LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

turtle_in_hand4 / Mack_L


亀飼い、そしてファイズ者なら行かねばなるまい! と万難排し、めずらしく前売り券購入してまで行ってきました!
昭和ライダーが平成ライダーと戦う理由が作中で最初に述べられた時、胸が切なくなりました。
たっくん! そして雅人! 十年の物語にようやく決着が……

ということで感動してますのでビックリマーク多めでお送りしています。
昭和と平成どちらが勝つか、どういうけりをつけるのか、にも興味津々でしたが(わたしは平成に投票済み)なんともな結末でした!
神、村雨と、かっこいいおじさんてんこもりもよかった。皆さんお元気でうれしいです!
エンディング、スタッフロール横の画面の各ライダー紹介も見逃せないのですが、同時に下のアニメが可愛いので忙しいです。ちょっと非公認風でした。お見逃しなく。
あ、あとパンフレットも豪華ですのでぜひ買いましょう!

以下、ネタバレ気にせず思いつくまま、でも初日ですので折りたたみ。
大集合のなかで、物語の軸となるのは一人の少年と平成二ライダー。

プロローグに立ち会うのは紘汰/鎧武。
沢芽市、ユグドラシルタワー地下の建設工事現場に出現した異世界の噂。
「ユグドラシルが何か企んでいるのかも」と考えた紘汰と好奇心いっぱいの舞は、現場を調べようとして、不思議なリバースの力を持つ少年を発見します。
「ぼくはこの力で何かをしないといけない気がするんだ」
でも、それが何かは思い出せない少年。
彼を保護しようとした紘汰は、
「少年をこの世界に連れだしてはいけない」と止める本郷猛/仮面ライダー1号や、少年の力を良からぬことに用いようとする地下帝国バダンの怪人たちに襲われます。

少年を連れフルーツパーラーに逃げこむ紘汰。阪東に事情を話している時に、その事態の収拾こそこの世界で自分のしなければならないことだ、と言う通りすがりの仮面ライダー、門矢士/ディケイドと出会います。
さらにそのディケイドを追ってきた鳴滝の言葉により、
・解決には平成ライダー15人の協力が必要
・昭和ライダーは平成ライダーとは袂を分かっているので協力はありえない
ということになり――。

ここで紘汰は少年の保護役ということで一時物語から退場。
以降は他の平成ライダーを説得して歩き、少年の「するべきこと」を解明してその思いを果たさせようとする士が、物語を牽引します。
パンフについてるDVDで井上さんご自身が言われてましたが、そう、ディケイドがこの物語のストーリーテラーであり目撃者。
そうしながら、相変わらず死に場所を求めて世界を彷徨い、終わらない旅の途中にある士の孤独と、無頼な態度に隠された優しさも描かれており、それだけにラストに救いを感じます。

士が説得しようと訪れるライダー達のなかで、特にスポットがあたっていたのが菊池クリーニング店で働く青年、乾巧/ファイズ。
彼は当初、士の話に関心を示そうとしません。
「断わる。世界中の洗濯物を真っ白にすることがおれの夢だ」と一蹴し、後に怪人たちに襲われてさえ、変身に躊躇する巧。
しかし、
「ならばなぜ旅の支度をしている?」
「あんたが嫌になるのも無理はない」
等々、その心を見透かしたようなことを言う士に巧は揺れます。

「555」は当初、ロードムービー型の物語だ、と言われていました。夢や使命を持たない己の空虚さに苦しみ、また孤独にさすらう旅人の寄る辺なさや疎外感は、巧と士の共通点でもあります。

旅の途中に起こったできごとにより、十年来抱え続けた傷を、改めて認識する巧。
自分は生き残っていていいのか。自分は何をなすべきなのか。

やがて風都のことならなんでも知っている翔太郎の助力により、少年の「なすべきこと」が明らかになります。
それを達成させてやること、その身柄をバダンから守ることが、士の、そして平成ライダー共通の目的となり、そして物語は佳境に。

熱いというより切ないお話でした。士も巧も救われてほんとうに良かったです。
「555」を見てない人は、なんで巧にこんなにスポットがあたっているか腑に落ちないかもしれないのですが、彼がまだ生きていたことにテンションあがりつつ、十年間傷を抱え続けてきたことに心がえぐられ、そしてパンフレットで村上さんが言われてましたが、雅人/カイザのある意味幸せな散華に(劇場版ともTVシリーズともパラレルになっちゃいましたが背景となる海の天候、風の強さなどが同じでたまりません)
「雅人、良かったねえ」とうれしくなったりしました。ファイズ者は雅人、好きですよね?
「早く死んでくれ」というセリフを「早く死んでくれないかなあ?」に村上さんが変えたというエピソードもナイスです。

後は見どころと思われた小ネタを箇条書き。
・ということで、カットごとにいろいろなライダーに入っている
 高岩さんを探せな画面(桐山さんはWのシーンはぜんぶ当てられたとのこと)
 いや顔出しシーンもつぶさに見る必要がありますよ
・Jにタイマン挑むフォーゼ無謀
・カブトの回し蹴り
・敗れるとロックシードになっちゃうライダーさん
・戻れるとは到底思えないところからさらっと戻ってくる紘汰
・本郷猛/1号の
 「人々の自由を守る」という自己紹介
・1号はじめ、物語途中でも出てくる昭和ライダーたちのそれぞれに尺たっぷりな変身
・士の超弩級パフェ
・妙なところに登場する鳴滝
・士「平成ライダーはみんな生意気だからな」
 阪東「おれにはお前が一番生意気そうに見えるが」
 の後の沈黙
・カードがすっかり武器になってる戒斗さん、かっこいいよ戒斗さん
・少年は風都の子? なぜ沢芽に出現?
 そして鎧武のガレージから風都の自宅への移動も超近くてどこが舞台か一瞬混乱
・メロンと葡萄は完全に同陣営
・「お前がおれの旅を終わらせてくれるのか? いいぜ」と好戦的な士
・たっくんの声がかなり低くなってる
・酔って暴れるけが人
・再現度の高いあの日の海で死んでいった雅人
・ラーメンに文句をつけ、熱々の鍋にたじろぐたっくん
・鎧武、ディケイド並みにいろいろレジェンドライダーになれるフィフティーンは
 フォーティーンとはなんの関係もなかった
・フィフティーンの変身音はすべて「花道オンステージ」のノリ
 「シャバドゥビショウタイム」
 「青春スイッチ・オン」
 「●●オン・ザ・ロード」(●●部分聞き取れませんでした……)
・敵襲撃に、巧より先に反応してその身を盾とするオートバジンたんの騎士道
・オートバジンからファイズエッジを引きぬきつつくるっと大きく回って構えるファイズ
・紘汰に責められる士の目が赤い
・BLACK&RXに黒ライダーとしてのシンパシーを示すW
・紘汰・士・巧と三人並んでると井上さんが相変わらず大きくてスケール感が狂う
・七人のライダーの共通点
・草
・降るように現れるオールライダー
・せっかく来たのに活躍しなかったシュバルツ将軍
・トッキュウジャー、そしてキョウリュウレッドの乱入
・4号の殺陣がきれい
・「なんでおれが足」「なんでおれが足ィ!?」
・いきなり来て巧に希望を与える晴人/ウィザードが人誑し
・「お見せしよう」
 昭和ライダーにそんな力があるとは知らなかった
・終わったと思ったら蒸し返す1号さん
・カチドキキタ━(゚∀゚)━! 1号さんを着たり、いろいろいいとこ持ってく鎧武
・デレる鳴滝
・葵連/フィフティーンのラストの衣装が実に地味で、戦闘時はおしゃれしていたと判明
・ノーヘルで疾走する藤岡さん

そして、

・EDの献辞
 「平山亨さんと長石多可男さんに捧ぐ

ちなみにパンフでは

・てんこ盛りインタビュー
・豪華&美麗図鑑風「でんせつのせんし」解説

また付録のDVD(映画見た後だと笑える)では、

・旧作ではショッカー大首領=士だった井上さんに最敬礼する白倉Pと
 最敬礼し返す井上さん、
 仲間に入って真っ白いスーツ姿で最敬礼するのが王子様な桐山さん
・翔太郎の
 「テレビでもこれやったなあ」
・たっくんの
 「こんなところにもブランクって」

が見どころかと思っています。

以下関係者tw(偏ってます)。
なんと切ない……! (´;ω;`)
わたしは今回のラストがほんとうにうれしくて、この上映版が唯一無二、もう一つは封印! という考えが当然あるのですが、でも「龍騎」の二度美味しいDVDを思い出すと、今度も両方収めてほしい……と思ってしまうのです。
それにしても
277万票で760票差」ってすごい。なんという接戦。
同日追記。折りたたみ前が長くなったのでちょっと短く削ったりとか。
同じくファイズ者の方と感想をお話ししたりして幸せです。
前と同じ、いっぱいバイク乗っていっぱい悩んでいるたっくん。舞台挨拶でもたっくんと呼ばれていたらしい半田さん。
「555」は冥界から戻ってきた者達の物語でした。そして、この世界では雅人の死を見届けてしまった巧(TVシリーズでは雅人が死んだことを誰も知りません)。砂浜に膝をつき、自らの手を見るその喪失感。なにかもう、いろいろ胸に迫ってたまりません……

なお終了後、夏の映画の予告の後にワンカットだけ入った、「キカイダーREBOOT」の告知に、場内の小さい子たちは
「えっ?」という反応だったのですが、一人
「おれ知ってる、仮面ライダーの前の仮面ライダーよ!」と得意気に言う男の子がいて和みました(*´ω`*)
彼の中ではヒーローを意味する言葉は「ライダー」なのですね。
491 :名無しより愛をこめて:2014/03/29(土) 19:52:20.36 ID:UuT9dw3GI
舞台挨拶の藤岡さんよかったなぁー、別の仕事で遅れて来てたけどどっちが勝ったか知らなくて、
平成が勝ったって聞いた時すごい嬉しそうに半田の手とか握って、これでよかったんだよ!若者である君達がついでくれる
からこそよかったんだ!この時をずっと待ってたんだよ。って言ってた。これ生で見たらもうなんか全部許せちゃったわww

3/30追記。上記2ちゃんレスを貼りました。ええ話やー(´;ω;`)
関連記事

style="clap"

ボクも見ました!

ボクも見ました( ´ ▽ ` )ノ
個人的にはもう少しカタルシスとか求めたくなりましたが、555の流れだとか、パーラーでの士たちの遣り取りとかは本当に楽しく、ここのところの忙しさによる疲れも軽くなりました♪

「いや、わかんねぇよ!」
「だいたい分かった」
「分かったのか!」とかw

ディケイドアームズは「破壊者 オン・ザ・ロード」と聞こえた気がしましたが、いかがでしょうか?

2014.03.29 22:51 URL | りゅうきん #- [ 編集 ]

こんにちは

僕はモバゲーの仮面ライダーレジェンドっていうゲームをしています。
もしよかった遊びに来て下さい。バトルゲームなので僕にバトルしてください。
でも僕には勝てないでしょうねw

2015.02.05 01:29 URL | 門矢士 #LP8pmlqE [ 編集 ]















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/2018-944209c3

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。