LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

……してきました。
なにかアクション三昧の観たいなあと思っていたら、ちょうど地元の映画館が、二本続けて観られる状態だったので。

いや、美しい映画でした。
もう佐藤健さんが美しくて美しくて、吹き上がる血しぶき、紅葉や紅蓮の炎、竹林に冬の海と風景も美しくて。

幕末の頃、維新側の道具に徹し、その人間離れした腕前と修羅の如き暗殺剣によって、「人斬り抜刀斎」と呼ばれた男がいた――。
その後殺さず(不殺)の誓いを立て、明治の世にぼんやりと昼行灯な生活を送るようになっていた緋村剣心。
しかし彼を呼び出した元勲・大久保利通は、「お前の後釜に据えた男が、今は維新政府を恨み京で暗躍している」と告げます。
あくまでも便利な道具として闇に働き、その結果、維新成った後はその存在も功績も、すべて業火とともに闇に葬られた男。
剣心を「先輩」と呼ぶ男。その名は志々雄真実。

折りたたみ以降はネタバレ気味な感想文。
ということで、ストーリーは以下のように、2本でワンセット。1話で完結していた前編とは違います。

京都大火編 

自分が職務を放棄しなければ志々雄が後釜に据えられることもなく、またそうであれば自分が今の志々雄の運命をたどっていたかもしれぬという想いから、大久保の相談を無視できない剣心。
志々雄が国家転覆を図っていると聞けばそれも捨て置けず、いざ京へ向かってみれば、道中で志々雄の残虐非道ぶりが許せず――。
やがて志々雄との戦いに、自ら乗り出していく剣心。

伝説の最期編

緒戦に敗れ、海中に投じられた薫を追った剣心。
愛しいものの安否を知り得ぬ苦しみ、そのなかで、己には足りぬものがある、命を捨ててでも志々雄を倒さねばならぬと、かつての師に教えを乞います。
しかし大久保暗殺の後、内務卿の後を襲った伊藤博文は志々雄の脅しに屈し、緋村剣心捕縛、処刑の命を下します。
やがて奥義を得た剣心は、敢えて警察の手に落ち――。

この、時代の流れに取り残された人々が、自分の生きるべき場所を求めて修羅となる、というのは時代物では定番ですね。特に志々雄は、時代が変わった時点でもはや用済みと始末されかけたために恨みも深く、同じ立場の者として
「お前もこっちにこんか」と斉藤一に誘いをかけるところはぞくぞくしました。
そこからアクション、アクション、アクションの連続。
志々雄VS警察(含・斎藤)、大久保利通暗殺、操との剣を間にしたコミカルな攻防、剣心VS京への道中で出会った志々雄の手下、宗次郎VS剣心、蒼紫VS左之助、剣心VS張、蒼紫VS翁。警察VS志々雄軍団。
清十郎との修行。剣心VS蒼紫。警察VS剣心。そしてまた、警察VS志々雄軍団。
剣心VS宗次郎、左之助VS安慈、志々雄VS剣心・斉藤・左之助・蒼紫。剣心VS志々雄。
憶えてるだけでもこれだけ。いずれも見ごたえありました。

・ばっきゅ~さい
・刀で穴を掘る、刀を砂や地面に突き立てるなど、いちいち背筋が
 ぞわぞわしました。刃毀れするぅ。
・道場では面をつけてほしいです。
・斎藤さん部下殺されすぎ、煙草吸いすぎ。後者はともかく前者は前線指揮官としてどうか。
 サムライに敬礼、のシーンでおれもかよ、という顔してるしw
・志々雄の鱗模様の着物が素敵すぎ。ああいうの着たいです。
 姫抱っこ階段はつい抱っこされてる側に感情移入してしまい、怖くなるので
 第一作でも思いましたがやめてほしいです。
 でも一番高い場所に安置したかったんだろうなと(´;ω;`)
・一瞬志々雄ハザード
・脇役、モブがいろいろ魅力的。
 正義のため殉職する部下と、それを「ご苦労だった」とねぎらう斎藤とか
 伊藤博文の非情さに動揺する高官・カワジ(字がわからない)とか
 剣心処刑を前にその罪状を読み上げようとして、声を詰まらせる係官とか
・そして清十郎。この美しい弟子にしてこの男前な師匠。
 とにかく映像が麗しい。もう映画全編修行しててもよかった。

「るろうに剣心」は、特に海外の方に言わせれば、ヒーローの線の細さに驚かされるようです。
確かに、一般に戦いというものは体格の大きい側が勝つものであり、剣術・柔術も例外ではありません。
幕末でとくに恐れられたのは、ただ剣の威力を一撃必殺となるまで一心に磨き上げ、そしてその技を、当たらなければ当たるまでただ繰り返す(一度でも当たれば相手は死ぬ)、薩摩示現流でした。
そういったパワフルなアクションが主流であることは重々承知で、しかし、

・線の細い優男、年若い少年、あるいは女性が、
・その身のこなしや機知、技術を活かして
・大男や鬼などの圧倒的強者を倒す

ストーリーも洋の東西を問わずわたしたちは好物なわけで、特に女装の名手・ヤマトタケルノミコトを最古の英雄と掲げる日本では、後者の作風のものは前者以上に多数発表されており、いちいち違和感を持たれることもありません。

佐藤さんの小柄な体格と少女のような美貌、目を見張る動きの冴えは、少女マンガのような画風だった原作そのままでもあり、今日も何度も
「こんなに綺麗な人ってほんとにいるものなんだなあ」と感じてしまいました。
「電王」からすると7年も見てるのに。
特に惚れ惚れしたのは、対宗次郎戦の敗北の後の、対張戦。
赤子を切り刻もうという相手の非道さに追い詰められ、憤りのまま思わず繰り出した剣。不殺の誓いを破り、その心に眠る獰猛な殺人鬼が目覚めたかと思われるシーンがあります。
自らの心の動きに驚き、なおかつ、直後、それを最も見られたくない人(薫)に見られたという動揺。
この表情の変化がとてもよかった。
もちろんラストのプロポーズも、よかったのですが。

美しいだけでなく、その見事な運動神経と殺陣の速さ、キレの良さが、剣心の“強さ”に説得力を持たせています。
爆走する馬を、間一髪で躱すシーン。
また、動画で公開されていた練習風景を、「ああ、ここで使ったのか」と悟る艦上のシーン。
多対一の戦いでは見切り、捌きも多く見られ、こういうの好きな人間にはたまりませんし、剣だけとっても対蒼紫戦ではあの短時間で「400手以上。対志々雄戦ではもう異常(谷垣アクション監督談)」。とんでもない速さです。

緋村が最強と言われたのは暗殺剣、ことに抜刀術において、ですから、基本は速さがすべて。ことに夜陰や狭い場所など、小柄な側が有利となるやり方を心得ていたのだろうとも思われますし、実際にそういう殺陣もいくつか見られ、見応えがありました。
トリッキーで常人にはまずできなそうな動きの多さは、いわゆるチャンバラ映画と違って真似ができないうらみがありますが――アクション映画見て真似したいとか思うほうが変かも知れないのでそれはまあいいとして。
「鑑賞する」という意味ではほんとうに堪能しました。

もちろん緋村だけが強くても面白くないわけで、敵はそれぞれに強く、魅力も十分。
張の豪剣二刀流とウィンク、蒼紫の執念と体術、宗次郎のいきなりトップスピードとスマイルイライラ……そのなかでも志々雄の強さが化け物じみていて、強すぎて終盤、4対1という戦隊物みたいな展開もありましたが。
普段チームとして訓練してない者どうしがあの近距離で、となると普通に同士打ちしかねないのですが。
15分しか戦えないという志々雄の制約を知ってか知らずか、なかなか会得した奥義を出さない剣心に焦らされましたし、死力を尽くす勝負だからこそ、あそこはずっと1対1で見たかったかなあと、思います。
あと志々雄をあんなにビジュアルで再現できるなんて、かつて悲運の天才剣士・沖田総司を爽やかに天真爛漫に演じた藤原さんが、なんだってこんなことに? と、役が違うから当然なのですがいろいろ感慨無量だったり。
10/1追記。メイキング見てたら、速く思い切った動きを撮るためにアクション部の人にカメラを持たせ、吊り上げて動かすということもやったみたいですね。この間のアサクリのPVのDevin Graham氏やジャパンアクションカメラマンのいのくまさんもそうですが、アクションものはカメラマンもたいへんです。
関連記事

style="clap"
2014.09.30 00:30 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |