LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

style="clap"
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
世間では「シン・ゴジラ」の話題でもちきりですが今頃です。まあ一応特撮シーンもあるし。

表紙デザインが秀逸すぎた原作小説の発売時から楽しみにしていましたけれども、こうしてみると本当に映像表現向きのお話でした!
人員削減の一環として放送局から契約を切られてしまったフリーランスのTVマン、ザヴァツキが狂言回し。起死回生のため“ウケる”ネタをさがしていたかれは、なんと現代に生き返ったヒトラーを発見してしまいます。そして――。

人は己の見たいものを見るものです。
フリーのTVマンはじめ、ドイツの人々の多くはヒトラーを、あくまで“ヒトラーのなりきり芸を見せるコメディアン”と思い込み、その天才的な模倣ぶりと鋭い風刺を笑い、かれの語るドイツの、あるべき姿に魅了されます。

タイムスリップを知るや驚愕する間もなく、凄まじい勢いで現代ドイツの抱える問題を把握していくヒトラー。
国を憂い、全国行脚しては国民や各政党党首、政治コメンテイターと対話するヒトラー。

そのドキュメンタリー映像は、一度YouTubeにアップされればすさまじい再生回数を稼ぎ、撮影中もTwitterのTL上に溢れる目撃談。
満を持してのテレビデビューはセンセーショナル極まりなく、YouTuberたちも口々にその感想を語って次の出演を煽ります。
あっという間に人気者に上り詰めていくのも納得で、それほどにこの映画のヒトラーはチャーミングであり、国民への思いやりに溢れ、その言説は明快かつ力強い。
芸術作品上、独裁者はだいたい、イコール悪のように描かれるものですが、本当にそれだけの人物ならそこまでの地位につけるはずもないので、実際のヒトラーもこのようにあるところまでは真に国を憂い、第一次大戦の賠償金支払いに疲弊した国民の悩みを理解し、効果的と思われる政策を打ってきたのだろうと思いました。作中いみじくも、
「国民がわたしを選んだのだ。きみは選挙を、民主主義を否定するのかね」とヒトラー本人が言うように。

インターネットやテレビという新しいメディアを活用しての巧みな演出ぶりは、ヒトラー個人というよりゲッベルズやレニ・リーフェンシュタールの才能を反映させた感じですけれども、政治家として実に有能です。
加えてあの髪型、あのひげだけでヒトラーその人と誰でもわかるビジュアル&キャラクタライジング、これがもうものすごいアドバンテージ。

ある失敗からテレビを追われる一幕もありますが、転んでもただでは起きないヒトラー。暇を利用して書き上げた自伝(=原作小説)は大ヒット、さらに映画化の話も起こり、一方かれを追い出したテレビ局は視聴率の低迷に苦しみ――。

映画のトーンは80%コメディ。様々な作品のパロディも盛り込まれ(お前が泣くのかと)、映画館でもずっとクスクス笑いが聞こえていました。
が、次第に浮き彫りにされていくドイツの闇。
魅力的な言動の背後にちらつくヒトラーその人の無邪気な冷酷さ。映像にところどころ入るノイズ。
この後どうなる? という、ざらざらする後味を残して、唐突に終わってしまう物語。

この映画では、ヒトラーが街を行くとき、直接かれと対話する人物はしっかり顔が映っているのですが、ヒトラーに批判的な言動をする人物や、逆にカメラの前であるにもかかわらず人種差別主義的な主張をする人物、たまたまそのあたりを通りすがっただけ、映り込んだだけという人物の顔はところどころモザイクがかけられ、あるいは目に黒線が入れられたりしています。これは撮影時や事後、了承を得られなかった人に行う作業で、要はこの部分、ほとんどドキュメンタリー映像なのです。
前情報無しで観たので、最初は
「ドキュメンタリーだよ」という体裁で撮ったシーンかと思っていましたが、それでも、挟まれるニュース映像ともほとんど違和感なく、この映画のテーマを
「絵空事じゃない、現実のことなんだ」と強調する効果がすごい、と感じました。
どうやら解説を読むと本当に素人相手のゲリラ撮影であったそうで、ヒトラーに扮した芸能人+テレビカメラ、を前にした人々の自然な反応が収められています。
このアイディア、ほんとにうまいし、原作小説で想定されていた通りのことが現実に起こったわけで、この映画の白眉は、実はこのシーンなんじゃ、とも思いました。

あとまあ、ドイツにとってはすごい作品だなあとも。
第二次世界大戦以降ナチス的なものを封印してきたドイツ(本作中テレビ局に検察官が登場するシーンも、現実にナチス的なものを扱うことを禁じる法律があるため)で、こんなことができるようになったんだなあというのは感慨深い。相当なタブーのはずなのに、
「ヒトラーはいいけど犬が死ぬのはだめ」なんて言わせてるのが。
これまでドイツでは戦争の罪をすべてドイツやドイツ国民とは別の、ナチスという存在に負わせてきたのですが、そのナチスに投票し、ヒトラーを選んだのも国民だ、というこの映画の結論はとても重い。
もういい加減あの戦争を総括しようよという意図なのか、それとも右傾化の進む各国情勢に警鐘を鳴らそうという意図なのか、わかりませんが(わたしとしては何処の国民でも経済的に苦しくなれば余裕を失った人々がその原因を他に仮託して排斥に走る、というのは歴史上何度も繰り返されてきた現象なので、右傾化を防ぎたければとにかくみんながリッチになる政策を打つしかないのになあと)。



映画にも登場する原作小説の表紙。これだけで誰かわかる、自然人としては異様なほど見事なビジュアルデザイン。
同日追記。他の方の感想を観ていたら、
「フィクションとしては流れが悪くちぐはぐである、テーマがあからさま過ぎる」というのが多いように感じました。
確かに、と頷きつつ、監督はたぶん多少のエンターテイメント性を犠牲にしても、あのドキュメンタリー部分を見せたかったんじゃないのかなあと思ったり。
この映画で惜しかったのは、わたしとしては俳優の身長です。高すぎる。
関連記事

style="clap"
2016.07.31 00:58 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。