に銃を突きつけ
「たった今から、G3ユニットの指揮はわたしがとります。いいわね」と宣言する小沢がテロリストです。
「どうかしています、こんなことをして!」となじる北條。しかし
「さあね。どうにかなるわよ」という小沢の声を聞くと、ふと頬を緩め、
「…きっと来ると思っていましたよ」と立ち上がります。
異常を感知してどうかしたのかと尋ねてくる本部からの無線を、切ってしまう北條。
「小沢さん、済みません俺」と詫びる尾室をはいはいわかったから席につけとあしらう小沢。
「氷川くん行くわよ。G3-X出動」
凛とした声と共に、今出動する真のG3-X。その雄姿に涙ぐむ尾室。ここはほんとうにかっこいい。

不利な戦いに苦しむアギト。もっとぼこぼ(ry

川面を漂い、港へ流れ着いた涼。

地のエルに背を叩かれ、よろけてたたらを踏んだところを風のエルに吹き飛ばされ…ついに変身を解き、倒れる翔一。
「塵に帰る時だ…」と地のエルが迫ったその瞬間。
GX-05の銃弾の雨!
「津上さん、しっかりしてください!」
「その声…氷川さん!」
ナイフを抜き必死で戦う氷川。2体のエルロードを向こうに回し、善戦するG3-Xの活躍に、目を見張ります。伊藤慎さんのファンの皆様、お待たせしました!と言いたい。
その迫力を讃嘆しつつ、
「すごい。…でも大丈夫なんですか氷川さん」と心配する尾室。
「彼を誰だと思ってるの。彼は氷川誠よ。決して逃げたことのない男よ!」と応じる小沢。
その働きをエルロードたちすら認めます。
「お前はアギトではない。なぜこれほどの力を…お前は何者だ」
ただの、人間だ!」

しかし2体1では善戦も長くは続かず。
吹き飛ばされ斜面に倒れる氷川。そこへ鳴り響くエギゾーストノート、そして聞き慣れたエンジン音。

俺は不死身だ!変身!」
「葦原さん…」

エクシードギルスの雄姿に顔を輝かせる翔一。立ち上がったG3-X。そして…
「人の運命がお前の手の中にあるなら、俺が奪い返す!変身!」
神々しいアギトシャイニングフォーム、並び立つ3人のライダー。怒涛のような神台詞!これは燃えます。

じりじりと間合いを測る、いつものペースを取り戻したアギト。
風のエルのすさまじい力に曝されつつも耐えに耐え、G3-Xの援護射撃を機にヒールクロウを見舞うギルス。まず風のエルが。そしてアギトのキックにより、地のエルが。
エルロード壊滅。
それを見届け、ゆっくりと黒の青年に向き直るアギトの姿に惚れぼれします。
その眼前で、巨大な光球となり、天へ上昇していく青年。その奇跡のような光景を前に、構わずキックの構えをとるアギト。
「何をするつもりだ津上」

答えず、矢のように青年の光球を追撃するアギトのキック。2つの光が1つになり、大きく膨れ上がり、同時にこの世のものならぬ叫び声が宙にこだまする。
「いったい何が起こってるんだ」
「津上!」
「津上さん!」
爆発する光球、そこから上がった黒煙がもくもくと天に満ち、黒雲となって無数の光の雨を…

■エピローグ

津上邸。紅茶カップを手に、黒雲立ちこめる空を見上げている沢木。
その隣に黒の青年がこしかけます。
「あなたに与えた命も残り少なくなりましたね…わたしは人間の側から、アギトを滅ぼすための使徒としてあなたを復活させた。だがその必要はなかったようです。人間は、いずれアギトを滅ぼします」
「いや、あなたは人間をつくりながら、人間のことを何も知らない。人はアギトを受け入れるだろう。人間の無限の可能性として」
「…では見守ってみましょうあなたの言葉が正しいかどうか。人間とは何なのか、もう一度この目で」
「ああ。きっと俺が勝つさ!」
会心の笑みを浮かべた沢木。木枯らしが枝から最後の一葉を落とす。
目を閉じた沢木の顔を見守り、姿を消す黒の青年。

必死で菜園を守っていた真魚は、やはり空を見上げ、そして手にした翔一の写真を見つめる。
天に地に、野に海に満ちる、アメイジンググレイス()。

美しい旋律の讃美歌でわたしは大好きですが、キリスト教圏では葬儀にしばしば用いられます。

一年後。
精鋭部隊、G5ユニットに号令をかけ、訓示を与えている教官は尾室!ものすごい出世です。
彼らの憧れの英雄、氷川は捜査一課に戻り、河野と渋く、普通の刑事ドラマしています。
ロンドンの大学で教鞭をとる小沢はどこでも肝っ玉。
そんな彼女を訪れる北條。
「なんであなたがここに」
「少々あなたが恋しくなりましてね…というのは冗談ですが。捜査で来たのでついでに。今はプロフェッサーでしたか?相変わらずお山の大将がお好きなようだ」
「あなたもここで勉強したら?少しは賢くなるかもよ」
「せっかくですがわたしの頭脳には智恵がつまっていましてね」
「確かに。嫌味を言う智恵はたっぷりね」
北條に背を向けた、その陰で満面の笑みを浮かべる小沢。口元に笑みを浮かべ見送る北條。この2人はこのまま仲良く喧嘩し続けるようです。禿ネタで締めくくっちゃ台無しです御大。

美杉邸。
真魚の家庭教師をしている?真島。しかしその真魚に間違いを指摘され、そんなんで医大に受かるのと言われています。
食事にしようと言い出す太一。誰も支度を嫌がり、窮した美杉は外食を提案。
「またあのお店?」
「当然さ」

夕日にバイクを停め、草むらに横たわる涼。傍に寄り添う仔犬。
「いくか?いっしょに」
仔犬を懐に入れ、走り出す…

夜闇の中、灯る明かりが慕わしい頃。美杉家の人々が集まるレストランは…アギトの店。
拍手レスです。

>でんさん
いやーわたしもですよ。
「まーたけちゃん、立派になってぇ」みたいな。
手!手いいですね!でもわたしは膝の角度に見惚れてしまいました…脚長さんでなければあの角度は出ないのです。
全然お話と関係ないのですが、「えきすとら以蔵」、ついにコミックスが出ました!
売れない俳優なのに、夫婦揃って大女優・蝶子と親しそうだということは知っていたのですが、研修生時代の元カノだったとは!
結構連載としては長いので、現在とはまったく絵柄が違うのですが、それらの知らなかった基本設定がいろいろわかって興味深かったです。でも登場人物たちの人間関係より、

キレのいい忍者アクションを見せれば
「主役よりキレた動きするな」と叱られる


みたいな以蔵の仕事上のぼやきが面白いわたしとしては、最近の掲載作に比べると(この本では平成15年までの発表文が収められています)面白みが薄いかも…というわけで続刊を希望です!
がいつになるのか?

えきすとら以蔵 1 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)えきすとら以蔵 1 (まんがタイムコミックス) (まんがタイムコミックス)
(2009/04/07)
こだま 学

商品詳細を見る

2015/6/30追記。超今更ですがカテゴリに「アギト」を新設し、そちらに整理しなおしました。アギトのOはΩにしたかったのですが小文字にするとωとなんか違う表現になりそうなので断念w
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1231-2853f93e

| ホーム |