LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

猛烈な睡魔は春だからなんでしょうか。どうも気圧が低いと眠いです。
さっきまでいたプールサイドで読みました。
もう花見は諦めないと無理かなあ。

ライノクス殺人事件(創元推理文庫)
フィリップ・マクドナルド著 霜島義明訳
ライノクス殺人事件 (創元推理文庫)ライノクス殺人事件 (創元推理文庫)
(2008/03/24)
フィリップ マクドナルド

商品詳細を見る

名作として名高い「鑢」(やすりと読みます)の作者、フィリップ・マクドナルド。
しかしわたしは「鑢」を読んだことがありません、と書こうと思ったら解説にも同じようなことが書いてあって笑いました。推理小説に限らないでしょうが、そのジャンルでは誰もが知ってる名作古典、というのって手に入りにくかったりするんですよね。
ということでロスマクじゃないマクドナルドの作品はこれが初めてだったのですが、名手の作と思い安心して手にとったところ正解でした。丁度いい長さ、抑制の効いた筆致、必要最小限の登場人物、シンプルでいて捻りの効いた構成。ミステリのゲーム性という側面が存分に味わえる読み応えのある作品です。
そのくせ、読みながらこれが映像作品になったら面白そうだと思ってしまうドラマ性の高さもあなどれないところ。その辺りを両立してるものってなかなかないですよね。

タイトルの「ライノクス」とはある無限責任会社の社名。
扉を開くと、
「結末
 第一部
 第二部
 第三部
 発端」
という目次が付されています。そう、これはエピローグから始まる物語。
今ではよくある手法ですが、それを割り引いても、心をつかまれる謎めいた結末=冒頭部だと思うのです。

ある保険会社の社長宛に届いた、風変わりな荷物。親展との注意書に好奇心をそそられた社長は、副社長や秘書の見守る中、自ら鋏をとって包みを開けますが、中から現れたのは無造作に詰め込まれた紙幣の山でした。
そしてさらにダメ押しのように書留郵便で届いた小包からは、銅貨とメモ1枚。
合計で£287,499 3s. 10.5d.という大金は、誰から、なぜ送られてきたのか。
受け取った社長は、なぜ副社長がこれを見て激しい罵倒を口にすると予測したのか。

そこから、この結末に至る物語が語られ始めるのですが、好ましからざる人物の登場や、その不可解な行動が、これから起こるであろう事件の予感のためにいっそう謎めいて見えます。

また、伸るか反るかの大勝負に緊張するライノクス無限責任会社の面々の描写も、生き生きとして面白い。
野心に富むエネルギッシュな社長、F.X.と、悲観的ながらおっとりとしたその共同経営者、リックワースはいいコンビですし、彼らの子どもたち--F.X.の息子、アンソニーとリックワースの娘ピーターのカップルは美男美女でありつつ才気にも富んでいて魅力的です。
後半はとくにこのライノクスをめぐる部分が面白く、作者は後にハリウッドでシナリオライターとして活躍したそうですがなるほどなという感じ。

実際、経営者の仕事の大半は資金繰りで占められるんですよね。戦略は大切ですが、戦略に失敗していても資金繰りさえなんとかできれば綱渡りながらも会社は存続する。逆に、事業が成功していても資金がショートしたら即死。
しかもライノクスは無限責任会社です。
そんな状況で、婚約者の父から会社の苦境を知らされても
「あら、いいじゃないの」と笑えるピーターの腹の据わり方がいいですし、金策のため息子が出張するのを父が見送るシーンの握手もじんわり来ます。

そして、要所要所に挟まれる作者の「解説」がまた、懇切丁寧というか皮肉が効いているというか。
そのせいで? ああ、こういうことかと早々に見当がついてしまうかもしれませんが(なのであまり語れませんが)、それでも、第三部から最終章、「発端」へのつながりには舌を巻きました。

幸せな小一時間を送りたい方に、ぜひ。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1685-bb85cd55

| ホーム |