FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

そんなわけで1日経ちましたので改めて。
10~20代の人々に向け、世の中にどのような職業があるのかを、“同世代”の職業人によって語らせる「あしたをつかめ」。
4/14は「アクション俳優」を取り上げ、JAE所属、伊藤教人さんを主人公として、その奮闘ぶりが紹介されました。

金曜の再放送を楽しみにされている方もいらっしゃると思うので詳細は語りませんが、いやこれが忙しいんです観ている側にとって。

導入は「超・電王」撮影シーン。直後、教人さんの練習シーンに映ります。クウガの構えから跳躍、数人との殺陣を経て見得を切るようなポーズ。こちらに向けられた掌に、「伊藤教人」の文字が光る。
もう、教人さんの真摯な表情、キラキラした眼、この仕事を志望した動機や簡単な仕事内容の解説、練習風景と何もかもが興味深く、テンポの良さも手伝ってぐいぐい引きこまれていくわけですが。
その一方では背後を横切る見覚えのある顔顔顔…動体視力のだめなわたしが気づいただけで、永徳さん、岡元さん、渡邊さん、人見さん(たぶん)…と。
さらには教人さんが初めて主要な悪役をゲットした、「超・電王」(間もなく封切)の撮影シーンでは高岩さん、伊藤慎さん、金田進一さんが。あとたぶん、ですが岡元次郎さんが。
映画館で
「ああここか!」という楽しみ方もできそうで、メイキングとしても秀逸。生声アクションですよ生声。
かと思えば、「響鬼」「龍騎」の音楽が使われたり1号イメージのイラストがアイキャッチに使われたり、そんなNHKのノリの良さがうれしく。
(しかしネガ電王こと緑川さんがナレーションなのは偶然のようです…緑川さんはレギュラーなので)

圧巻、NG連発シーンでは監督、カメラマン、アクション監督の叱責が厳しいという感想がネットのあちこちで見られ、個人的には
「え、そう?」と思ったわけですが…これまでにもっと厳しい指導が入る場面もあったはずですし、教人さんはそれを潜り抜けてきている方のはずなので。
それよりも、叱られながらどことなくきょとんとしている(失礼ながらそういうふうに見えました)教人さんに対し、高岩さんから
「こう動くとぶつかるよ」と具体的な注意があったり、また、横から伊藤慎さんが
「じゃあこうしてみようか」と声をかけたり、先輩らしいフォローが素敵でそんなところに萌えてしまいました。
あと、どうしようもなくマントに萌えました、誰とは言わないけど。本題に関係なくて申し訳ない。でもご覧になった方ならわかっていただけると思います。

宮崎アクション監督、高岩さん、お2人のインタビューはこのお仕事において重要なものが何かを解説するものであり、その域に教人さんが到達するにはまだまだ時間がかかるものなのかも知れませんが、教人さんに対する周囲の愛情であったり、その教人さん自身のそれに応えようとくらいついていく姿勢であったり、そういうものがしみじみと感じられて、ほんとうに素敵な番組でした。

関連:伊藤教人改造計画
名無しより愛をこめて 09/04/16(木)00:11:05 ID:RHC9Puo. No.78455
昔、教育テレビの小学生向け番組のインタビューで
岡元次郎さんがJACの練習風景で解説してた。
トランポリン使った素顔の次郎さんキックが見られて眼福でした。

そんなのあったなんて知らなかったー!
JAC時代ということは、映像残ってないということでしょうか…
4/17追記。人見さんのブログへリンクを貼りました。あと、斜面のシーンで
「慌てるなよお前」と教人さんを助けに行ったのも次郎さんでは…?声がそんな感じ。
4/29追記。番組公式で、視聴者からの問いに伊藤さんが答えていらっしゃいます。
これは…応援せずにはいられない方ですね。
関連記事

style="clap"

好きです、マント

またまたお邪魔します。
見るもの全てが新鮮で、興奮しっぱなしの番組でした!
マント、素晴らしいですよね。
あのチラリズムがなんとも…そそられます(笑)
見所だらけで本当に良かったです。
NHKだからCMが無くて嬉しいやら大変やらでした。

2009.04.16 16:53 URL | すら #LWshcgts [ 編集 ]

こんにちは。あっという間に終わってしまいましたね。
みなさんがどんな風にして作品が出来上がっているのかとてもよくわかって良かったです!!NHKほれてまうやろー!!!な気持ちです。
伊藤さんもこれからどんどん頑張ってもらって活躍してほしいですね。映画ももっと楽しみになりました。

いやぁもう、ちらちらする方々に大変でしたね。
腰を浮かせた体操すわり状態だったので足がしびれましたけどね。番組終了まで(笑)

2009.04.16 19:34 URL | aki #- [ 編集 ]

お2人さま、いらっしゃいませ。

>すらさん
本題じゃないところにあまり目を留めても失礼かと思うのですが、マント好きとしてはかなり魅力的な絵でしたねあのシーン。
ほんとに観ていて忙しかったです。

>akiさん
NHK、ナイス企画でしたね。ファンのためでなく「仕事図鑑」としての取材なのは百も承知なのですが、どうも「響鬼」以来、NHKにはコアな特撮好きがいらっしゃる気がしてなりません。
別の番組でパワーレンジャーのレッドレンジャーを演じる岩上さんという方を取材したものを観ましたが、そちらも取材するディレクターさんがノリノリだったみたいです。

「こうなったら高岩さんを『トップランナー』に出してほしい」みたいな意見もありましたけど、こういうことをコンスタントにやってほしいですね。

2009.04.17 00:41 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]

声も素敵

makiさん、初めまして。
次郎さんの話に釣られてしゃしゃり出てきました。

斜面でこける場面ですが、声は間違いなく次郎さんだと思いますが、駆け寄ったのは別の人だと思います。というのは、駆け寄った人の手が黒っぽいんですね。でも後の方でちらっと映りこんでいる次郎さんは、白い手袋をしてらっしゃるんです。だから、違う人かな~と。

「慌てすぎだょ」
この一言聞いただけでドーパミン出まくりました・・・。

しかしあの斜面をカメラ担いで駆け下りるいのくまカメラマン、うちの親と同年代とは思えません。すごすぎる!

2009.04.18 01:26 URL | さけくれ #E5DRhfhs [ 編集 ]

さけくれさん、初めまして。

ああ、映っていた人は違いましたか。
声は特徴ありますね。剣道部の顧問に似ているので印象に残っています。稽古の掛け声などで一度咽喉をつぶしたのではと思うような渋い声。

> ドーパミン

なんか皆さん教人さんに優しかったですよね。NGシーンではひらり、と画格から抜けた後、待機している時の立ち姿がかっこいいな!と思いました、次郎さん。
あ、いのくまさんはJAC(ジャパンアクションカメラマン)ですから。

2009.04.18 06:42 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]

ビバ!NHK!!

本当にいい番組でした!
伊藤教人さんは、結構イマジンに入ってましたよね。きっと若手の方なんだろうとは思っていました。これからも頑張っていってほしいです。

そして…高岩さんが!NHKで!名前を呼ばれ、お話ししているっ!と感動(T-T)。
もちろんそれだけでなく、最初から最後まで、スミからスミまで油断のならない映像で、その日のうちに録画したものを2回見てしまいました。

個人的にはいのくまさんのアップにも小躍りでした!
職人の目をした方は、年齢にかかわらず本当にかっこいいと思います。

2009.04.19 01:30 URL | なゆ #hw/XFbsg [ 編集 ]

なゆさん、いらっしゃいませ。

> …高岩さんが!NHKで!

しかもスーパースターですよスーパースター。
「高岩さんが演じれば、どんなキャラクターも大人気!」
まさに事実です!さあ続きは「トップランナー」でお願いします。

いのくまさんはかっこいいですよね。ファンが多いの納得です。
わたしはあの記録の女性も毎度おなじみでひそかに好きなんですが…今回は野外ロケが寒そうなのが萌え。

2009.04.19 14:03 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]

続けてすみません

たかいわれいこさんのことでしょうか?
結構ご年配かとお見受けしますが、きれいな方ですよね。

いのくまさんは「宇宙船」のバックナンバーに単独インタビューがあり、その半生を知ることができたのですが、たかいわさんについてはそれほど存じ上げないので、また機会があれば、と願っています。

2009.04.20 01:25 URL | なゆ #hw/XFbsg [ 編集 ]

おはようございます。

そうそう、きれいな方ですよね。
お名前は存じ上げないのですが、「パラダイスロスト」の特典映像にスタッフの方のお仕事内容を木場勇治役・泉政行さんがレポートする、というものがあって、それが最初です。
わたしは泉さんファンだから観たようなものなんですが、女性らしい穏やかな話し方と、厳しさというのか、
「この方ならきっちりお仕事されるんだろうな」と感じるところがあって何か好きでしたね。
あんなふうに年をとりたいなあ。

2009.04.20 08:08 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1237-77aea7fc

| ホーム |