FC2ブログ

LOVE! HEROES!

特撮番組全般、そして高岩成二さんと伊藤慎さんを応援します。



別にポケモン好きというほどではないものの、同行者たっての希望があり、また「名探偵」と聞けば行かねばなるまい、と初日から決めてきました!

結論から言うと推理ものではなく(子供向けだから当たり前)、アクションたっぷりの私立探偵もの。同名の3DSゲームを原作としていますが推理要素はゲームよりも少ないそうです。
ただしハードボイルドというほど乾いてもおらず、もう全編ポケモンの愛らしさがすごい。上に貼ったオーディション動画を御覧ください。ピカチュウの喋りがおっさんくさいとか西洋人っぽい表情づけで顔いっぱいに皺が寄るとか、途中からどうでもよくなります。
風景もうまく光線の加減が絶妙で、適度にリアル、適度にファンタジック。人間とポケモンが同時に出演して違和感のない背景ができあがっています。

最後はしみじみと父と子の物語。ゴールデンウィークにお子様連れで行くにはぴったりのお話でした。
折りたたみ以降もあまりネタバレない感想文。
あらすじ

パートナーポケモンを持つのが当たり前の世界で、たった1人のティム。その気楽さが自分では気に入っていて、友人も彼女もいない、せめてポケモンくらいと勧められても応じない、そんな青年。
長年離れて暮らしていた私立探偵の父・ハリーの訃報に接し、かれが父のオフィス兼住居のあるライムシティへ――恐らくは諸手続きのために――向かったことから、
・ハリーの関わっていた事件を調べている駆け出し記者・ルーシーや、さらには
・「ハリーは生きている! 探そう」と主張するコーヒー中毒のピカチュウ
と出会い、次第にとてつもない陰謀に巻き込まれていくのですが……。

ポケモンがとにかくかわいい

ピカチュウは勿論ですが、わたしは冒頭のカラカラの号泣する姿からもうやられていました。もうたまらなくかわいい。重要なシーンでティムの気持ちを理解してくれるフシギダネも、神経質なコダックも。
リザードンやミュウツーのような強面ポケモンもものすごく説得力のある佇まいでした。
そしてコイキングは役に立ちました。

けっこう美味しい役だったのはバリヤードかも。
独特のうざさでティムに重要な証言を(パントマイムで)齎します。

しゃべるピカチュウ

ハリーはライムシティで探偵をしており、そのパートナーポケモンであったピカチュウも自ら名探偵を名乗るわけですが、なぜかティムとだけ、会話をすることができます。
トレーラーにもある通り、その喋りがとにかくおっさんくさい。自らも記憶を失っているくせに、妙に強引なかれに引き回され、ハリーが消息を絶つまで(警察は死亡事故としてティムに連絡してきた)携わっていた事件を調べ始めるティム。
このティムは既に就職しているとはいえまだ若く、隔意のあった父の死に接しても最初、あまり悲しめていなかったのですが、そのぶん、おっさんくさく思い込みの激しいピカチュウに、ちょっと父性のようなものを感じたのかも? と思います。
ルーシーとの仲をからかうので
「ちょっとそういうのやめて」と応じるティムが、ベルトさんに霧子との仲をからかわれ
「いやそういうのいいから」とあしらう仮面ライダードライブ・泊進ノ介と、まったく同じ構造に思えました。
ちなみにティムの吹き替えを担当した竹内涼真さんは、ポケモンバトルの解説シーンで日本人プレイヤーとして本人出演もされてましたね(このシーン、上映国ごとに変わるのでしょうか?)。
ヨシダ警部補役の渡辺謙さんはさすがの重々しさでしたが、ストーリーにはほとんど絡まず、ちょっともったいない気がしました。

一方で男の子の、父への想い、幼い頃は気づかなかった、大人の男性が抱えているものへの理解、そういうものをべったり描かず、軽く匂わせる程度なのがかえってよかったとも思います。おっさんピカチュウ・西島さんの軽妙な喋りがよかったし、機会があれば次は字幕で、ライアン・レイノルズ(デップーちゃん)の喋りも堪能したい。
なんか早朝と夜遅くしか字幕版やってないですよね。

シナリオは単純

ラスボスは誰か、そして父の安否は、ピカチュウは何故喋れるの?等々、ほぼほぼ冒頭で予測される通りです。
でもこの予定調和的なところがいいですよね。
「ポケモンが喋った! かわいい!」
これだけでラストまでノンストップ。スタッフロールも相当可愛かったですよ。ラストにどん! と「ミュウツーの逆襲」の予告が入ったのはうまかったけど、CGのレベルの差もちょっと際立ってしまった……?
関連記事

style="clap"














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maki555.blog88.fc2.com/tb.php/2469-a0466d67

| ホーム |