LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

帰ってきたシリーズ2連発。どちらも一年間一緒に走ってきたファンへのサービス映像、セルフパロディ集という趣の作品でした。

流ノ介の野望とシンケンジャー

一言で言って怪作。途中まで、
「何でわたしこれを観てるんだろう?」と何度も首を捻ってしまいます。丈瑠たち自身
「おかしいだろこれ」と何度も我に返ってます。
回り灯籠のような夢の世界に人を閉じ込めるアヤカシによって、重妄想しまくるシンケンジャーたち。
・素浪人の殿が江戸の街を往き
・荒野でにぎり寿司対決
・立てこもり現場で冷徹な女警部と功に逸る刑事  
という調子でどんどん舞台が変わりますが、その都度タイトルが積み重なっていくのが地味におかしい。積み重なりすぎて最後の方は殿に
「長い」と斬って捨てられるのもうれしい。

20数分過ぎたところでようやく、いつもの名告り、いつもの変身がスタートし、ああ福沢さんの殺陣美しい。押川さんの背筋ほんとにまっすぐだし竹内さんのトリッキーな構えも次郎さんのダンスも、というふうにようやく
「帰ってきた!」ことを実感します。果たして彼らは勝利することができるのか、それとも。

ニックと神様とゴーバスターズ

強大な敵に叩きのめされ、絶体絶命のゴーバスターズ。敵の必殺の攻撃に、悲運にも彼岸へ行ってしまったチダ・ニックは、
「なんでも望みを叶えてあげる」と神様に言われ……
まず第一にニックの望みが切なくて泣けます。ifの世界へ赴き、もう一度ヒロムと出会うニック。

しかしここで、新たな番組が始まってしまいます。

ポーズとか服装とかすごく昭和っぽい戦隊物ですが、これはこれでちょっと観てみたいかも。
追加戦士の出てくるタイミングとかあるあるですし、テーマ曲までちゃんとあります。凝ってます。
最後のほろ苦さもまた、ゴーバスターズっぽい。
関連記事

style="clap"
2017.09.05 21:12 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |