LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

今日4月19日は言わずと知れた最優秀賞授賞式だったのですが、もう夕方からずっと、掲示板見に行ったりぐぐったりtwitterを探したりと落ち着けませんでした。
ていうか、スポーツ報知のネットニュース(「里見浩太朗がアクション語る『練り上げて完成するもの』)が出た時点で公式サイト見たのですが更新されてなくて、一番知りたいベストスタントマンがどうなったのかなかなかわからずじれじれしました。

高岩さんは最優秀賞…では残念ながらなかったようですが、しかし皆様授賞式でのカリスマの服装や言動を描写されていて、それにいちいち萌えてみたり。
受賞者の皆様、おめでとうございました。「るろ剣」一人勝ちは、なんとなく想像がついていたんですがあたりましたね。
以下いろいろな方のtwを総合しての覚書、敬称略。

第一回ジャパンアクションアワード最優秀賞

ベストスタントマン:富田稔
ベストアクション男優:佐藤健
ベストアクション女優:武田梨奈
ベストスタント:「るろうに剣心」の「神谷道場襲撃シーン」「剣心VS刃衛ラストシーン」
ベストアクション作品賞:「るろうに剣心」
ベストアクションコーディネーター:谷垣健治
特別アクション功労賞:倉田保昭、品田冬樹、金田治、佛田洋、大島由加里
特別賞:富田稔

ということで、まずはベストスタントマンの富田さんのお礼tw。
おめでとうございます(*´∀`*)
その後ブログも更新されていますね。

あと、これは高岩さんのご発言?なのでしょうか。求む詳報の某掲示板レス。
520 :名無しより愛を込めて :13/04/21 06:31:54
高岩成二「僕はこの賞は僕一人の力なんかではなく、仮面ライダーや戦隊物やウルトラマンや、
もっと言えば今いっぱいいるご当地ヒーローや遊園地でやっているヒーローショーの、
そんな日本全国で頑張っている名もないヒーロー達の代表として、この賞を受けたんだと思っています。」

確かに、この一年間にリリースされた特にこの作品に、ということでなく(本来のジャパンアクションアワードの趣旨はそちらなのでしょうが)、今までの集大成として、そしてヒーロー代表として、わたしも高岩さんに投票させていただいた気がします。
4/20追記。富田さんのお礼twを見つけたので貼りました。
4/21追記。
詳しい記事(シネマトゥデイ13.4.20「佐藤健がベストアクション男優!『るろうに剣心』アクションアワード4冠に輝く!*)を見ると功労賞・特別賞に漏れがあるようでしたので追記しました。
富田さん、タブル受賞だったのですね。
肘井美佳さんがブログに賞状をアップされていましたが、「里見浩太朗」のサインが眩しいです。
某掲示板(2ちゃんにあらず)レスも貼りました。
そして、ちょっと長い感じになったので、途中から折りたたみました。

記事のフォトアルバムの中に、式後全員登壇の写真がありますが、一人抜きん出てすらりとした、白っぽいジャケットの眼鏡の男性が高岩さんです!……って、ここにお越しの方には言わずもがなのことですが、かっこいいですねほんとに。
そして、この高岩さんが小柄に見えるライダー・戦隊アクション陣の皆さんのスタイルの良さは異常、ということになりますね。そのなかで、比較的小柄でありながら、でも脚の長さが抜きん出てる高岩さんはもう神プロポーションと言いますか。今回パンツの丈がぴったりなのもうれしいです(東映の衣装では脚が長すぎるらしく大体スーツとかお召しになるとちょっと丈が短めなんです)。
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/1892-f32ae260

| ホーム |