LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

面白そうなのでやってみたら高岩さんが仮面ライダーになるなど意外に辻褄が合ってしまいました。折りたたみ以降は全文コピー。
maki555の結果
 昔々ある所にマヤと高岩が住んでいました。
 マヤは東京へイケメンしに、高岩は吹屋へ仮面ライダーしに行きました。
 高岩が吹屋で仮面ライダーをしていると、ラストシーンラストシーンと、大きな仮面ライダーアマゾンが流れてきました。
 高岩は良い土産ができたと喜び、それを拾い上げて家に持ち帰りました。
 そして、マヤと高岩が仮面ライダーアマゾンを食べようとすると、なんと中から元気の良いトエが飛び出してきました。
「これはきっと、神様からの授かり物にちがいない」
 トエのなかったマヤと高岩は大喜びし、仮面ライダーアマゾンから生まれたトエを資料館太郎と名付けました。
 資料館太郎はスクスク育ち、やがて強い基本的になりました。

 そしてある日、資料館太郎が言いました。
「ぼく、ギーガー島へ行って、悪いギーガーを退治してくるよ」
 高岩にボウケンジャーを作ってもらった彼はギーガー島へ出発しました。
 資料館太郎は旅の途中で若冲に出会いました。
「資料館太郎さん、どちらへ行くのですか?」
「ギーガー島へ、ギーガー退治に行くんだ」
「それではお腰に付けたボウケンジャーを1つ下さいな。お供しますよ」
 若冲はボウケンジャーをもらい、資料館太郎のお供になりました。
 そして今度は小宮に出会いました。
「資料館太郎さん、どこへ行くのですか?」
「ギーガー島へ、ギーガー退治に行くんだ」
「それではお腰に付けたボウケンジャーを1つ下さいな。お供しましょう」
 そして今度は唐橋充に出会いました。
「資料館太郎さん、どこへ行くのですか?」
「ギーガー島へ、ギーガー退治に行くんだ」
「それではお腰に付けたボウケンジャーを1つ下さいな。お供します」
 こうして仲間を手に入れた資料館太郎はついにギーガー島へ到着しました。

 ギーガー島ではギーガーたちが近くの村から奪ってきた宝物や御馳走を並べて「スーパー戦隊の宴」をしていました。
「よし、かかれ!」
 若冲はギーガーに噛み付き、小宮はギーガーをひっかき、唐橋充はギーガーを突きました。
 そして資料館太郎もシビルウォーをふり回して大暴れしました。
 すると、とうとうギーガーの親分が泣きながら降参を宣言しました。
 資料館太郎と若冲と小宮と唐橋充はギーガーから取り上げたスーパー戦隊を持って家に帰りました。
 そして資料館太郎たちはスーパー戦隊のおかげで幸せに暮らしましたとさ。

 めでたしめでたし。
関連記事

style="clap"
2016.05.24 14:49 | diary 優雅に生きたいけどだめ | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |