LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そんなわけで作品部門は「ライムライト」、俳優部門は佐藤さん、ベストアクションシーンでは「イン・ザ・ヒーロー」の最後の大立ち回りに投票し、どれも受賞したので大満足のmakiですこんばんは。
とはいえ今回個人的には少しこの賞へのテンションが下がってしまい、関連twをRTしたものの、何が何でも授賞式当日(3/20)に記事を上げなきゃ! 的な気持ちはなかったのです。自分が行くわけでもないし、週末には一大イベント(ライダー映画封切り)も控えていましたし。しかしこの動画を見てしまっては。



なんという一分間連続ヤスだらけ。BGMはキネマの天地。高さ2m30cm、斜度45度から落ちる落ちる落ちる。
しかも落ちたあと、イントレに上がるのも早い!
動画でこれなら、眼前で観た人はどんなに眼福だったことでしょう(*´ω`*)

こういう、アクション講座的な企画はとてもいいと思います。こういうのでファンを増やして、そして作品ではガツンと10m級の階段落ち(に限りませんがとにかくすごいアクション)を観せてくださればいいなとも。安全第一で。
ヤスといえば、当時アクションアワードがあったなら、そして一般投票もできたなら、わたしはきっとベストスタントマンはヤス・オブ・ヤス(何のことだ)、JACの猿渡幸太郎さんに投票しただろうなと思います。最近知ったのですが撮影当時、リアルで
「コレがこれで」だったとは……!
関連記事

style="clap"
2015.03.23 00:11 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。