FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

最初に言っておく。賛否分かれるかもしれませんが、わたしは面白かったです。
あまりネタバレとか気にしない(read me参照)性質ですので、映画鑑賞前に情報を仕入れたくない方は、以降はご覧にならないほうがいいかも。

…ということで行ってまいりました近所の映画館。
ちまたでは早くもDVDつきパンフ売り切れという噂でしたが、しっかりありました(ハンフリー・ボガートの表記がきちんとしてましたね…特ニューはボガー「ド」になってて気になってました)。
入場者プレゼントもちゃんとありました。
そういえばこの映画館、MJの「THIS IS IT」の時も、やれトーチライトがない、キーカバーがどこにも見当たらないとお嘆きのファンの皆様を知らぬげに、ずーっと色んなMJグッズが置いてありました。グッズコレクターの方には穴場かもしれません。

そして、白倉氏はほんとうのことをおっしゃってました。

「映画があろうとなかろうと、TV本編はあれで終わり」だと。
ほんとです。
一応「ディケイド」の物語は、この映画で完結したとわたしは思います。しかし、TV編とは関係ない。つながってません。
TV編「ディケイド」に関し、円環構造になってない、物語として体をなしていないという批判はあるかと思いますが、少なくとも
「続きを映画にもってきた」という批判だけはあたらないのですね。だって続いてないから。

TV編ラストは、何故か襲いかかってくるレジェンドライダーたちに応戦するディケイドの姿で終わっていますが、この映画では何故か襲いかかってくるディケイドに、レジェンドライダーたちが応戦しています。ライダー大戦のシチュエーションは同じですが動機が正反対。
これはうまく逃げたなと思います。誉めてます。士こと井上正大さんは
「冬に映画があると知ったのは、TVの最終回の台本に<つづく>と書いてあるのを見つけた時」と言われてますがw

これはこれでお祭り映画として十分楽しめましたので、これからご覧になる方は、
「あれとこれは別」と思って鑑賞されるのがいいのでは。以下内容触れつつの感想文。
平日朝っぱらの回にも関わらず、小学生くらいのお友達の姿が結構見えたのは学級閉鎖か何かなんでしょうか?
彼らの
「おおっ!」
「かっけー…」
という声がヒーロー映画の醍醐味。おかげさまで盛り上がりました。

今回の映画は大雑把に、以下の3部構成になっています。つまり、東映マークが3回見られます。

1)ディケイド完結編(しかし後を引く)
2)W エピソード・ゼロ(同じく後を引く)
3)ディケイド&W共闘編(1・2の敵を一緒に討つ)

1)仮面ライダーディケイド 完結編

これは夏の映画と同じで、
「どうしてこうなった?」みたいなことはキニシナイで、とにかくライダーバトルの映像美を楽しむべき内容になってました。
いや、どうしてこうなったと考えようにも、TV編とはつながってないんです。
一応渡が説明してくれているのでそれを受け入れるしかありません。

作中、ディケイドに物語などない、ということが何度も強調され、前半は問答無用、残酷な悪魔、ディケイドによるレジェンドライダー殲滅戦が展開されます。
しかしこれがほんとうに強い。圧倒的。
そして高岩さんの荒々しい修羅のアクションが超エロい。小さなお友達の
「かっけー」
「すげー」
の声を聞きつつ、こちらもただ見とれるばかり。
カブトの折れた角が印象的でした。わたしも龍騎になって、ディケイドに討たれたかった。サイドバッシャーの活躍に心が踊りました。
90分このアクションシーンだけでいいとさえ思って観てました。

とはいえ、途中、可憐なる戦士・電波人間タックルの悲話に萌え、蜂女の妖艶さに萌え。
そして仲間たちの一途な思い。夏海、そして大樹、ユウスケの。
やがて士は破壊の旅を終え、そして、新たなる敵へと立ち向かう…

2)仮面ライダーW ビギンズナイト

先週、先々週とTV編の若菜姫「ヒーリング・プリンセス」に寄せられた都市伝説という形で紹介された、「死人返り」「骸骨の姿の怪人」の事件を扱います。
もちろん、この物語の中で翔太郎・フィリップの2人は、始まりの夜、“ビギンズナイト”を、そして自分たちの原罪を、回想することに。

短い時間でまとまりよく、しかもぐっとくるエピソードでしたので詳しくはふれませんが、身近な人を亡くした経験がある者としてはたまらないお話でした。
吉川晃司さん演ずるおやっさん、これがめちゃくちゃかっこいい。
仮面ライダースカル、これもびっくりするほどかっこいい。
どちらも主役以上に見せ場が多いという印象です。
ファング・アクセルは--まあ予想がついていたことですが顔見せ程度。微妙にTV版とは不整合があり、このエピソードも「ディケイド」同様パラレルなのだなと思いますが、面白かったです。

そしてどうでもいいことですがチャンドラーの「長いお別れ」ポケミス版260番が出た!
どこの古本屋さんから入手したのでしょう、かなり懐かしかったです(一方、TV版で登場した翔太郎の本は村上春樹訳の最新版)。
番組の録画確認したのですが、おやっさんのものらしい260番、ちゃんと翔太郎のデスクの後ろの本棚に並んでいまして、映画が初出ではありませんでした。
ただ翔太郎が買い足したらしい春樹版「ロング・グッドバイ」は何故か2種類の装丁が揃っていて、翔太郎は愛読者というよりコレクターのふいんき。

3)共闘編--MOVIE大戦2010

1)2)でそれぞれの敵を追うディケイド、Wが邂逅し、力を合わせて敵を討つ締め括り。
「お前…たしか、『W』だったな」とディケイドが言うのですが、夏の映画の記憶があるということでしょうか?
しょぼすぎる2)の敵の能力は、この3)でようやく生き、逆に強大すぎる1)の敵に対してはWの特殊能力によってライダー側に活路が開けます。
1)2)ではとにかく美しすぎる殺陣を楽しみましたが、一転、この3)ではCGによるマシン大戦がメイン。
伝言ゲーム的な
「ちょっとくすぐったいぞ」には笑いました。
そして、ここへきて夏海の特殊能力が…。
902 :名無しより愛をこめて:2009/12/16(水) 20:50:36 ID:k0CED+Q+0
       \。 /
      ( ゚ω| |゚;;) お前の罪を数えろー
 サイクロン!!C  | |とl丶l丶
      /  .| .|;;;(   ) ジョーカー!!
      (ノ ̄  と、 i
           しーJ

AAずれてたら済みません。

なお、トリプルライダーキックのシーンについて
「どれが僕でしょう」と高岩さんが特ニューインタビューでおっしゃってましたがわかりません。
今回の映画の主役はどう見ても士なので、ディケイドではと予測していますが、ボディライン等ではわかりませんでした。
審美岩のある方ぜひお教えください。

ラストは翔太郎・士、それぞれに対して
「よかったね」と言いたくなる結末。ディケイドの、様々な平行世界を渡り歩く能力がここで効いてきます。
そして士の旅は、ディケイドの物語=ROAD MOVIEは続く…

ということで、一応けりはついたんじゃないでしょうか?
鳴滝の行動原理が相変わらずよくわからないのと、キバーラそれ鳴滝への裏切りでは?みたいなところがちょっと気になるんですが、士はその役割を果たし、これからは旅こそが自分の居場所だと思い定める結末へ。
翔太郎・フィリップは贖罪を意識しつつこの物語によって救いも得ており、風都を、依頼人を守る決意も新たに。
堂々のハッピーエンドだと思います。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1542-f854c130

| ホーム |