LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ということで、ちらほら「ズ」って? と噂は聞こえていたのですが本日発表のこれ。わたしは知らない間にamazonプライム入ってたのですが今日初めて入ってて良かったなと思ったり。
さっそくトレイラーを観ましたが狙ってるのは「The first」「The next」の路線なんでしょうか。脚本は靖子にゃん、原作よりハードなスーツデザイン。養殖という、改造人間に代わる概念。かっこいいしダークな雰囲気だしでわくわくする一方、お子様にはもしかして無理なのかなあと思ったり。
プライムビデオで4/1放映開始(全13話)。「1号」映画の入場者プレゼントにも特別映像のQRコードあり。
わたし自身は旧作の「アマゾン」はあまり詳しくなく、人間社会のことについては生まれたての赤ん坊並みの知識しかない純粋無垢な魂と、野生がもたらす戦士としての本能、その剽悍な戦いぶりとの相剋こそアマゾンの魅力だと勝手に思っているわけですが、ぱっと観た感じでは今回その異質な二種類の魅力はアルファ(始まり)とオメガ(終わり)、2人のアマゾンに割り振られているようですね。どんなストーリーになるのか、楽しみです。
関係ないけどこのネーミングからすると野に放たれた4000体のアマゾン、というのはアルファとオメガの間に生産されてる……んでしょうね。
儚げな雰囲気の主人公・悠が自分の中からわきあがる本能に恐れおののいたり、戦いに明け暮れる日々に疲弊したりする話だとうれしい。自分なりの強さ、優しさがその苦悩の果てに獲得されていくストーリーだともっとうれしい。期待しています。
ビジュアルでは引きちぎられたボディ各部の断面から神経束、もしくは血管的なものが垂れ下がる懐かしいこの感じ、つい「真」を思い出してこれ、白倉Pの好みなのかも。

以下はRTされてきた関連tw。
主演の藤田さんはモデルプレスの記事によれば「アギト」作中の小沢さんの
「氷川誠として戦いなさい!」が印象に残っていて、自分もオメガ=水澤悠として戦ったとのことで、ああまた「アギト」観たくなってしまい、じゃなくて、意気込みの感じられるコメントです。楽しみですね(*´ω`*)
関連記事

style="clap"
2016.03.18 16:40 | amazonz ΑΩ | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。