LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
皆さん今日は映画館へお運びですね? そうですね? うらやましいぞちきしょう。
習いごと休んでまで観に行くのも何か違うと思うのでわたしは明日以降の予定です。明日行けるといいけどな。
そんなわけでテレビ話三題。

熱中スタジアム 特撮ソング・第2夜 戦隊&メタルヒーローソング

またしてもBShiの再放送()ですが、昨晩BS2で観て性懲りも無くついったで実況しました。TLが賑やかで楽しかったー。戦隊&メタルは切なさよりも燃えが勝ってしまうのでどうしても盛り上がってしまいます。
まだ再放送します。

[BS2]2010年5月31日(月) 午後8:00~午後8:59
[BShi]2010年5月26日(水) 午前0:00~午前0:59

第1夜同様、歌詞やメロディラインの分析あり、そして制作者によるコメントあり。
オーケストラはなかったけど、「アバレ」の劇場版DVDにオケ収録の模様が入ってたなあと脳内補足。
内容は公式の方が詳しいので今回は詳しく書きませんが、

・短い秒数で壮大な世界観を表す工夫や「サビの三段オチ」の解説になるほどと納得
・気のせいか第1夜より観客の皆さんがノッていて踊りつき
・「シンケンジャー」OPは作曲作詞ともシブがき隊「♪スシ食いねェ!」等のイメージ
・串田アキラさんと戦斗母艦ダイレオンのブラジルでの神っぷり(
解説ありませんでしたがたぶん、あれはアニメ特撮コンベンション「SANA」のステージ映像?
  ブラジル以外にも昨年はこんな国際交流活動を。

あたりが強く印象に残っています。戦隊ソングは特に男の子が初めて出会うかっこいい歌だから、そのかっこよさの体現に作曲家は苦心している、というコメントが素敵でした。

詳しい放映内容は公式サイトで⇒熱中スタジアム

長いので以降は折りたたみ。


ぶらり途中下車の旅

これは観たわけじゃなく「観るつもりで失敗した」番組。
本日5/22放映分は都営三田線編。
リンク欄にも貼っているスタントグループ、BOSスタントが紹介されることになっていました。
昨年のオフィスワイルド取材回(確か落語家の方が火だるまスタントに挑戦)と違って事前告知されていたので観るつもりだったんですけどね。
公式にはあまり詳しく乗ってないなあ。
旅人、香田さんはワイヤーアクションの引き手を体験されたようです。

ぶらり途中下車の旅公式


仮面ライダー 超・電王トリロジー特番
モモタロスの仮面ライダー超・電王クライマックスニュース
ニュースキャスターはモモタロス!?
「デンライナーが暴走」「モモタロスがぎっくり腰に」


番組表表示のどこまでがタイトルなのか。という疑問はおいといて、ちょうど外出中の時間帯だったので録画しました!
普段この手の特番は観ないのですが予告の、ニュースワイドショー風のセットの、モモタロスが中央に座っている映像、それだけで
「観たい!」と思ってしまったので。ふつうそこは中村さんとかが来られるポジションじゃないんでしょうか。

もういきなり飛ばしています。
「俺、参上ッ!」と見得を切るモモたんの横で
「本日はよろしくお願いします」と静かに頭を下げ合うアナウンサー、コメンテイター。
その周囲に黙って立っているキンタロス・ウラタロス・リュウタロスの等身大お人形。……お人形…? それにしても王子は。
シュールな光景の中で行われたのは

・デンライナー暴走&違法乗車のトップニュース
・モモたんの「俺はアイドル」発言&AKB大家さんへの威嚇 ← これは別にニュースじゃありません
・先日のメトロデンライナーイベント紹介
・モモタロスぎっくり腰スクープ(見覚えのあるホームレスに注目)
・イマジンの契約切り問題
・「自分がライバル!」芸能:話題の2人の恋の行方
・新仮面ライダーベールを脱ぐ

等々、トレイラーや放映分の番組映像をニュース素材風に再編集したワイドショー形式の映画情報。
もうそれ自体わくわくしますが(G電王は正直「これはない」と思っていましたが例によって動くとメタルヒーロー風でかっこよかった)、終始じっとしていないモモたんのおっさんくさい動きがいちいちたまりません。
ぎっくり腰の話題では魅惑の腰を立ち上がって見せてくださいましたし、他の出演者とのかけあいも楽しかった。
電王ファンのコメンテイター・中山秀征さんと、逆にまったく予備知識のないAKB48・大家志津香さんとの、知識のギャップがいい感じなんです。大家さんを威嚇したりそうそうと中山さんと頷き合ったり。
数字の4が言えないのに映画封切日を3つ立て続けに紹介した一生懸命さもたまりません。
映画情報はもちろんですが、こんなにたっぷりモモが連続して映っている映像もそうそうないのでは。

今後の放映予定は「超・電王」公式「NEWS」のページ
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1729-524b38a0

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。