LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

いやー、特撮ってほんとにいいですね、なニチアサでしたが皆様いかがお過ごしでしたか?
わたしとしてはまだ、物語に入っていけるかどうか様子見という感じの2話でしたが、ウィザードのアクションだけでもう、あっという間に時が飛び去ってしまったような感覚もあり、そもそも冷静に物語がどうこう言える状態ではない気もします。

今回メインキャラでの初登場は
・魔法使いの弟子になりたがる青年 と
・晴人に魔法をもたらした白の魔法使い
の二人。
青年がレギュラーキャラになることは製作発表の時からわかっているわけですけど、彼はファントムの宿主たる<ゲート>でもあるわけですね、これは知らなかった。
あっさり説明された蝕の日の出来事、そしてコヨミ、白の魔法使いとの関係。
昔からファンタジー世界で「白」の意味するところは「善、光」と決まっていますけれども、晴人を修羅の道に追いやった人物でもあるわけで、まだまだ正体はわからない。
ただその姿がとにかくノーブルで、神々しいんです。この後がとても楽しみです。

さて、東映公式を見ると、前々からふれられていた新導入のカメラについて、今回やや詳しい説明がされています。曰く、ウィザードのコートのひらめきを、美しく撮るためのものだとも。
この新カメラ・ALEXA、実は一台最低でも3000万円はするものなのです。
ため息の出そうなこの映像美には、それだけの価値が、投資があったんだなあと、下世話ですけど妙に感慨深かったり。
11/16追記。白倉Pのtwに添付された、「InterBEE2012」での配布物の写真。このパンフほしいなあ。
A70bGblCYAAH_ti.jpg
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1826-549a89da

| ホーム |