FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。

感想はカムトゥギャザーでグッバイロンリネスでした! どなたかがアベンジャーズには東映感、ジャスティス・リーグは円谷感とつぶやいていらっしゃいましたがわかる。



実を言うと他の映画を観に行ったのですが、例によって時間が合わずこれに(行動に計画性がありません)。当然予習もしてないし封切りから日が経っていたせいかパンフレットも買えなかったので登場人物の名前さえ危ういのですが、それでも面白かった。
そしてぼっち見でもなんでもないカップル客がとっととクレジット途中で出ていったので最後のヒキを見逃していましたよ。最後まで観たほうがいいですよこれ。
スーパーマンの不在

冒頭、子どもたちが
「ポッドキャストだよ! インタビューさせて!」と携帯を翳し、事件を解決したばかりのスーパーマンを撮影した映像。
「カバ倒したことある?」
「地球に来てよかったことは?」
無邪気な質問を受けて一瞬考え、ふと、何かを思いついたらしい笑みを浮かべるスーパーマン――。
この瞬間のスーパーマンの表情がとてつもなくチャーミングでたまりません。愛する地球人女性、ロイスの面影を思い浮かべたのか、子どもたちの愛らしさに思わず頬を緩めてしまったのか。「ザ・ヒーロー」であるかれの魅力が、この瞬間から印象的なラストまで、横溢しているような映画でした。

次の瞬間。路地裏。風に翻弄される古新聞の見出しは<スーパーマン 死す>。

しかし、この星に、スーパーマンはもう、いません。クラーク・ケントの名を刻んだ簡素な墓石。深い喪失感に包まれる地球。絶望ゆえか、荒れる人心。そして、人々の恐怖を嗅ぎつけて集まってくる吸血コウモリと謎の図形。
自己犠牲の人、ブルース・ウェイン/バットマンには捨て置けない事態です。

時同じくして舞台は絶海の孤島。ブルースが調べているのと同じ図形の“箱”によって召喚されたステッペンウルフは、アマゾネスたちを蹂躙し、箱を奪って去っていきます。多大な犠牲を出した女王ヒッポリタは、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンへ警告を送ることを部下に命じるのです。

ステッペンウルフ――かつて神話の時代、アマゾン、アトランティス、人間、地球上のあらゆる部族が団結し、力を合わせ、それによってかろうじて封印できた、強大な襲撃者。それが復活し、スーパーマンを失った地球を、再び手に入れようとしていると悟ったダイアナ。
それを知り、自分たち個々の力ではこの危地を逃れることはできないと、改めて仲間探しを進めるブルース。ということで、CMでも見たような新人スカウトが始まるわけです。

基本はコメディタッチ

といっても万能の執事・アルフレッドのおかげでだいたいのあたりはつけられています。設定としてはわりと悲劇的かつ孤独な人ばかりなのですが、身体能力同様話の早いバリー・アレン/フラッシュが終始いいコメディリリーフになっていて印象は軽い。
互いに打ち解けていく過程での会話も楽しめます。
アクション面では、基本大味な感じなのですが(前作「ワンダーウーマン」であれほど魅了してくれたアマゾネスたちの華麗なワイヤーアクションも今回はほとんどなかった)、誰かがミスしたら誰かがフォローする、誰かが危険なときは誰かがサポートする、という具合の小技が画面に変化をつけていて楽しめました。

自分たちの部族の使命を果たすため、あるいは親や知己を救うため、仕方なくジャスティス・リーグに参加したかれらは、初めはどうにもギクシャクしています。唯一協力的だったバリーにしても、
「戦闘は自分には無理」と早々に宣言する頼りなさ。
しかし、中心人物であるブルースとダイアナの大喧嘩あたりからなんとなく互いを理解し始め、意外にお互い可愛い性格をしている(アクアマンとかサイボーグとか)ことも見えてきて、最後は神話の時代の再現のような一大決戦に一致団結して突入していくのです。

リーダーシップをとるべき立場にありながら、かつて恋人を失った痛手から長年立ち直れず、いまだに仲間を死地に追いやるようなことはできないとためらうダイアナ。
地球がスーパーマンを失ったことに大きな責任を感じ、贖えるなら喜んで生命すら捨てると思い込んでいるブルース。
この闘いを通じそんなかれらもまた、成長していくのです。
「――ペンギンを追っていた頃は楽しゅうございましたな」とささやくアルフレッドがしぶい。わたしもアルフレッドからおやつをもらいたい。銀行も買いたい。

同情すべきは敵

あのやられ方は嫌だなあ。自滅といえば自滅なんだけど、あのやられ方は嫌だ。深く同情しました。

円谷感とは

基本的に正義側の人間の性格が歪んでいないのと、あと、
「すごいからすごいんだ!」を臆面もなく押し通している感じがわたしの思う円谷感です。
孤独の人バットマンさえユナイトしちゃったし。こんな作品も出ちゃうし。

関連記事

style="clap"
2017.12.02 10:05 | dvd box 観たらめも | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |