LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

今日はお休みなので、徒然に橋本仰未(こうみ)くんについてぐぐっていたのですが、
タイトルの通り、既に2012.2の「スター☆ドラフト会議」に出演されてたり、また春にはj-beansのイベントに出ていたり、知る人ぞ知る存在だったのですね。
以下公式サイトより、(東映公式ともかぶりますが)プロフィール。文字装飾はmakiです。

名前:橋本仰未
年齢:10歳
職業:小学4年生


(前略)年に一度行われ世界中から選手が集まり、その実力を競い合う極真空手の世界大会で三連覇(2008年~2010年)を達成している!!また、世界大会以外にも今まで出場したほとんどの大会で優勝を飾り、空手界にその名を轟かせている。そんな彼の将来の夢は、ブルース・リーみたいなアクション俳優になることだという。(後略)

映画志望、そして目標:ブルース・リーとはまたお目が高いのですが、だからといって小学生を脱がすなと思いました。彼のすごさは、脱がなくても動きのきれだけで素人目にも十分伝わります。先日の「ゴーバスターズ」出演も素晴らしかったです。だからぐぐってたのですが。
放映前の蜂須賀さんの推薦の辞。拳を鍛えた痕が、手の甲にしっかり残っているのが痛々しいような頼もしいような。
ゴーバス出演陣の中では押川さんが確か極真三段だった気がしたのですがどうでしたっけ。

上記番組内では落ち着いて演舞を披露する様子がさすがだったのですが、ひと通りアピールが終わり、スカウト陣や出演タレントのコメントを待つ間、何度も腕が構えの位置にあがり、
「腕は真下に下ろしても大丈夫」とその度司会者たちにからかわれて苦笑してるところが小学生っぽくて可愛かった。

東映公式で紹介されている「気合」のすさまじさも、また金田社長が評価されている、「画面映えするアクション」も、上記番組でのデモンストレーションで既に披露されていました。
2人の暴漢を相手に
・“ブルース・リー映画でよくあるかっこいい” 羽交い締めからの脱し方
・同じく連続パンチ
・同じく連続キック
・同じく2人同時に回し蹴りで倒すやり方
と、一連の殺陣を見せているのですが、察するに映画等、先行作品を相当見こんでいるのでは。
「ベスト・キッド」みたいなの作ってほしいなほんと。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1849-80e9dc58

| ホーム |