LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

前回の仮面ライダー特集)と同じフォーマットで、「ウルトラマン9の謎」と題し魅せてくれました、今回のウルトラマン特集。

もちろん上映中の映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」(マントをつけた父かっこいい!)の紹介もありましたがそれよりも、昭和に疎いわたしには過去作品の紹介がとてもありがたかったです。
視聴者の選んだ名バトル(しかしメトロン星人のエピソードはバトルよりその前段階の卓袱台はさんでの会談のほうが名シーンでは)とか。
視聴者の選んだ好きな怪獣ベスト3とか。

ずっと疑問に思っていました。
なんで異星人が地球守ってるのって。
今日やっと納得です。

そして、「サクラ大戦」で囚われの仲間が磔になり、かつ氷漬けになっているというシーンで
「どこかで見たことがある…」と思っていたのがウルトラマンオマージュだったということも今日わかりました。
なぜかどうしようもなく惹かれる、「ウルトラマンA」のゴルゴダ星エピソード。磔になっていたのはウルトラ兄弟。
昔からヤラレ好きだったんだなあ。

クイズについてはロンドンブーツの亮さん、正答率高し。
「ウルトラ兄弟で一人だけM78星雲出身じゃないのは?」の問に正解しただけでなく、
「L77星雲なんです」と設定まで答えて司会の香取さんに
「ウルトラ芸人でやれるよ」と言われてました。しかしL77は星雲じゃなく星だったのがご愛嬌。

平成ウルトラについては駆け足気味の紹介でしたが、ティガの目の覚めるような美しさに始まり、現代のスーツ制作技術の素晴らしさにうっとり。
「ネクサス」はまるで「555」のような設定、そしてライダー俳優が複数重要な役で出演しているということで注目していた作品ですし、「マックス」についてもその原点回帰の趣向により大人たちが狂喜して観たということは、知っていました。
「メビウス」はカイザ村上さんの出演で観ました(そして彼がメビウスであるということが仲間内には知られているという設定にびっくりした)。
そんなライダー偏重な視聴者で申し訳ないのですが、やはり長い歴史の中で何度もリファインされ続けてきた映像美には感じ入ってしまいます。

ああ映画観に行きたいんですけど、上映館がことごとく東西移動しないといけないところにあるというのが辛いなあ。
上野とかでやらないんでしょうか…いっそ春日部まで行くか?

そして、ダダってCMでレースクイーンやってたから言うんじゃないのですが、どうも女性ってイメージですね。
キングのお誕生日祝いでダンスバトルするDVDでも、女性っぽいダンスしてたような…。

確か劇場版の「ディケイド完結編」に蜂女が出たのは、この番組のアンケート結果が影響していたとか。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1545-b0397fbd

| ホーム |