LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

高岩者として、ここでこの方について書くことはほとんどなかったのですが、実は大好きな方です。
1号(主役)ライダー高岩さん、2号(もしくは1号のライバルポジション)が伊藤さんときて、ライダーにしろ怪人にしろ3番めに重要なキャラクターが押川さん、そして時々その圧倒的な力で画面を締めるのが次郎さん(劇場版ライダーやラスボス)……という、平成ライダー1期の体制を至高と信じるわたしには、もちろん視聴対象として、ずっと、かけがえのない存在、のお一人でした。
またインタビューやイベントでの言動、Twitterなどから伺えるそのお人柄、温厚で屈託ない笑顔、そういったものから、もし実際にお会いしても、きっと素晴らしい方なのだろうなと、SHTを毎週欠かさず視聴するようになって以来、ずっと思い続けています。
正直、大好きです。
「555」ではデルタとしてよりオートバジンの活躍のほうが目につきましたが、後からさかのぼって観た「アギト」では、ギルスの鳥肌の立つような怒りと野生の表現、「響鬼」では怪童子との息詰まるような死闘。「カブト」ではドレイクの華麗な空中演技に目を見張り、ゴン、間宮麗奈とそれぞれの別れの表現に完全に心掴まれました。「電王」ではデネブ登場まで毎回、個性豊かな敵方のイマジンたちを愛嬌たっぷりに演じられていました。その挙句のデネブの魅力は言うまでもなく、イベントで押川デネブがこぼしていかれた(実際に客席に投げ入れられたのは麿さん)、デネブキャンディをゲットできたのは一生の思い出です。
戦隊に行かれてからはライダーとのアクションスタイルの違いか、よりアクロバティックな動きが増え、改めてその身体能力の素晴らしさに驚きましたし、レッドバスターなどに見られる正中のまっすぐ伸びた立ち姿には、常々惚れ惚れしていました。

変な言い方ですが、いつかは高岩さんに代わり、ミスターライダーとなられる方だと思っていました。そのくらい、長く安定して観ていきたい方だと。
ネット上で引退の噂がささやかれ始めてから、ほぼひと月、ずっとはらはらしていましたが、先日は楽しげな「飲み会」の写真をアップされ、また本日はTwitter終了の挨拶をされたことで、
「ああやっぱりそういうことなのかな」との諦念に至り。
改めて押川さんへの愛をわたしなりに書いてみようかと思い立ちました。
これが早とちり、杞憂のたぐいであることをまだ未練がましく願っているわけですが、それでも今後、押川さんが新しい道、新しいステージを選ばれるというなら、そこでのご活躍を、心からご祈念したい、と思います。
それに、この方はきっと、どんな場所に行かれても、周囲から愛される方なのではないかと、やっぱり勝手に安心しているところなのです。

以下、関係者の方が押川さんの演技について触れられたtwを貼っています。わたしもまったく同感なので、心覚えにまとめたくなったもの。
途中から違う話になっていますが(;´∀`)
「他の子」と比較する表現は、単に押川さんには内からわきあがる何かを感じる、ということの誇張表現だと受け取っています。それに実際、感じますし。
ギルスは本当にすごいです。スーツデザインなどは時代を感じるかもしれませんが、その気迫、その咆哮は、押川ファンには言わずもがなでしょうけれど、未見の方にはぜひ、見ていただきたいと思います。
劇場版アギトのボーナスディスクで見られるように、まだ20代の押川さんの素顔がほんとうに若々しくて、いきなりの抜擢だったのだなあと感じさせられます。
ほんとに(´;ω;`)

押川さんはJAEに入る前はパン屋さんに就職されていたので、その経歴を「伊藤さんにパンを焼いてあげたけど固くて食べられなかった。伊藤さんはそれでも美味しいと言ってくれた。業務用と違って家庭用オーブンの使い方がわからなかった」とか、「いつもみんなにパンを焼いてあげますよという割には持ってこない」「それもオーブンの……」とか、そういう持ちネタにもされています。

最後に、このお話と関係有るのかどうか、鶏あえず野方店での「送別会」だと噂されている飲み会の様子。
単純に伊藤-高岩-押川という上座の並びが、カイザ-ファイズ-デルタにかぶってわたしの泣き所なので。

あ、高岩さんには散々お尻がどうのこうの、やられ姿がどうのこうの言うわたしですが、押川さんにはいっさいそういう邪な感慨はわいてこなくて、これまでものすごく健全に視聴することができたのも、押川さんのデネブ演技などににじみ出るまっとうさ、のせいじゃないのかなあと思います。お尻の形が自分好みじゃないからとか、そういう理由では……ないはず……。
さよならは言いません。少なくともまだ。
関連記事

style="clap"
2015.02.01 15:57 | heroes | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |