LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

ところで昨日のイベントはすごかったようですね。詳細は柴原さんのブログにて。

そして今週の「W」。


Photo by midorisyu

ここで終わりかーっ!

サブタイトルの「Cを探せ/フィリップはそれを我慢できない」は「女を探せ()」と「女はそれを我慢できない」から取っているんでしょうか。まさに我慢できないフィリップの我儘で、たびたび窮地に追いやられてしまう今回のW。
水着がなくてもまっぱでも、戦いにおいては
「集中しろ!そんなことを言ってる場合か!」と仲間を一喝したバレットを見習ってください。そして彼らに速やかにパンツを供給する皆本を見習ってください。
翔太郎は窮地を脱することができるのか、そしてフィリップは念願のダンスを目撃できるのか。

見どころその1:ミック様
見どころその2:B.S.I.(ベイカーストリートイレギュラーズ)よろしく物語を彩る風都イレギュラーズに、また新しい顔ぶれ登場
見たくない見どころその3:コックローチドーパントの造形…いや実にあれを思い出しますね。

写真はブログ画像ゲッターより。
そして来週は高岩さんも踊る?

「Cherchez la femme(シェルシェ・ラ・ファム)」は古いミステリに頻出する言い回しです。
 アレクサンドル・デュマが言ったとかジョゼフ・フーシェが言ったとか。いずれにしても古い。
2つの謎の呈示

依頼もないのに何かを検索しているフィリップ。探り当てた地球の書物には、しかし鍵がかけられており、閲覧することができません。
どうしても知ることができない「それ」とは、「ヘブンズトルネード」。ストリートダンス究極の技。
手がかりは17歳のダンサーの名前のみ…

事務所でラジオを流しながら、ダーツに興じる翔太郎。暇そうです。
若菜はその番組で、新たに風都に現れたダークヒーロー、<ゴキスター>の噂を流します。
そしてわたしはカゲスターを思い出します。
「闇のお仕置きヒーローですか。あの仮面ライダーさんのお友達なんでしょうか?若菜も仮面ライダーさんやゴキスターさんとお友達になりたいな」という彼女の言葉に、不機嫌な翔太郎。

と、窓ガラスを破って何かが投げ込まれます。
「こら!どぉこのどいつだ!」
とっさに表を見る翔太郎ですが辺りには人影もなく。
投げ込まれた包みを拾ってみる亜樹子。そこには現金と、
「今日、風花高校に怪しいやつがくる。絶対に捕まえてくれ」という走り書きの手紙が…
「依頼を受ける?」
「受けるわけねえだろ。放り込んだやつに突っ返してやる!」

その背後からふらふらと現れたフィリップに、検索か何かを頼もうとした翔太郎ですが、彼はそれどこれはない様子で外出しようとしています。
「おいどこへ行く」
「わからないことを知ることのできる場所だ」
「馬鹿。お前組織に狙われてるんだぞ。不用意に出歩くな」
「わかってる、でも…」

知りたいことがわからない、という状態に耐えられないフィリップ。引きとめる翔太郎の手を振り払い、どうしてもヘブンズトルネードを知りたいと出ていきます。
それを見て面白がり、慌てて後を追う亜樹子。

「やれやれ、何かにのめり込んだ時のフィリップは迷惑以外の何物でもない」

捜査

とりあえず風花高校へ出向いてきた翔太郎.。
さっそく警備員らに、自分が怪しい人物扱いされてしまうのはお約束です。

調査

「ねえ、いつも事務所から出ないのに今日はどうしたの」
「鍵がかかって閲覧できない本があるんだ。そんなの…我慢できない」
カリスマストリートダンサー、稲本弾吾を探し歩くフィリップ。
とうとう見つけた彼に、
「ヘブンズトルネードを見せてほしい」と頼みます。どうやらストリートダンスについて検索していた際に、その技にぶちあたったようです。
しかし頼む前になぜ自分が踊りますか。

君は知っているか。フィリップは検索して得た知識は、実行もできるようです。

「あれはもう二度とできねえんだよ。俺1人ではどうしようもねえんだ」としぶる弾吾。
「それを見てフィリップ君が落ち着いてくれないと困っちゃうの。鳴海探偵事務所の死活問題なの。所長のあたしとしても責任あるし」と口をはさむ亜樹子。
「鳴海…?あんたが所長?うそだろ」
その名を聞いて突然走り出す弾吾。後を追うフィリップと亜樹子。
それを見送る一匹の猫に、見覚えがあります。
やんごとなき園咲家の猫ともあろうものが外飼いされているとは思いませんでした。

遭遇

「君たちの気持ちはよくわかる。だが俺はけしてあやしい奴じゃない。あやしい奴は…他にいるんだって
落ち着いた様子で、しかし内心焦りながら、釈明する翔太郎。
359 :名無しより愛をこめて:2009/10/20(火) 00:14:50 ID:yCmVrgAM0
警備員に囲まれた翔太郎のキョドりっぷりが音也くりそつだった
いきなり相手の襟元直してやったりとかw

0108さんはおいといて、この番組はこういうオフビートな描写がいいですよね。第5話の、捜査中のWの後ろで看板ががたっと落ちて、Wがびくっと振り返るとかも。
そこへ校長の
「なんだお前は!」という悲鳴が聞こえ、顔をあげる一同。

「…ほらいた!」
「あ、待て!」

校長室に乱入してきた、ゴキブリの形のドーパント。
「街の害虫は私が下す。お前は1人の男子生徒を深く傷つけた…」
水色のゲルを校長に吹きかけ窒息させます。そこへ、
「待て!」
駆けこんできた翔太郎!

追跡

弾吾の乗った路線バスに、自分たちも乗り込むフィリップと亜樹子。
「亜樹ちゃん、彼を見失わないようよろしくね」
「何で?」
腰に出現したベルトを示すフィリップ。
「え?ええっ…」
こんなところで失神するつもりなのか。亜樹子の困惑もバスの乗客たちの人目も構わず、
「変身!」とポーズをとるフィリップ!けっこうノリノリの表情なんですね。

戦闘

屋上までコックローチドーパントを追い詰める翔太郎。フィリップと同時に変身します。
出現したWの姿に
「…何」と足を止めるコックローチドーパント。
「お前、噂の仮面ライダーか」
「だったら何だ」と翔太郎。
「この風都に2人もヒーローは要らない」
「…急いでるからさっさと終わらせてもらうよ」
フィリップも横から口を出します。意外に好戦的ですよねこの人。

敵の素早さ、というかカサカサ音がしそうな逃げっぷりが、ひらひらする茶羽根が、実にコックローチ。
こんな気持ち悪いアクションやめてください。ヒーローにはかっこよさが大事なんです。中川素州さんもそうおっしゃってます。
「サイクロン×ジョーカー」の蹴りも有効ではなく、「サイクロン×トリガー」も効かず。
「ルナ×トリガー」のホーミング弾でようやく相手の動きを止めることができ、トリガーフルバーストでしとめようとするWですが…
戦闘中にかかってきた電話。応じるWの右手。
「フィリップ君、弾吾くんがバス降りるよ」
「なんだって?」
「おい、何してる戦闘中に!集中しろ」
電話をやめさせようと右手をつかむ左手。その隙にコックローチドーパントは
「…いずれ倒す」と捨て台詞だけかっこよく、カサカサ逃げ出してしまいました!ありかこれ。

「見失っちゃったね。じゃ、あとよろしく」
「フィリップ!おい!」

変身のため意識を失っていたフィリップを背負い、よろよろとバスから降りる亜樹子。
その背で目を覚まし、
「急いで!あいつが逃げちゃう」と声をかけるフィリップ。
「うん、ごめんね…って、あんたが降りろ!」

園咲家

何故か立ってボードゲームに興じている若菜と園咲。
「お父様、今風都を騒がせているドーパント、ご存じ?」
「コックローチのメモリだったな」
「なかなか屈折した人らしいですわ」
「それもまた、興味深いサンプルだね」
物陰に潜み、2人の会話をうかがっている霧彦さん。
ミックの唸り声に
「おおどうした。何か嗅ぎつけたのか?よしよし」と抱き上げた園咲は、猫の腰に出現したベルトにスミロドンメモリを差してやります。たちまち変身し、外へ駆け出していくスミロドンドーパント。
何か考え込む表情の霧彦さんは、突然園咲に名を呼ばれて立ちすくみます。
「…霧彦くん。君も、ミックに負けないようにな」

調査

「翔ちゃん?久し振りぶり~♪」
高校の事件は高校生情報屋、エリザベスとクイーンに。
彼女達を呼び出し、闇の仕置き人について尋ねる翔太郎。
「まさか、あれ…?」
クイーンは、デコ携帯で「闇の害虫駆除」というサイトを呼び出します。そのサイトの掲示板の書き込みを物憂げに示すクイーン。読みあげる翔太郎。
「『風花高校の星野、まじうぜえ。俺を傷つけて人生台無しにしやがった。殺してほしい』…?」
「…まじうぜえのはどっちだよ。あたしこの子のこと知ってんだ。可愛いくていい子なのに」と、「星野」に同情してみせるエリザベス。
「可愛くていい子?あの校長が?」
「あほか。星野っていっても校長じゃないし。苗字一緒で間違えられたんだよ、かわいそう」
「…ということは謎の依頼者はその可愛いほうの星野の関係者」
2人に礼を言いつつ立ちあがった翔太郎を、エリザベスが仰ぎ見て言い添えます。
「…星野は学校にはいないよ」

追跡

風花高校に現れた弾吾。
校長が襲われた事件の捜査のため警官が集まった、ものものしいその様に、目を見張ります。
「…おい、千鶴に何かあったのかよ」
いきなり刑事らにくってかかりますが、真倉刑事復帰されてなによりです。すごい回復力ですね。
「いいか坊主、千鶴が誰か知らないが被害者は星野千鶴じゃない。星野タケシだ」

こうしてはいられない。止める警備員や教師たちの手を振り切り、
「千鶴!」とかつてのパートナーを探し歩く弾吾。
刃野にまで女子中学生扱いされて憤りつつもその後を追う亜樹子、フィリップ。

「星野だったら今日はいないぞ」
「嘘つけ!隠そうってのかよ」
人探しで校庭でダンスを踊る理由がよくわかりませんが、踊ります。
カリスマダンサーの突然の降臨に大喜びする生徒達。
「これでも無視すんのかよ!千鶴!」
騒ぎを聞きつけ現れた体育教師が、
「勝手に学校をやめて今さら何だ。星野はな、もうお前のパートナーなんかじゃないんだ。今はシンクロに打ち込んでいるんだ」と窘めると
「あいつ、またプールかよ!」と納得し、ようやく学校から立ち去ります。

その様を見ていて、
「そうか、ヘブンズトルネードはコンビ技なのか。星野千鶴と弾吾が揃えば絶対見られる」と合点するフィリップ。
しかし、弾吾の後を追って、近道をしている彼らの前に現れたのはスミロドン。
その恐ろしげな姿を前に
「あたし聞いてない…」と消え入りそうな声を上げる亜樹子。そして
「ドライバーをしてるってことは、君…幹部?」と冷静に観察しているフィリップ。
「僕を攫いに来たのかい?」

遭遇

エリザベスに教えられ、学外の大型プールまで星野千鶴を探しに来た翔太郎。シンクロは深さのあるプールが必要ですからね。
しかし彼女はもうその日の練習を終えたようで、プールサイドには姿が見えません。
そこへ現れた弾吾が、同様にプールを見渡しながら
「千鶴…」とつぶやくのを聞き咎めた翔太郎。
「お前、星野千鶴さんを知ってるのか?」
「お前こそなんなんだ。千鶴に何の用だよ」
弾吾は常にだれにでもけんか腰です。そこへ聞こえてくる女性の悲鳴…。

更衣室に現れたコックローチドーパント。依頼実行を失敗したことに気づいたんですね。

「風花高校、星野千鶴か」
「何なの?」
「街の害虫は私が駆除する。お前の言動で1人の男子生徒が深く傷ついた」
「何よそれ…誰のこと」
「稲本弾吾。お前の駆除はその男の依頼だ」

飛び込んできた翔太郎に危ういところを救われた千鶴。しかし、目の前に弾吾も現れたことから、慌てて逃げ出します。
「待てよ千鶴!」
後を追う弾吾。
さらにその後を追おうとしたコックローチの前には、翔太郎が立ちふさがります。
「…またお前か!」
躊躇なく変身の構えを取る翔太郎。

遁走

「フィリップ!」
翔太郎の声。しかしミックに追われ、亜樹子の手をひいて逃げ惑うフィリップは、自分の腰にベルトが出現したことを知り困惑します。
「…今?無理だ、幹部に襲われている」

「だから!だから不用意に出歩くなって」
コックローチドーパントを前に変身できない翔太郎。
「どうした、何故変身しない、仮面ライダー」
「うるさい、大人の事情ってもんがあるんだよ」
「私を邪魔するお前も駆除する」

「どうするのフィリップさん!」
「今検索している!」
歩道橋の上に立ち、走行する車のナンバープレートを見ながら何事かタイミングをはかろうとしているフィリップ。
「あれだ!…今からダイブする」
「んなあほなぁ!」
ふるふると頭をふる亜樹子。しかし後からスミロドンが追いかけてきます。
「3…2…今だ!」
亜樹子を抱え飛び降りるフィリップ!2人の姿はゴミ収集車の荷台に落ち、諦めたスミロドンはまた、猫のミックの姿に。

窮地

「お待たせ。…変身!」
悪びれずルナのメモリをベルトに刺すフィリップ。ゴミの中の変身というのも出色ですね。
現れたルナのメモリに気づいた翔太郎も、  
「今度こそ決めるぜ、相棒」

しかし今度は千鶴と弾吾の言い争いに気をとられるフィリップ。
「…殺そうとするなんて。信じらんない。もう二度と会いたくない!」
「千鶴!」
「『会いたくない』って。え?ヘブンズトルネード踊れないじゃん」
困惑するフィリップ。
「こんなときに何考えてんだ!」
その隙に素早いコックローチは、Wのベルトからルナとトリガーのメモリを抜き去ってしまいます。
「何?メモリが!」
翔太郎の悲鳴で、ここで終わり?えええええええ?
今週のとのさまは、これまであまり出てこなかった茉子の家庭について。人見早苗さんはもはや貫禄すら感じますね。しかしスーパーことは回はまだなんですかのう。
10/19追記。誤字訂正ついでに強調文字とか。
10/20追記。2chレス追加。
関連記事

style="clap"

ミックさんは

お父さんにメモリを挿してもらう派でしたね、当たり前なんですけど。
ベルトがおなかに巻くタイプなら自力でできそうだったのに残念。
ミックさんが完全室内飼いじゃないことに私も驚いたんですが、それにしてもミックさんは縄張りが広くていらっしゃる。
ああやって日々パトロールしながら街の様子に目を光らせてるんですねえ。

いやーペットっていいなー、とW見てるとしみじみ思います。

2009.10.22 10:08 URL | 桐生 #/QjCk4EU [ 編集 ]

桐生さん、いらっしゃいませ。

もうすっかりジャニーズの偉い人みたいな名前が定着しましたね>ミックさん
マッチさん、みたいな。
いつも不機嫌そうに唸っているのが、苦悩好きのわたしにはたまりません。
きっといろいろなことを憂えていらっしゃるのでしょうね。
最初は
「悪役が猫撫でてるなんて定番中の定番」と思っていましたがちゃんと使い魔的側面があって、幹部として婿殿より働きがあるなんて、お見それしましたと申し上げたいです。

2009.10.23 03:10 URL | maki #mxyayG2g [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1476-f5941cd1

| ホーム |